テーマ:エッセイ

『桜庭一樹読書日記~少年になり、本を買うのだ。~』/桜庭一樹 ◎

いや~、作家さんの読書量がすごいだろうな、というのは予想してたんだけど。 桜庭一樹と言う作家さんの、読書スピードはとんでもないな。 いろんなジャンルを、怒涛の勢いで読み、いろんなことを考える。すごいな~。 読んでて、桜庭さんの人物像がだんだん見えて来ました(と言っても私見ですけど)。 『桜庭一樹読…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

『神も仏もありませぬ』/佐野洋子 ○

突然ですが、エッセイです。多分「蒼のほとりで書に溺れ。」では、エッセイの感想は初めてじゃないかしらん。佐野洋子といえば、『百万回生きたねこ』という絵本が有名な、挿絵画家だと思ってました。エッセイも書いてるんですね。 で、コレがなかなか面白い。 気がつけば63歳になってしまっていた。そんな佐野さんは、痴呆の母親を老人ホームに入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オンナノコのおたしなみ』大田垣晴子 ○

『オンナノコのおたしなみ』というタイトルや表紙の絵を見ると「乙女の嗜み」的なものを想像してましたが、割と普通の内容で、安心しました。 「スタイル編」の「タルまずユルめず」・・・・いや~~、身につまされちゃってます!水無月・R、30歳を過ぎたあたりから、体型維持が年々難しくなってきてまして。自然体で、快適な体型を、何とかしなくては~、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ああ息子』/西原理恵子+母さんズ ◎

水無月・Rには2人の息子がいる。 常日頃、このヒトたちは、何を考えて行動してるんだろう・・・と疑問に思うこと、しきりである。 その疑問の一端を解いてくれた、というよりは諦めさせてくれたのが、西原理恵子+母さんズの『ああ息子』である。毎日新聞の人気漫画、『毎日かあさん』の特別編みたいなもんである。 毎日新聞をお読みの方は、是…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生協の白石さん』白石昌則 ◎

私も白石さんのコメントに癒されたい! 『生協の白石さん』を読んでこう思う人は多いのではないか?白石昌則サン、あなたの誠実で、真摯なコメントは、あなたの大学に通う学生達だけでなく、日本という国にいる数多くの「脱力系に癒されたい人々」を大いに癒したに違いない。 学生達の「しょーもない要望や質問」に、あまりに真摯に答えたため、逆に脱力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ふくもの』上大岡トメ △

『あおのしろ』や『キッパリ!』で著名な上大岡トメの『ふくもの』。 子育てハハに偉大な安堵感を与えてくれた、著者のエッセイに寄せる期待は、多大だった。 でも・・・よく考えたら、水無月・R程、縁起をほとんど担がず「福物」に縁のない人間もいないのだった。 エッセイそのものは面白かったが、‘福を呼ぶもの‘を紹介するというのは、感想の持ちよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚柄仁之助『うおつか流生活リストラ術』 ○

ギター販売、古物販売、節約生活の講演や著作を手がける面白オジサン、魚柄仁之助の『うおつか流生活リストラ術』.。 発行が古く(多分平成初期か下手すると昭和だったか?)、内容的には「そのネタ、今はムリ」というのもあったが、(主婦として)節約生活&家事の参考になった。 「ナルホド!」あり、普通に私がいつもしていることもあり、お金の節約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more