テーマ:コミックス

『世界はハッピーエンドでできている(4)』/下西屋 ◎ (コミックス)

2019年のベスト10記事にも書きましたが、この〈世界はハッピーエンドでできている〉シリーズって、素晴らしい。『世界はハッピーエンドでできている(1)』から裏切られることなく続く、登場人物(モノや人外も含む)すべてが幸せになれるラストが、本当に、大好きです。作者・下西屋さんの卓越した発想力、構成力、画力などなど・・・『世界はハッピーエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界はハッピーエンドでできている(3)』/下西屋 ◎ (コミックス)

『世界はハッピーエンドでできている(1)』でも『世界はハッピーエンドでできている(2)』でもレビューに書いたけど、登場人物(モノや人外も含む)すべてが幸せになれるラストが、本当に素晴らしい。ただの甘っちょろい簡単な「幸せ」ではなく、それぞれにきちんと踏み込んだ、酸いも甘いも噛み分けた「真っ当な幸せ」が描かれていて、ホントに大好きだ~~!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界はハッピーエンドでできている(2)』/下西屋 ◎(コミックス)

前巻『世界はハッピーエンドでできている』同様、「登場人物(ひと・モノ・妖怪など問わず)みんながすべて幸せになれる」物語たち。上っ面の優しさではなく、本当にその人の背景にまで踏み込んだ上での酸いも甘いも噛み分けたやさしさがあるので、ちょっと心が痛んだとしても、必ず幸せな気持ちになれます。下西屋さん、ホントに最高です!『世界はハッピーエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界はハッピーエンドでできている(1)』/下西屋 ◎ (コミックス)

〈タテ読みタダ読み♪〉は過去のこととなって久しい(笑)、縦読みマンガアプリ・〈comico〉。長らく連載を読み続けて来た作品が、とうとう完結しました。ずっと〈タダ読み〉させて頂いてたんですけどね、最終話を読んだらどうしても「紙の書籍」でほしくなり、楽天ブックスでポチってしまいました♪下西屋さんの『世界はハッピーエンドでできている(1)』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(6)』/熊之股鍵次 ◎ コミックス

熊之股鍵次さんが描く〈魔王城でおやすみ〉シリーズの6冊目、『魔王城でおやすみ(6)』。魔族たちみんなが姫を大好き過ぎて、ホントに可愛い・・・。この連中、ホントに魔族?ホントに悪役?どうなの(笑)?そして、そんな魔族たちに対して、全力で傍若無人モードを発揮する姫も素敵です♪ 人間界でしか手に入らない「すやすや☆低周波くん」が欲しいと、魔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(5)』/熊之股鍵次 ◎ コミックス

熊之股鍵さんが描く〈魔王城でおやすみ〉シリーズの5冊目『魔王城でおやすみ(5)』。 日々、快眠を求めて魔族たちを蹂躙するスヤリス姫(笑)。 ホントにホントに姫ったら、人間界に帰る気全ッ然ないよねぇ・・・!! 姫の傍若無人はとどまるところを知らず、魔族たちの姫大好きぶりもとどまるところを知らず、魔王城内の混乱は加速するばかり。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(4)』/熊之股鍵次 ◎コミックス

人間界から魔王に攫われてきたスヤリス姫。 勇者による救出を涙ながらに待って・・・ません、全然。 相変わらず、帰る気ナッシングだよね~、姫。 熊之股鍵さんが描く〈魔王城でおやすみ〉シリーズ第4弾『魔王城でおやすみ(4)』、魔王城からさらに「旧魔王城」に攫われたって、姫は快眠を求めることは怠りません(笑)。 魔族も実は一枚岩では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(3)』/熊之股鍵次 ◎コミックス

人間界に帰る気全くナシのスヤリス姫、今日も元気に魔王城を徘徊中です。 いいのかそれで(笑)。いいんだよね、それで。だって、面白いんですもん。 熊之股鍵次さんの〈魔王城でおやすみ〉シリーズ第3巻、『魔王城でおやすみ(3)』ですよ。本作も全力で快眠を求める姫と、それに振り回される愉快でトホホな魔族たちが、面白すぎてニヤニヤしちゃいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(2)』/熊之股鍵次 ◎(コミックス)

