テーマ:少年少女の健やかな成長

『三番目の魔女』/レベッカ・ライザード ◎

さあ、この作品タイトル『三番目の魔女』を見て、「ああ、水無月・Rよ・・・」と思った人? あなたも聴いてますね、WEBラジオ「関東図書基地 広報課」を!(笑) ―――すみません。とどのつまりは『図書館戦争』がらみです・・・。 ええ、WEBラジオで柴崎役の沢城みゆきさんが「今読んでるんだけど面白いのよ」とラジオで言った小説なんですよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コドモノクニ』/長野まゆみ ○

アレレ・・・?何だか変な感じ。長野まゆみさんらしい感じが、あまりしません。主人公の私が女の子だからでしょうか? 小鳥を飼うことになって、中学生である私の色々な出来事を、鳥を絡めたり絡めなかったりしながら丹念に描いていく短編の集まり、「小鳥の時間」。昭和中期(40年代)ごろ、小学生の私の身の回りでおこった事を、細かく描いていく短編の集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『でかい月だな』/水森サトリ ○

第十九回「小説すばる新人賞」受賞作。思春期の焦燥、混乱、一途さを描いた、力作ですね~。若さゆえの頑なさや、周りを気遣わない行動、或いは気遣い方が間違っている行動、そして、大人にも子供にもなりきれない、違和感。それを端的に表現した「やつら」。たしかに、あのころ、世界は違和感に満ちていた。 主人公・ユキのリアル感が遠ざかり、また満ち始…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

『エンジェル エンジェル エンジェル』/梨木香歩 ○

寝たきりの祖母の夜間の世話を引き受けることで、熱帯魚を飼うことを許された、コウコ。水槽のヒートポンプの低振動音は、おばあちゃんの少女時代の思い出を呼び覚ましたようだ。コーヒー中毒症状緩和を狙って飼い始めた熱帯魚たちは、予想外の行動をとり、コウコとおばあちゃんの思い出を追い詰めていく。不思議なファンタジー。だけど、何かが足りない・・・その…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

『龍使いのキアス』/浜たかや ○

サンケイ児童出版文化賞を受賞した作品だそうです。例によって、書評に魅かれて読んだ作品です。 とても、設定のシッカリしているファンタジーですね。読んでて非常に安心感がある。変なところでよろけたりしない、世界観がちゃんと固まっていて、しかも少女の成長物語として、恋愛を絡めてないのにきちんと描かれているのが、良いと思うのです。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『図書室の海』恩田陸 ○

水無月・Rは、『六番目の小夜子』をまだ読んでいない。昔、NHKでやってたドラマを不定期に見たことがあるだけである。 恩田陸の『図書室の海』は、その『六番目の小夜子』の外伝的小説を表題にした、短編集である。ただ、「図書室の海」自体は、イマイチであった。「六番目の小夜子」をちゃんと読んでいたら、もっと楽しめたのだろうか。そのうち読んでみよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more