『母性』/湊かなえ ○

冒頭に、事件。
いつもの湊かなえさんの手法だな、と読み始める。
団地の4階から転落した娘。〈愛能う限り、大切に育てきた娘〉と嘆く母。
「母性について」「母の手記」「娘の回想」の3つの視点から語られていく母娘関係は、とてつもなく息苦しい。
『母性』って、なんだろうか。
娘でもあり、母でもある私だが、とてもじゃないけれど、こんな関係は築けない。

いつもの湊さんの作品なら、 「私だってこうなるかもしれない」「こんな悪意を、私だって持っている。表に出さないだけで」「いつか私だって、あちら側へ渡ってしまうかもしれない」 という怖ろしさが私を侵食していくのだけど、本作はあまりに私とかけ離れていて、あまりそういう思いを抱くことはなかったですね。
一応、「母」で「娘」なんですけどね、私(笑)。
確かに小さい頃は「母に褒めてもらいたい、褒めてもらえたら嬉しい」という気持ちはあったと思うんですね。今だって認めてもらえたら、それはそれで嬉しい。
だけど、こんなにも狂おしく「自分だけの母親」「自分を庇護してくれる存在」を求めるというのは・・実を言うと、気持ち悪くて。いいトシした大人で、しかも子供がいるのに、それはナイんじゃない?って思ってしまう。

確かに、母性というものは、女なら誰しも持っているもの、ではない。
更に言えば、子供を産んだからって、母性が出現してくるわけじゃない。
では、母性とは何か。実を言えば、わからない。
私が子供たちに対して持っている感情は、母性なのか。保護者としての責任感なのか?
そういうところを突き詰めるのは、確かにちょっと嫌な気分だな(笑)。そういう意味では、湊さんマジックと言えるかも?

学校の教師らしき「私」が通う「りっちゃん」というたこ焼き屋(夜は食事も出る)の「りっちゃん」の正体は、結構早めに見当がついたんだけど、「私」の素性が全然わからなかったです。
最後の方になって、やっと明かされて、言われてみればなるほどなんですけどね~。
でも、そうすると冒頭の事件って?と、しっくりこない。
単なるきっかけにしては、キーワードとなる台詞が、同じ過ぎる。
あんなセリフ、そう簡単には出てこないと思うよ?
その辺が、ちぐはぐな印象です・・・。

とにかく、登場人物たちに会話が足りない。そのせいで折角の思いが無駄になっている。特に、娘。
そして、母は甘えすぎている。いつまでも、娘でいたいなんて、いい大人として、ダメすぎる。弱い、というより病的なものなんだろうけど、そんな人間は子供を持ってはいけないよね…って思う。
夫、夫の実家の家族、隣人たち。これがまた、絵に書いたような《田舎の悪者》って感じで、なんだか辟易。

読んでて疲れた(-_-;)。
あまりにも自分と違い過ぎ、イヤだと思う状態を変えるための努力のルートが理解できず、そして先ほども書いたけど、意思の疎通がない。

母から見た母性、娘から見る母性、そして外側から見る母性。それぞれが違うし、個々人によっても違う。私は受け入れられないと感じたけれど、間違っているとは言い切れない。ただ、この物語に描かれる母性からは、幸せを感じない。
どうにも、疲れる読書でした。

(2013.08.04 読了) 

母性 [ 湊かなえ ]
楽天ブックス
湊かなえ 新潮社発行年月:2012年10月 予約締切日:2012年10月29日 ページ数:266p


楽天市場 by 母性 [ 湊かなえ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"『母性』/湊かなえ ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント