水無月・R的・2019年読了作品 ベスト10!

2020年、あけましておめでとうございます!

気が付けば、年が改まってしまっておりました・・・。
身の回りがバタバタしすぎて、新年の実感がない水無月・Rでございます。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、去年の読了作品数は53作品。
ぎりぎり週1冊といったところですね~。ちょっと少ないかな?
今年はもうちょっと、読みたいです。読書の時間を確保するべく、日々頑張ろう、うん。

では、さっそくベスト10の発表を。

〈水無月・R的・2019年読了作品 ベスト10!〉

個性的な若い女性たちが大活躍!テンポが良くて、最高に面白かった!
2位 『愛なき世界』 三浦しをん
松田研究室の秘書さんの弟子になって、みんなを見守りたいです。
3位 『熱帯』 森見登美彦
モリミーらしすぎる、怪作。で、モリミーどこ行った~!モリミーがいない世界は困ります(笑)。
4位 『死国』 坂東眞砂子
人間の執念って、怖い。「死国」という設定、アリなんですよ、ワタクシ的に。
5位 『ずうのめ人形』 澤村伊智
コントロール不能な怖さ。人間が、一番、怖い。
後味悪~い・・・。まさに、ディレクターズ・カットなラストにぞ~っとした。
7位 『AX』 伊坂幸太郎
殺し屋の話なのに、ほっこりして読了。
オチ要員は大事!陰陽師男子・高柳、残念なヤツ過ぎて、好きになって来た(笑)。
9位 『抱卵』 堀真潮
これぞ、ショートショート!妄想の余地のある、余韻の深い作品が多かったですね。
10位 『ヴィオレッタの尖骨』 宮木あや子
宮木さんのダークサイド系作品。少女の狂気と哀しさ。甘く爛れた香りに包まれていく・・・。

いやもう、どれも甲乙付け難し!
それぞれの作品の全く違った味わい、本当に素晴らしかったです。

ちなみに8位の『RDG~』ですが、高柳がメインの話ではありません(笑)。本編主人公はもちろん泉水子で、今作スピンオフでは深行が主人公のものと真響が主人公のものなんですが・・・、どちらの話でも高柳がオチ要員として(?)いい仕事をしてまして(笑)。トホホ好きな私としましては、ついついそこに注目してしまったのでした。あ、本筋の物語の方も、良かったですよ~。

そして、しをんさんの『愛なき世界』。松田研究室のメンバーたちだけでなく大学の人たちみんな、洋食屋・円服亭の従業員二人・常連さんたち、とにかく愛おしい。理系な学術世界にはついていけないので、研究室の有能な秘書さんの弟子になって、皆さんをフォローしたり、見守ったりしたいです…ワタクシ。

去年は色々な意味で、<結局、人間がいちばん怖いんだよ・・・>という作品がいくつかあって、ゾワゾワと怖かった気がしますねぇ。
ホント、人間て怖いわぁ。自己顕示欲とか、自己愛とか、被害者妄想とかが肥大化・暴走して、とんでもなく怖ろしいことになる・・・。

ベストテン以外も、言及したい作品は、多々あります。
例えば、『世界はハッピーエンドでできている』(コミックス)シリーズとか。
スマホアプリ「comico」で連載を読み続けて、昨年完結したこの作品、本当に素晴らしいんですよ。
誰もが知ってる童話を「登場人物(ひと・モノ・妖怪など問わず)みんながすべて幸せになれる」物語として、描く。
上っ面の優しさではなく、本当にその人の背景にまで踏み込んだ上での酸いも甘いも噛み分けたやさしさがあるので、ちょっと心が痛んだとしても、必ず幸せな気持ちになれます。作者・下西屋さんの発想力、構成、画力、その他モロモロ、本当に素晴らしい。
ニヤニヤ笑い、危機に胸が痛み、温かい展開に涙し、まっすぐで真摯な心意気に感激し、ハッピーエンドに安心する。
読んでよかった、読めてよかった、そして全巻紙の書籍で揃えることが出来て良かったです・・・。

ああ、去年も本当に、良い物語たちと出会うことが出来て、楽しかったです。
おススメ作品を教えて下さる皆さん、素晴らしい物語の数々を世に生み出して下さる作家さん、出版業界の皆さん、そして経済難の私に本を貸して下さる図書館業界の皆さん。ありがとうございました。

今年も、私と皆様に、素晴らしい物語との出会いがありますように。

今年もまた皆様と、いろんな本のお話が出来たら、うれしいです♪
よろしくお願いします!!


※とうとう、ウェブリブログもトラックバックが出来なくなってしまいました(T_T)。
紹介許可頂いている、ブロガーさんの年間ベストをご紹介します♪
☆おすすめです!☆

"水無月・R的・2019年読了作品 ベスト10!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント