水無月・R的・2018年読了作品 ベスト10!

年の瀬も押し迫ってまいりました。今年は暖冬で、本当にありがたい・・・、と思ってたらここ数日の冷え込みの厳しさ。動くのが嫌いで冷え性な私には、辛いです(笑)。
さて、そんな私の今年の読了作品数、64作品。読めた冊数はともかく、今年も充実した読書生活を送れたな、と思っております。
そんな中での〈年間ベスト10!〉、毎年のごとく「順番つけがたい~!!」と悩みに悩んでの発表でございます。

〈水無月・R的・2018年読了作品 ベスト10!〉
1位 『パーマネント神喜劇』 万城目学
水無月・R、オネエキャラ発動(笑)。人間くさくて、愛おしくて、人間を愛している神様、ありがとう。
2位 『深泥丘奇談・続々』 綾辻行人
なにか、怖ろしくおぞましい経験をした――ような気がする。 主人公と共に、すべての境目が曖昧になる・・・。
3位 『本バスめぐりん』 大崎梢
本好き・図書館好きにはたまらない、心温まる作品。作中登場する本だけではなく、いろんな本を読んでみたくなりました。
4位 『無貌の神』  恒川光太郎
恒川作品の真骨頂。見知らぬ物語なのに、郷愁を覚える。人が生きるということは、醜くも美しい。
5位 『蜜蜂と遠雷』 恩田陸
音楽が聞こえ、見えてくる。コンテスタントたちの成長と芸術の神髄を、垣間見る読書となりました。
うま子のコナモンが、お悩み解決!大阪市長・櫛田勝男は、モデルの「あの方」よりずっと信用できそうです(笑)。
タイトルが切実すぎて、心臓が痛かった(笑)。半端ないリアリティで、身につまされました、はい。でも楽しかった。
半田さんおめでとう!の一冊。とにかくこの動物園というか、この街に行きたい。どこの駅で降りればいいですか~?!
今後AIが発展すると、世界はどう変わるのか。人類の英知を傾けるべきは、その際の安全保障。でもね、そこが、いちばん、難しい。
10位 『クリスマスを探偵と』(絵本) 伊坂幸太郎(文)・マヌエーレ=フィオール(絵)
伊坂さんらしい鮮やかな伏線回収、そしてちょっとニンマリできる〈聖夜の奇跡〉。

迷いに迷って選んだ10作品。
第5位の『蜜蜂と遠雷』なんて、直木賞や本屋大賞など様々な賞を受賞し、あちこちの読書ブログ様でも絶賛を受けていた作品で、私だって1位でもいいと思ってたぐらいなんですよ。でも、それを越えるというか、私の心の琴線に触れ、「この作品について語りたい!私のブログ読んでくれる人がいるなら知って欲しい!」という怒涛の欲望が生まれた作品が、いくつもあったっていうことでの、5位なんですよ。
いやホント、ランキングするのが、難しいですわ、毎年。楽しいけど。

絵本やらコミックス、実用書まで混在するこのランキング、需要があるのか微妙ですが(笑)、もう水無月・R本人の自己満足でしかないんで、ご了承くださいませ。

他にも言及したい作品は、多々あります。ホントに、今年も良い作品をたくさん読めました。
それでも、〈読みたい本リスト〉は長くなるばかり(笑)。
ありがたいことでございます。尽きることなきこのリストや、おススメ作品を教えて下さる皆さん、素晴らしい物語の数々を世に生み出して下さる作家さん、出版業界の皆さん、図書館業界の皆さん。
今年も、本当にお世話になりました。、ありがとうございます!

来年も、私と皆様に、素晴らしい物語との出会いがありますように。
アクションやファンタジーにドキドキ、わくわくしたり、サスペンスにビクビクしたり、幻想的な世界に酔い痴れたり、切実すぎる物語に抉られたり、来年もいろんな読書体験をしたいですね~。
現実生活の方は、出来るだけ平和で平穏な日々を送りたいものですが(笑)。

来年も、是非に是非に宜しくお願い致します。
それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ!
来年もまた、いろんな本のお話が出来たら、うれしいです♪
よろしくお願いします。

※最近、トラックバックが出来ないブログサイトが増えてきました(T_T)。
紹介許可頂いている、ブロガーさんの年間ベストをご紹介します♪
☆おすすめです!☆

"水無月・R的・2018年読了作品 ベスト10!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント