蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夜市』/恒川光太郎 ◎

<<   作成日時 : 2007/02/04 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

異界とつながる『夜市』では、なんでも手に入る。が、何かを買わないと、そこから出られない。
少年時代、弟と2人でそこに迷い込んだが買う金を持たず、弟を売って「野球の才能」を買い、逃れた男が再び「夜市」に入り、自分を売って弟を買うというが・・・。

かの昔弟を買った「人買い」が、男を騙し、偽の少年を売りつけようとする。が、それを看破し、「夜市の定め」により、「人買い」の罪を宣言した老人。実は、その老人こそが、かつて「夜市」で売られた「弟」であり、「夜市の中でいきる」ために「若さを売り」、老人の姿になっていたのであった。

異界と現実世界をつなぐ場所、誰でも入れるわけではない「夜市」。売り子は異形の、異界の者たち。何かを買わない限り、夜は明けず、出ることは出来ない。
その設定が、とても面白い。読んでいて、とてもゾクゾクした(怖さというより、スゴイ!という感心で)。
日本ホラー小説大賞受賞作品だと銘打ってあったが、どちらかというとホラーというよりは、ファンタジー。この文章の美しさ、非常に幻想的な物語だ。

もう1篇の「風の古道」は、日本を縦横に走るが、普通は目にすることも出来ず、はいることもできないという「古道」へ紛れ込んでしまった「僕」が、再び古道にり、古道で死んだ友達を蘇生させるために、「古道」生まれの若者と旅に出るという物語。「古道生まれの若者」と殺人者との攻防、「古道で生まれたものは出られない」「古道で死んだものは古道のもの」などの掟、そして「古道生まれの若者と殺人者の意外な関係」と、複雑にストーリーが絡み合う。
そこはかとなく、日本の美を感じさせる、物語構成と、意外なラストが素晴らしかった。


「夜市」も「風の古道」も、水無月・Rの好みにぴったり合いました。そこはかとない日本の美を湛えた美しい文章って、スバラシイ
(こんなに読んで感激してるのに、どうして「美しい文章」を書けないんだろう・・・トホホ)

(2006.12.17 読了)

夜市
楽天ブックス
著者:恒川光太郎出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:179p発行年月:20


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夜市 恒川光太郎
装丁は片岡忠彦。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。 大学生のいずみは高校時代の同級生、裕司に連れられ夜市へ。裕司の目的は以前「野球の才能」と引き換えに売った弟を買い戻すこと…。 表題作は、夜市のルールに怖さを ...続きを見る
粋な提案
2008/02/05 03:19
夜市(恒川光太郎)
第12回日本ホラー小説大賞受賞作。 というのを、読了した後に知った(笑)へぇと、ちょっと意外でした。前知識無しに読んだんだけど、それで良かったかなと思いました。ホラーというよりもファンタジーという印象で、ホラー作品だと思って読んでたら、ちょっと物足りなさを感じてしまったような気がします。 ...続きを見る
Bookworm
2008/07/28 15:18
風の道連れ
お気に入りの本を再読をして、 初読の時よりも面白いとか、 初読の時には気づかなかった伏線とか、 登場人物達の心の襞とかに気づくこともまた、 読書という作業の、喜びの一つ ... ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2014/03/13 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ごめんなさい。うかがうのが遅くなりました(汗)。
想像を超えたストーリー展開に驚愕でした。
ホラー小説大賞受賞作ですが、ホラーというより、日本古来の伝承を小説としてよみがえらせたファンタジーっていう気がしました。

二作目の「雷の季節の終わりに」も面白かったですよ。よろしかったら。
藍色
2008/02/05 03:18
藍色さん、ありがとうございます!
「あなたのすぐ後ろに異界の口が開いていますよ」とか言われたら、腰を抜かしてしまいそうなぐらい、読んでて異界の気配を感じていました。
恒川さんの描く、美しくもさびしい情景が、染みいるようない、いい作品でしたね。

『雷の季節の終わりに』のお勧め、ありがとうございます!
是非読んでみますね(^^)。
水無月・R
2008/02/05 21:45
水無月・Rさんこんばんは♪
本が響くのに感想がうまく(美しく)書けない。この本ってなんだかそんな感じでしたよね。静かにオリジナリティが立っているからでしょうか。。。
続けて読破していきます★
やぎっちょ
2008/05/28 03:41
やぎっちょさん、こんばんは(^^)。
恒川さんは、ホントにいいですよ〜。
きっと恒川さんには、異界とこちらの世界の境目が見えてるんだと思います。
そこを、いつのまにか踏み越えてしまう読者・・・。うっわ〜、怖いですよ・・・。
水無月・R
2008/05/28 21:43
こんにちは。
作品から漂う怪しく美しい雰囲気に包まれ、どっぷりと浸りながらの読書になりました。ホラーというよりファンタジーという印象でしたね〜。
他の作品も読まなくちゃ!と思いました。
すずな
2008/07/28 15:21
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
忍び寄る美しい闇の世界、いいですよねぇ〜。
私、恒川さんの作品、ホントに大好きです。
いつもの萌え叫び(笑)は出ませんが、ひたひたと忍び寄る異界に、対入り込んでしまいそうで、怖いのに、読みたい!のです。
水無月・R
2008/07/28 23:04
> そこはかとない日本の美を湛えた美しい文章って、スバラシイ。
確かに思いっきり和で美な感じでしたね! シンプルであることは、こんなにも美しいのかと、読んだ時、感じたことを思い出しました。
yori
2014/03/13 22:56
yoriさん、ありがとうございます(^^)。
侘び寂というか、陰翳のある雰囲気が、とても素敵でしたね。
これがデビュー作なのだから、恒川さんとは、ホントにすごい作家さんです。
水無月・R
2014/03/14 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夜市』/恒川光太郎 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる