『痴情小説』/岩井志麻子 〇

岡山の女たちの、汗したたり情もねばつくような、痴情に溺れる13編。
とはいえ、『痴情小説』とは、あまりにストレートなタイトルではありませんかね、岩井志麻子さん(笑)。
あまりにあまりなタイトル故、家族にはタイトルを見られないように気を付けちゃいましたよ、ワタクシ(^^;)。
一応、未成年な次男もおりますもので(笑)。

本書は、岡山弁がもつじっとりとした持ち重り感が、存分に表現されていた気がしますね。
岩井さんの代表作と言っていいのかな・・・『ぼっけえ、きょうてえ』を、かな~り昔(ブログ始める前)に読んだことがあるんですが、その印象がかなり強かったからか、物語のなかの岡山弁ってなんとなく〈土着の恐怖〉のトリガーになっちゃってるんですよね、私の中で。
現実世界で岡山弁を聞いても、そんなに恐ろしいとは思わないと思うんですけど。
わりと軽めにスラスラと読めるのに、必ず奥底に澱んだ「きょうてえ」感があって、どの物語もなんだかじっとりしていました。

一番印象的だったのは、最終章の「銀の街」
親に交際を反対された末に勧められた別の男と結婚するも、離婚した美佐子。OL時代に韓国のホテルのボーイとその旅行期間だけ関係を持ち、10年も経ってから再会し、今は月に2度ソウルへの往復を繰り返すようになり、未来の関係を望むようになったのだが。
どちらの親族も、「韓国人(日本人)なんてありえない」と反対されるだろうことは、目に見えている。
かつて美佐子を振り回した母は老い衰えて、兄と美佐子が母の様子を見に来た際に、自室で倒れているのを発見。兄妹はそれを眺めるだけであった。
母を見殺しにすることももちろん恐ろしい事なのだけれど、倒れた母の頬を撫でながら薄っすら笑う美佐子が見ているものは、ソウルで待つ男だったのか、初恋の男の子だったのか、彼らの幻影と重ねる恐ろしげな祭の幻想風景だったのか・・・。その幻想風景に囚われていることが、私には怖ろしかったです。

各章題にに色がはいっていて、それぞれの物語の象徴となっているのだけど、何故か物語が進むうちにその色は暗みをまして主人公たる岡山の女たちの、執着と諦めを深めていったような気がします。
それぞれ、全く違った境遇にある女たちなのに、何故か行き着く先は〈死〉の色が濃い終結。痴情の果ての、死。

対する男たちは岡山者・それ以外の日本人・外国人と多種多様なのに、物語の底に共通して流れるのは、「きょうてえ」。
痴情の狂いは、何故ここまで仄暗く、湿度が高いのか。
岩井志麻子さん、恐るべし。

(2021.05.29 読了)

"『痴情小説』/岩井志麻子 〇" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント