テーマ:少年少女の健やかな成長

『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』/菅浩江 ◎

私の中では、〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動くものたちを描くSFファンタジーが菅浩江さんの最も美しいジャンルだと思っていたのですが、そんな思い込みを打ち破って〈少年少女の迷いと懊悩に満ちつつも、清々しい成長〉を描いた作品でした。いやぁ、素晴らしかった。なんというか、とても胸に迫る作品です。『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』は、私の好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『友達未遂』/宮西真冬 ◎

イヤミス感たっぷりの表紙にちょっと腰が引けつつも、「書評では爽やかな余韻ってあったし・・・」と読み始めた、宮西真冬さんの『友達未遂』。読み始めたら、痛いのなんのって・・・、グイグイと読まされました!すごい!! 山の奥にある、全寮制の私立女子校・星華高等学校。寮では、三年生と1年生が同室となり、マザー・チャイルドとして世話・指導・保護さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『理由あって冬に出る』/似鳥鶏 〇

『彼女の色に届くまで』 を読んで、似鳥鶏さん面白いなぁ・・・となり、さっそく図書館で予約を入れた本作『理由あって冬に出る』。似鳥さんのデビュー作なんですってねぇ。テンポよく進むライトミステリで、初々しさも感じられる、いい作品でした!! 文化部部員たちが出入りする芸術棟に幽霊が出る、という噂が発生し、それを恐れた部員たちが練習できる場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『彼女の色に届くまで』/似鳥鶏 ◎

似鳥鶏さんは、アンソロジーでちょっと読んだことがあるぐらいで、ほぼ初読みな感じの作家さんです。青春アートミステリーという紹介文の爽やかさに惹かれて〈読みたい本リスト〉入りしたこの『彼女の色に届くまで』、爽やかでいいですわ~。 将来はプロの画家になることを思い描いている画商の息子・緑川は高校で、天才的な画力を持った美少女・千坂桜と出会う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』荻原規子 ◎

荻原規子さんの〈RDG レッドデータガール〉シリーズの最終巻を読んだのがもう、6年も前ですかぁ・・・。本作『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』は、深行視点の短編3つと真響視点の中編1つからなる、スピンオフ作品です。本編はほぼ泉水子目線でストーリーが展開していたので、別の人の視点で本編の間の出来事やその後のことを知れたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『室町繚乱 ~義満と世阿弥と吉野の姫君~』/阿部暁子 ◎

室町時代の知識があまりないまま読み始めたのですが、阿部暁子さん、大変面白かったです。 世間知らずだった南朝の皇女・透子の成長を描いた『室町繚乱 ~義満と世阿弥と吉野の姫君~』、相争う南北朝及び幕府という複雑な政治事情を背負った若者たちの苦悩と決意を咲き乱れさせる、力強い物語でした。 吉野の山奥の南朝から、北朝に寝返った楠木正儀を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『虎と月』/柳広司 ○

中島敦 『山月記』。高校の国語の教科書に載ってた短編。本書著者柳広司さんも、高校生の時に出会った作品である、と「あとがき」に書いてましたね。膨れ上がる自尊心に押しつぶされて、虎になった李徴。思春期特有の「生き辛さ」をいまだ引きずり、非凡の才に憧れていた高校生の私は、その李徴の境遇に共感とも憧れともつかない、強い感情を覚えたものです。・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いまはむかし ~竹取異聞~』/阿澄加奈 ○

かぐや姫の5つの宝を天に返すために、旅を続ける月守・アキとキヨ。二人に出会った、家出中の武家貴族の子息・矢吹とその幼馴染で薬師の娘・朝香。彼らは共に旅をし、新たなかぐや姫の物語を繰り広げていく。『竹取物語』は、結構好きなモチーフです。本作『いまはむかし ~竹取異聞~』がデビュー作の阿澄加奈さん。爽やかで、読み心地の良い物語でした! か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『凍りのくじら』/辻村深月 ○

『ハケンアニメ!』がとても面白かったので、今年は辻村深月さんの作品を少しずつ読んでいこう思っています。まずは本作『凍りのくじら』(文庫の帯に読む順番が紹介されててその1冊目でした)。読み始めは主人公・理帆子に共感できなくてちょっと辛かったのですが、読み進むにつれ先が気になり、読み終えたときはちょっと放心してしまいました。 理帆子が何と…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『オーブランの少女』/深緑野分 ◎

美しい庭園・オーブランで惨殺された、管理人の老女。彼女やその妹、殺害者、の正体を記したのではないかと思われる記録。彼女らが少女だったころ、この館で何が起こり、何が真相だったのか。深緑野分さんの鮮烈のデビュー作、『オーブランの少女』。少女にまつわる謎と、その存在の切なさ強さ恐ろしさを色彩豊かに描いた作品でした。 〈少女〉というと、私の読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』/紅玉いづき ◎

少女サーカスの演者たちの、息詰まるほどのプライド、荒々しく繊細な美しさ。文学者の名前を冠される彼女たちの、「不完全で未熟で不自由で」それでいて「常に至高」な演目。〈少女〉とこういう設定って、本当に似合いますね。紅玉いづきさんの描く、少女たちそれぞれの戦い方。『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』の決意したラストが、とても美しいと感じました…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと』/荻原規子 ◎

本作『RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと』、シリーズ最終巻ですねぇ。いやぁ、感無量ですよ。少年少女が、一生懸命成長して、友情や愛情を深めていく、素晴らしい物語でした。なんせ、最初の方の泉水子のぼんやり&他力本願っぷりときたら、ホントイライラさせられましたもんねぇ。それがきちんと、大人たちから情報を得たり利用したりしながら、…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『無花果とムーン』/桜庭一樹 ○

う~ん。今回の桜庭一樹さんは、〈人生泥沼系〉ではなかったけど、〈強化ガラス細工の少女たち〉の物語でもなかったなぁ。表紙の女の子の絵をみて、期待半々だったけど、・・・ちょっと、残念~。目の前で大好きだった兄・奈落を失った主人公の少女・月夜が、失った兄を求めて過ごすひと夏を描く、『無花果とムーン』。 なんかね~。私にとって〈少女であること…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『わくらば日記』/朱川湊人 ○

昭和30年代、東京の下町で、つつましく暮らす一家。しつけに厳しい母、病弱だが美しく優しい姉、負けん気の強い妹。妹・和歌子は夭逝した姉・鈴音との思い出の日々を、数十年を経て回想している。思い出とは、輝かしく美しくも、どこかもの悲しい。 朱川湊人さんは、ずいぶん前に『太陽の村』という作品を読んで以来ですね。全然傾向が違います・・・(笑)。…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日』/荻原規子 ◎

いやぁ~、面白かったわ~。学園祭の前日と本番2日間という短期間だけど、非常に内容が濃くて、物語も結構進行したし!(時間経過はないけど、登場人物たちの関係とかね!)荻原規子さんの『RDG』シリーズ、最初の頃は全然進展しなくて、途中で飽きかけてたりしてたんですが、前巻から怒涛の巻き返しですね~。少年少女が、一生懸命に行動して成長する物語って…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女』/荻原規子 ◎

ようやっと、少しだけ前進したかな~。主人公・鈴原泉水子と相楽深行ペアに、少しずつ情報が入ってきました。意外で壮大なその事実と、現在の自分たちの関係、また周りを取り巻く学園内の勢力闘争…さまざまな要因が絡まって、今作も内容が濃いですね~。そして、1冊の分量で流れる時間が、短いですよぅ、荻原規子さん~。そして未だ、学園祭は始まりません(笑)…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『緑ヶ丘小学校大運動会』/森谷明子 ○

う~わ~・・・。タイトルの『緑ヶ丘小学校大運動会』から受ける、のどかなイメージとは裏腹に、小学校の運動会という明るくも騒然とした一日の裏側で一部の保護者による不穏な動きが描かれ、最後にとんでもない隠れた真相が…!森谷明子さんの作品はいくつか読んできましたが、今回はまた、今までとは違った印象ですね~。 運動会開始直前に、マサルとイッキが…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『キミは知らない』/大崎梢 ○

私の中では成風堂シリーズ・ひつじくんシリーズなどの「本にまつわるほのぼのミステリー」作家さんであり、「よさこいも描けちゃう」スンバらしい作家さんでもある大崎梢さん。今度は、女子高生が次々に展開する状況に振り回される、ジェットコースターのようなミステリー『キミは知らない』で、一気読みさせていただきました!ホントにハラハラドキドキ、とにかく…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『ネバーランド』/恩田陸 ◎

読了してすぐに、「ああ、自分は立派なオバハンになってしまったなぁ」と思った(笑)。というのも、青年・少年(少女)の若さ故の無茶や、根拠のあまりないプライド、エゴイズムや頑なさを、生温かい目で見守ってしまうようになったことに、改めて気付かされたので・・・。彼らに対して郷愁はあるけど、かつては彼らに対して持ったであろう共感も驚嘆も反発も持た…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた』/荻原規子 ○

えぇぇぇ~。そりゃないでしょう、荻原規子さん~。全然話が進んでないんですけど・・・。いったいこのシリーズ、全体像はいつ見えてくるんですか・・・?シリーズ3作目となる本作『RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた』、夏休みの過ごし方と言いつつ、夏休みは半分ぐらいしか終わってません・・・。 ううむ~。面白かったかというと、まあ、面…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『ガーデン・ロスト』/紅玉いづき ○

少女というのは、何故こんなに頑なで生き辛い毎日を送っているのだろう。かつて少女だった私も、やはり生き辛い思いを抱えていた。いつのまにか、その状況から抜け出したけど、あれは何だったのだろうと、今でも思う。紅玉いづきさんは初読みです。『ガーデン・ロスト』というタイトルに惹かれて、読むことにしました。 読み始める前に抱いていた、子供時代とい…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『バターサンドの夜』/河合二湖 ○

・・・思春期だなぁ(笑)。女子中学生の、何もかもが敵だ~、みたいな感じにとんがってる感じが、非常によく伝わってきます。河合二湖さんは、本作『バターサンドの夜』で作家デビューだそうです。 ただね~。私的には桜庭一樹さんの描く「少女」のような、痛々しい強さの方が共感するかなぁ。そんな気持ちで読んでたから、ちょっと上の空だったかも。どっちか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『少女たちの羅針盤』/水生大海 ◎

第一回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作。2008年に創設されたこの地方文学賞で、大賞は逃したものの優秀作品として賞を受け、タイトル「罪人いずくにか」を『少女たちの羅針盤』と変え、出版されたもの。 この原稿を書くにあたってネットで調べたら、今度映画化されるんですねぇ。文学賞を主宰した福山市をロケ地にして。 作者水生大海さんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『蛇行する川のほとり』(1)~(3)/恩田陸 ○

あの夏は、この夏に続いている・・・。皆がそれぞれ何かを知っていて、お互いを探り合い、少しずつ出来事を語り合い、そして一つの終わりを迎える。そして、〈かれら〉は変容する。 恩田陸さんの描く少年少女達は、強い。繊細で透明な、お互いに捉われている特別な〈かれら〉は、『蛇行する川のほとり』での出来事を通じて色々なものを吸収し、危うさを孕みつつ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『秘密の花園』/三浦しをん ○

ただならぬ関係をとてもリリカルに描く三浦しをんさんの、女子高の物語。『秘密の花園』かぁ・・・。何て言うか、非常にぴったりなタイトルだなぁ、と。名門カトリック系女子高に通う3人の女の子たちの、それぞれの悲しさ、残酷さ、潔癖さと頑なさ。まだ大人ではない、だけどもう子供でもない、そんな曖昧な境にいる彼女たちを、ひっそりとかくまっている秘密の花…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』/荻原規子 ◎

いや~、すんごい勢いで読了しちゃいましたよ、『RDG2 はじめてのお化粧』。とにかく、先が気になって気になって。主人公・鈴原泉水子(すずはらいずみこ)と同じく、〈姫神〉について知っていることが少なすぎるから謎ばかりで、何とかして少しでも真相に近付きたくて。前作『RDG はじめてのお使い』で〈壮大な物語のプロローグ〉と感じたんですが、ホン…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

『片耳うさぎ』/大崎梢 ○

異様なまでに大きなお屋敷に、一家で居候することになった小学生・奈都。奈都のクラスメートのお姉さん・さゆりと共に屋敷を探索したあと、片耳を切り取られたウサギのぬいぐるみが、部屋に紛れ込んでいた。蔵波家の屋敷には言い伝えがある。「片耳うさぎには気をつけろ。屋敷に入れると、人が死ぬ」という・・・。大崎梢さんは、初読みです。旧家に伝わる言い伝え…
トラックバック:5
コメント:9

続きを読むread more

『風神秘抄』/荻原規子 ○

荻原規子さんと言えば、YAファンタジーの女王的存在ですよね。ブログ始めるよりもっと前に『空色勾玉』を始めとする、勾玉シリーズを読んだのですが、少年少女の成長と神話・伝説世界の融合、日本的な背景に描かれる美しい自然、大変清々しい読後感でした。その勾玉シリーズとは一線を画しつつも、流れをくむ物語、『風神秘抄』。 ○○秘抄、と言えば後白河法…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『カクレカラクリ』/森博嗣 ○

皆様、明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いいたします。 今年も良い作品に、たくさん出会いたいです。 いえ・・・きっと出会えることでしょう! そんな今年の記事・第1弾は、森博嗣さんの『カクレカラクリ』です。『スカイ・クロラ』シリーズで「現実感を削ぎ落とした〈キルドレ〉の儚さ」を描き、水無月・Rの陶酔を存分に引き出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』/荻原規子 ◎

荻原規子さんは、『空色勾玉』を始めとする勾玉シリーズが、すごく楽しかったのを覚えてます。ジャンルとしてはヤングアダルトに当たる(M市図書館では)んですが、大人の鑑賞に全く問題なしですよ。今作『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』ももちろん、非常にワクワクしながら読みました。 主人公・泉水子は、熊野にある山伏の修験場である玉倉…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more