先日読んだ第1巻が、可愛くて楽しくてニヤニヤしちゃったので、『魔王城でおやすみ(2)』もそれはもう、期待大で読ませていただきました。 ・・・熊之股鍵次さん、素晴らしすぎる。 期待の数段上を行く、姫の〈安眠を求める徘徊〉、今作も大いに楽しませていただきましたとも!! 前作のレビューでも書きましたけど、ホントすごいわ(笑)。 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔王城でおやすみ(1)』/熊之股鍵次 ◎(コミックス)

水無月・R家の次男は、アニメ・マンガ好きの高校生です。そんな彼が先日、お年玉を握りしめて大型書店へ行き、大量のコミックスを購入してきて、リビングに広げて悦に入っている姿を見てしまった母(笑)。 彼の戦利品の中で、面白そうだなぁと気になったのが、この〈魔王城でおやすみ〉シリーズの9巻。 次男が貸してくれるというので、さっそく『魔王城で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『しろくまカフェ くるみ味!』/ヒガアロハ ◎(コミックス)

一昨年、立て続けに4冊読んで、ちょっと間が空いてました、〈しろくまカフェ〉シリーズの5冊目。 『しろくまカフェ くるみ味!』、揺るぎなく絶好調ですね!もう、ホント楽しくてたまらな~い♪♪ ヒガアロハさん、ありがとうございます! キノボリカンガルーさんのコーヒー焙煎所で働くマサキ(人間)が〈カフェオレ〉と〈カフェラテ〉と〈カプチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『教科書では教えてくれない日本文学のススメ』/関根尚 〇(コミック)

『乙女の日本史 ~文学編~』を読んだ時に気になった「乙女のための参考図書」の一冊、関根尚さんの『教科書では教えてくれない日本文学のススメ』。割と軽めのネタで、知ってることも多かったのですが、マンガキャラ化してる文豪たちが、肖像写真にそっくりなうえに、特徴をよくとらえてて、ニヤニヤしながら読みました。近代文学ってとっつきづらい(私もあんま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『遠くの日には青くⅡ』/西造+世叛 ◎ (コミックス)

〈タテ読み、タダ読み〉のcomicoで連載されている西造(さいぞう)さんと世叛(よはん)さんの『遠くの日には青くⅡ』。 美しくも儚く、青みがかった透明な水の向こう側の世界にそっと紛れ込むかのような、密やかな優しさと淋しさが、切なくなります。 私、本作品メインの〈プリシリーズ〉が大好きで、読むたびに何度でも泣けるんですが、もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『しろくまカフェ メロン味!』/ヒガアロハ ◎ (コミックス)

立て続けに『しろくまカフェ』シリーズ第4作目です~(#^.^#)。 いやもう、どの話もホントに大好きで、ず~~っと「うふふ~♪むふふふ~♪」とご機嫌で読んでたら、次男にじと目で見られ、「おかーさん…」と呆れられてしまいました。 だって、だって、面白いんだもん。笑いが止まらないんだもん! ヒガアロハさん、ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『しろくまカフェ マンゴー味!』/ヒガアロハ ◎ (コミックス)

『しろくまカフェ』シリーズ第3弾、『しろくまカフェ マンゴー味!』♪ 相変わらず色々な意味で(笑)絶好調なしろくまカフェです。 ゆるいわ~、和むわ~、たまりませんわ~。ヒガアロハさん、なんて素晴らしい漫画家さんなんでしょう! 私も、お客さんとして紛れ込みたいです(笑)。その際は是非、ラマさんとアルパカさんと同席したいです。ふかふか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『しろくまカフェ いちご味!』/ヒガアロハ ◎ (コミックス)

先日読了した『しろくまカフェ』に引き続き、『しろくまカフェ』シリーズの2冊目『しろくまカフェ いちご味!』です。 今作での注目は、やはりしろくまカフェの新顔・笹子さんでしょうねぇ。しろくまカフェの雰囲気を壊さない、素敵な女性です♪ 著者であるヒガアロハさんって、こんな人なのかな~、なんてね(*^_^*)。 毎日大賑わいで大変な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『しろくまカフェ』/ヒガアロハ ◎ (コミックス)

シロクマくんと彼のカフェに来る常連のお客さん(だいたい動物)たちの、ゆる~いゆる~い日常。 脱力系癒しマンガです~♪ ちなみに本作『しろくまカフェ』、水無月・R家のヒットメーカー・次男の持ち込み(笑)書籍なのであります。 ヒガアロハさん、ありがとう。母子の絆(?)が深まりました~(笑)。 元々、『ダ・ヴィンチ』か何かで見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『遠くの日には青く』/西造+世叛 ◎ (コミックス)

美しくも儚く、青みがかった透明な水の向こう側の世界を垣間見ているかのような、浮遊感。 郷愁をそそる、優しく切なく、そして少しだけ罪作りな物語。 〈タテ読み、タダ読み〉のcomicoで連載されている西造(さいぞう)さんと世叛(よはん)さんの短編集、『遠くの日には青く』が待ちに待った単行本化です。 待っててよかった!とっても、素敵です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ネト充のススメ(2)』/黒曜燐 ◎ (コミックス)

待望の『ネト充のススメ(2)』なのですよ! もう、ときめきまくりで、心臓口から出そうです(笑)。もりもりちゃんと一緒に、キュン死寸前です! 黒曜燐さん、ありがとうございます&単行本2巻発売おめでとうございます~! まあ、どんだけ『ネト充』が好きかを語り始めたら、皆様に嫌がられるレベルのねちっこい文章になりそうなので、止めときま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ネト充のススメ』/黒曜燐 ◎ (コミックス)

無料漫画アプリ〈comico〉で連載中の、インターネットゲーム(ネトゲ)世界とリアル世界の人間関係その他もろもろが交錯するラブコメ、『ネト充のススメ』。 ふとしたきっかけで〈cimico〉を知って、すっかりはまってしまった漫画です。 いやあ、読んでて楽しいのなんのって。毎週の更新にワクワクしてしまっています(笑)。 作者黒曜燐さん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『月館の殺人』上・下(コミックス)/綾辻行人原作・佐々木倫子漫画 ◎

『動物のお医者さん』『おたんこナース』など、ニヤニヤほっこり、楽しく読める漫画の佐々木倫子さん。私結構好きで、よく読んでたんですよねぇ。で、本格ミステリ『○○館の殺人』シリーズの綾辻行人さんが原作で、漫画が佐々木さん?!ど・・・どんなコラボなんだろう(^_^;)、なんか凄そう(笑)。ってことで、図書館に予約を入れたこの『月館の殺人』上・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夕凪の街 桜の国』/こうの史代 ○ (コミックス)

前から、読みたいな、と思っていた作品。漫画は図書館ではリクエスト購入してくれないので、ずっと読みたい本リストの中にあったのだが、広島県を出ることが決まり、記念に購入を決定。昨日UPした三浦しをんさんの『月魚』と同様、コチラも帰省中に読みました。日本に、広島に、原爆が落とされたのは、過去のことと思いたい私。広島に住んではいても、日ごろ意識…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『パーマネント野ばら』/西原理恵子 ◎ (コミックス)

西原理恵子さんは、高知県出身の漫画家さんである。高知県出身女流作家といえば、はちきん作家さんですよ!〔恒例すぎてしつこい解説:「はちきん」とは、男勝りでサッパリとした気性の、芯がシッカリしている女性をさす、土佐弁です。有川浩さんの描くはちきん女性は、水無月・Rの目指すところであります。〕水無月・Rの心をいたく揺すぶる、あの芯の強さは、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more