テーマ:ハイ・ファンタジー

『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』/菅浩江 ◎

私の中では、〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動くものたちを描くSFファンタジーが菅浩江さんの最も美しいジャンルだと思っていたのですが、そんな思い込みを打ち破って〈少年少女の迷いと懊悩に満ちつつも、清々しい成長〉を描いた作品でした。いやぁ、素晴らしかった。なんというか、とても胸に迫る作品です。『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』は、私の好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『楽園の烏』/阿部智里 〇

阿部智里さんの〈八咫烏世界シリーズ〉、第2部開始!です。1部で描かれた山内という世界とその危機、2部ではどう展開しているのか?と思っていたら、『楽園の烏』というタイトル。なんだか、意外なネーミングだと感じられました。 タイトルにに微妙な違和感を覚えながら読み始めると、だんだんにその違和感の正体が明らかになって来ます。気まぐれな養父から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『零號琴』/飛浩隆 ◎

いやあ、壮大というかもうホント、大変でしたわ~。『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』で私の心をわしづかみにした飛浩隆さんの『零號琴』、SFでファンタジーでしかも世界観説明がないままに物語が始まるもんだから、世界観が朧げに出も見えてくるまでずっと、「???」が私の頭の中をピヨピヨと飛び交っておりました。 とてもとても、未来の話。人類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラギッド・ガール ~廃園の天使Ⅱ~』/飛浩隆 ◎

『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』の第二弾。前作は一つの区界の崩落の1日を絶望をつぶさに描いた長編でしたが、本作は前作の前日譚など外伝的短編集。飛浩隆さん描く、〈数値海岸(コスタ・デル・ヌメロ)〉にまつわる物語、『ラギッド・ガール ~廃園の天使Ⅱ ~』。 多重現実・仮想現実・電子データの活用など様々な技術が非常に発展したリアルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』/飛浩隆 ◎

飛浩隆さんの『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』 。私の〈読みたい本リスト〉のメモに、「AI達が封じられた、VR世界の崩落の一日」と書いてあって(このメモ書いたのがいつかも思い出せない・・・)、たぶん私は〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動く物語的なものを期待していたと思うのですが、揺れ動くどころか、本書のAI達は確固とした個性や感情や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『八咫烏外伝 烏百花 ~蛍の章~』/阿部智里 ◎

阿倍智里さんの〈八咫烏世界〉シリーズの、各長編の合間にあった、愛の物語6編。それぞれにとっての愛が、美しく力強く、描かれてていました。素晴らしかったです。『八咫烏外伝 烏百花 ~蛍の章~』ってことは、他にも短編集が出るという認識でよろしいでしょうか。是非に、こういう本編とは別のサイドから描かれる物語も読みたいので、期待して待ってます! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『弥栄の烏』/阿部智里 〇

前作『玉依姫』を八咫烏側から描いた、本作『弥栄の烏』。展開が分かっている分、ちょっと物足りなかった気がしますねぇ。もっと違う側面が見られるかと思ってたのですが・・・。とはいえ、シリーズ第一部完結、ってことでお疲れ様でした。第二部以降も楽しみです、阿部智里さん!! 最後に大猿が語る八咫烏の真実は、苦かったですね。忘れることの罪。自分たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『影王の都』/羽角曜 〇

砂漠のどこかに時々出現するという、〈影の都〉。そこに唯一人君臨する〈影王〉は時折、人を呼び寄せるという。第一回創元ファンタジイ新人賞・選考委員特別賞受賞作、『影王の都』(受賞時タイトルは「砂の歌 影の聖域」)。羽角曜さんの新人とは思えない煌びやかで幻想的な描写に、非常に惹き込まれました。 影王に呼ばれたイーラとヴィワン、砂漠を目指すリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『悲嘆の門』上・下/宮部みゆき 〇

宮部みゆきさんの、『英雄の書』の続編。〈無明の地〉において〈万書殿〉を守る、『悲嘆の門』。その門番と戦うための力を集めている戦士・ガラ。ガラの存在を知ってしまった主人公・孝太郎は、彼女の力を分け与えられ、〈言葉〉が見えるようになる。 分厚い上下巻、起こり続ける陰惨な殺人事件、女子中学生のネットいじめ、失踪する浮浪者たち。読んでいて気が…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『ヘブンメイカー ~スタープレイヤーⅡ~』/恒川光太郎 ◎

〈もし、スターボードを手に入れたら〉の妄想が止まらない、水無月・Rでございます(^^;)。でも、小心者なので、一等賞のスタープレイヤーは辞退したい(笑)。籤を引かなきゃ大丈夫なのかしら。ていうか、一等賞以外はあるのかしらん。恒川光太郎さんが繰り広げる、スタープレイヤーの世界。本作『ヘブンメイカー ~スタープレイヤーⅡ~』では、前作『スタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『玉依姫』/阿倍智里 〇

阿部智里さんの〈八咫烏世界シリーズ〉の、第5作目ですね~。物語の舞台は、今まで語られていた〈八咫烏の世界〉=山内から一転して、なんと現代(正確にはちょっと前)の日本。・・・正直びっくりですよ!タイトルが『玉依姫』だし、表紙が巫女っぽい衣装を着た女性の姿だったんで、山内の過去の話だと思ってました。まあ、物語の過程で、山内の過去というか起源…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『スタープレイヤー』/恒川光太郎 ◎

今までの恒川光太郎さんとはずいぶん違う作風になったけど、面白い…!私はこういうの、大好きだなぁ♪シミュレーション?RPG?、・・・ゲームのジャンル分類に詳しくないのでよくわからないんですが、ゲームっぽい展開でサクサク読めます。謎の白い大男から籤を引いて『スタープレイヤー』を当てた途端、異世界に飛ばされた主人公・斉藤夕月(ゆづき)の物語。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『鹿の王(下) ~還って行く者~』/上橋菜穂子 ◎

実は、『鹿の王(上)』読了から半年たっています・・・(^_^;)。 それだけ間が開いても、上橋菜穂子さんの描く壮大な世界にすぐに入り込めました。 ヴァンとホッサル、上巻では別々に行動していた二人の主人公が出会い、物語は大きく動き出す。 何故、タイトルが『鹿の王(下) ~還って行く者~』なのか。 人の思い、民族の行く末、様々な関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『空棺の烏』/阿部智里 ◎

阿部智里さんの〈八咫烏世界シリーズ〉最新作!(←シリーズ名は勝手に命名)やっと図書館予約の順番が回ってきて、2日間で一気読み!面白い!ワクワクする!もうたまりませんなぁ♪『空棺の烏』、今回は学園モノですね。少年たちの成長、八咫烏世界の広がり。思いっきり堪能させていただきました! 北領出身の平民・茂丸、西家の令息・明留(真赭の薄の弟)、…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『鹿の王(上) ~生き残った者~』/上橋菜穂子 ◎

すごいなぁ。読み進めるうちに、どんどん世界に惹き込まれていく。 上橋菜穂子さんの描く、壮大なファンタジー。 図書館で借りているので、まだ下巻が手元にはなく、先が気になって仕方ありません! 上橋さんが2014年国際アンデルセン賞の作家賞を受賞後の第一作、『鹿の王(上) ~生き残った者~』は、国家間のバランス、民族対立なども含みながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『黄金の烏』/阿部智里 ◎

おおお~!!阿部智里さんの八咫烏の世界の物語が、シリーズ化しましたっ!『烏に単は似合わない』・『烏は主を選ばない』に続くシリーズ第3作目。『黄金の烏』は、2作目の主人公・雪哉が再び登場。家族を故郷を守りたいと願う彼は、山内で起こっている事件捜査に、深くかかわっていくことになる…。 いやぁ、うれしいです。ホントに嬉しい。あの若宮(妃に殴…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

『烏は主を選ばない』/阿部智里 ◎

前作『烏に単は似合わない』の続編かと思ったらそうではなくて、あの時全く桜花宮に来なかった若宮が何をしていたか、という物語でした。前作は華麗な姫君たちの饗宴(妃争いというより、美しく賢く成長していく姿)が描かれていたんですが、本作『烏は主を選ばない』は打って変わって男の政治の世界!って感じです。阿部智里さん、すごいですねぇ。同じ世界で同じ…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

『烏に単は似合わない』/阿部智里 ◎

おお~、面白かった~、最後はすごい怒涛の展開ね!なんて感心しつつ読了。そして、著者プロフィールを見てびっくりしました。え?阿部智里さんて、この作品でデビュー?!当時20歳?!読みやすくて面白くて、世界観もしっかり出来てて、久しぶりに一気読みできました。スゴイ作家さんが出てきてしまいましたねぇ。非常に面白かったですよ~、『烏に単は似合わな…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

『英雄の書』上・下/宮部みゆき ◎

水無月・Rは物語読みだから、本や図書館(図書室)及び本屋、そしてもちろん物語に関する物語に、とても心惹かれる。そして『英雄の書』もまた、心躍る展開としっかりした世界観、主人公の少女の成長、色々な面で私を惹きつけた。宮部みゆきさんの描く、物語が循環する世界。 上下二巻とも300ページ越えの、超大作である。M市図書館で20人ほど順番待ちを…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more

『狐笛のかなた』/上橋菜穂子 ◎

アニメにもなった「守り人シリーズ」で有名な、上橋菜穂子さん。 そのシリーズは結構大河ロマン化していて冊数が多いので、「読みたい本リスト」に入れるのをためらっている私なのですが、この『狐笛のかなた』は単独作品だから、気軽に手に取れました。 そして・・・とても美しい世界を堪能しました。予想以上です。日本古来の呪術を基盤に置いた世界観が、…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『アブホーセン~聖賢の絆~』古王国記Ⅲ/ガース・ニクス ◎

『サブリエル』、『ライラエル』に続く、古王国シリーズ第3部です。前作で冥界を現世を行き来し、死霊を支配して、現世の平和を守る善のネクロマンサー・『アブホーセン』の正式な後継者と認められたクレア一族の娘・ライラエルは、紅の湖付近でおこる怪現象を追って、苦難の旅に乗り出す。その怪現象こそ、古王国創世のときに封じ込められた、最も悪なる「殲滅者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ライラエル~氷の迷宮~』古王国記Ⅱ/ガース・ニクス ○

いや~、読了に何でこんな時間がかかったんだろう・・・。水無月・R的に非常にイライラしちゃったんですよね~。物語の主人公2人がなかなか出会わない。若い男女・しかも片や王子、片や先視(未来視)の能力を持つ一族のイレギュラー娘(美人)が、出会う事もなく4分の3以上過ぎてしまったので。もちろん、個々でいろいろな経験をして、成長し、力をつけ、邪悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サブリエル~冥界の扉~』古王国記Ⅰ /ガース・ニクス ◎

オーストラリア発、アメリカ・イギリスをはじめ各国で若い読者を中心に高い評価を得たという、ガース・ニクスの古王国記三部作の第一作です。いわゆるヤングアダルトでファンタジー。・・・水無月・Rはもう、ヤングアダルトという年齢の範疇にはありませんが、それでもファンタジーは大好きです。特に世界観がしっかり構築されているものが。 この『サブリエル…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more