『官能と少女』/宮木あや子 ○

これはまた・・・。
たまたま、図書館の予約本を受け取りに行ったら、2冊とも宮木あや子さんの作品だったんですが、ホントに全然違いますなぁ。
『官能と少女』というタイトル通り、未成熟な少女(或いは成熟しない女性)の官能の物語。ただしその官能は、無理やり彼女らに沁み込まされたもののように感じました。
美しい物語では、ないです。彼女たちは、類稀な美しい容姿をしているのだけれど。

高校が舞台になる章もあって、ちょっと『春狂い』に似ている。
本作ではエグさは薄まって、耽美および淫靡傾向だけど、それでもちょっと小市民な私には性愛行為の表現が、う~むって感じなんですよね。性愛表現というより、性虐待なんだもの・・・。

そして、少女たちの誰一人、救われていない。現実世界の常識人は救い出したと思っていても、彼女たち自身が救われたとは一切思っていないから。
それぞれの狂気、哀しみ、痛みなどが、薄いヴェールの向こう側にあるような感じ。
それでいて、直接的な表現に抉られる瞬間がふいに訪れ、非常に痛い。
甘いお菓子には毒がある。可愛らしいレースとフリルの散りばめられたロリータなお洋服には、錆びたナイフが隠されている。誰もが心に、深い傷を負っていて、それゆえに歪んだ愛で自分を慰めている。正しいってなんだろう。世間的に間違ってることでも、自分にとっては正しいと思う、それは狂気なんだろうか。そんなことを思う。

「春眠」の最初と最後が好きでした。美しいまま向こう側の世界へ行ってしまった「君」を悼みながら、静かに現実を少しずつ見失っていくかのような語り。間に挟まれる物語の方がメインなのだと思うのだけど、その現実の過酷さとの対比が美しい物語の始めと終わりでした。
その「春眠」と対になる「モンタージュ」にはゾッとした。女子高生は、愛があったのに、引き裂かれたのだと語っている。読者の私も、そうだったのか、では先の物語は・・・と思っていたのだ。あるところから反転する。やはり彼女も被害者で、彼女が加害者だと言っていた養護教諭もまた、被害者なのである。

う~む。なんだか非常にとりとめがなくなってしまいました。
自分に与えられる官能という名の虐待を「愛情だ」という欺瞞で武装する〈少女〉。
逃げることが出来ないから、そんな嘘で自分を守ろうとする。
その痛々しさに、彼女たちの美しい容姿に、やりきれない気持ちになる物語でした。

(2013.03.28 読了)

官能と少女 [ 宮木あや子 ]
楽天ブックス
宮木あや子 早川書房発行年月:2012年07月 予約締切日:2012年07月05日 ページ数:212


楽天市場 by 官能と少女 [ 宮木あや子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"『官能と少女』/宮木あや子 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント