『人生相談。』/真梨幸子 〇

新聞の人生相談に寄せられた相談とそれに似通ったシチュエーションの物語、そして新聞での回答。
そういう連作短編集の『人生相談。』
作者はイヤミスで有名な真梨幸子さん・・・本作も、うわぁ・・・って感じがてんこ盛りでした(笑)。

ただねぇ・・・。
水無月・R、頭悪いんですよね。連作短編、あちこちリンクしてて、しかも時系列もばらばら、登場人物の名前が違ったり(ペンネームとか源氏名とか)、かなり入り組んでて。
あ~、この人いくつか前の章にチョイ役で出てた人?
あれ、この人はちょっと前に別の立場だった人?
あれ?年齢おかしくない?ああ、過去の話?
って、いろんなことが判明してくるにつれ、キャパオーバーしてしまって、最後の方は関係を追い切れずに、惰性で読んでたことを告白いたします。

一つ一つは、面白かったんですよ。
人生相談への投書、それに関する物語…と思ったらそうじゃなくて似た別の物語、的外れな相談の回答。この組み合わせの噛み合わなさに、ちょっとイラッとしつつも「人生相談に投書するぐらいの出来事も、案外日常的に起こるのねぇ」「しかしまあ、嫌な話だわ~」などと軽い気持ちで読め、回答の適当さ(これがホントに面白くない(笑))に、「つまらんのう」と呟いたり。

登場人物が多すぎたなぁ。
中心になる〈自分の家に他人の家族が住んでる〉という家庭の話から、そこに関わる新聞記者、作家、隣人や同僚、更にその人たちの関係者・・・。うん、私の頭で整理できる人数を完全にオーバーしてたな(笑)。
まあ、人間関係図を作ったらネタバレになっちゃうから、できないんでしょうけどね(←なら自分で作ればよかったけど、作らなかった)。

それぞれの章で、ちょっとした事件が描かれてますが、どういう決着がついたのか不明なものも、いくつかあります。
殺人か傷害レベルの事件もあったけど、どうなっちゃったんでしょうねぇ。
人間って、カッとなると何をやらかすかわかったもんじゃないですわね。なんちゃって。

(2017.12.25 読了)

人生相談。 (講談社文庫) [ 真梨 幸子 ]
楽天ブックス
講談社文庫 真梨 幸子 講談社BKSCPN_【bookーfestivalーfiv】 ジンセイソウダン


楽天市場 by 人生相談。 (講談社文庫) [ 真梨 幸子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"『人生相談。』/真梨幸子 〇" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント