テーマ:抉られた・・・!

『正しい女たち』/千早茜 〇

・・・すごく、ゾワゾワする6編。千早茜さんの作品って、どうしてこうも後ろ暗い心持ちを逆なでするのかしら(笑)。多分ねぇ・・・〈上っ面キレイに見せてても一皮むけば誰だってドロドロ、だなんて当たり前だよ〉と嘯いてるのが、それすら欺瞞だって気付かされるから。ああ、抉られる。本作のタイトル、『正しい女たち』の『正しい』って何なんでしょう。誰にと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『未来』/湊かなえ 〇

う~~ん。湊かなえさんの「湊ワールドの集大成!」って帯にあったんですけどね。本作『未来』は、どうなんでしょうね・・・。私的には、ちょっと〈湊さんの色〉を強調しすぎというか、なんというか・・・。 水無月・Rは、小市民です。基本的に、痛いのとか苦しいのとか辛いのとか、ダメなんですよね。救われるシーンが欲しかった・・・。ラストシーンで、自分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『工場』/小山田浩子 ○

第150回芥川賞受賞の小山田浩子さん。受賞作『穴』も読みたい本リスト入りしてるのですが、実は受賞前に何かの書評でこの『工場』のことが取り上げられてて、興味を持っていたんですよね。で、こちらを先に図書館で予約することにしました。巨大な敷地を持つ工場、その中で働く3人の男女(一緒にではない)の、淡々としているけど微妙に不条理な日々が、なんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夜行観覧車』/湊かなえ ◎

たまたま図書館の予約の順番が同時期に回ってきたので、湊かなえさん続きです。本作『夜行観覧車』は、『往復書簡』とはまた違った趣ですね。家庭内殺人を巡る、2つの家族と1人の隣人の思いと行動。「なぜ事件は起こったのか」というミステリーの常道が重視されてはいないのが、本作の肝だと思います。 坂の上にある高級住宅地・ひばりヶ丘。医者の夫を美人の…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『光』/三浦しをん ○

この『光』は圧倒的な質量をもって、水無月・Rを打ちのめした。三浦しをんさんは、とてつもない作家さんだと思う。『君はポラリス』で「ただならぬBLも悪くない」なんて思わせておいて、『風が強く吹いている』で「この人すげぇ!笑いのツボを押しまくりだよ!」と大ウケした上に走りの美しさに涙させられ、『三四郎はそれから門を出た』では「しをんさんと私、…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more