蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『恋文の技術』/森見登美彦 ◎

<<   作成日時 : 2009/04/13 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 16

いやいやいや・・・(^_^;)。やってくれますねぇ、森見登美彦さん!
「愛と笑いとツッコミ処満載、トルネードな妄想あふれる、トホホ旋風」がもう〜、スンバラシイです、モリミー。
・・・やっぱり大好きだぁ〜!
手紙文(しかも一方からだけで返信文は掲載されてない)だけで、ここまでの物語になるとは・・・!
タイトルは『恋文の技術』。どんだけ素敵な恋心あふれる書簡集なのか、皆様ご照覧あれ・・・(笑)。

京都大の大学院生・守田一郎は、教授の親心?により京都を遠く離れた「能登鹿島臨海実験所」へ、クラゲ研究に派遣されることになる。
友人から手紙をもらった守田は、「せっかくの機会だから(?)ここで文通の腕を磨き手紙で世界を征服する」という壮大な計画を抱き、研究・手紙・恋心・邪心入り乱れた彼の悪戦苦闘はここに始まる。
メール全盛のこの時代に、手紙。しかも文通とはレトロだ。けど、守田氏の文章は面白い。
恋愛に悩むマシマロ似の親友にアドバイスを書き、研究室の先輩には彼女の暴虐ぶりに反抗しつつ調伏され、家庭教師をしていた少年には大人ぶりつつも優しい文を書き、作中作家「森見登美彦」先生には「恋文の技術を教えて」と頼み、アクティブな妹には兄らしく「家でのだらけた自分は仮の姿」なぞと書き、ほのかな思いを抱いている友人女性には何度も手紙を書くも失敗しつづけ・・・。

ひたすら、手紙・手紙・手紙・・・・なのである。しかも守田氏の一方的な往信ばかりで、それぞれの相手の返信はないというのに、手紙の中で触れられる内容や、他の相手との手紙の中や、そこここでほの見える守田と相手の関係から、だんだん全体が掴めてくるという、構成が見事である。

あちこちに守田氏やマシマロマンこと小松崎の妄想が炸裂し、天才的トラブルメイカー・大塚緋沙子女史が暗躍し、森見先生は黒髪の乙女に囲まれ、妹は確実に本質を突いてくるし、教え子のまみやくんは無邪気な子供に見えてそうでもなく、守田氏の想い人・伊吹夏子さんは影だけが見え、実験所では谷口先輩に怒鳴られ、実験は上手くいかない・・・・。もう、しっちゃかめっちゃかな混乱を極める中、守田氏は次々届く返信に、心をこめて返事を書く。誠心誠意、と言いたいところだが、そこはアレ、モリミーのくされ大学生だから不誠実で無責任なことも書き散らす。でも逆に守田氏の「いい人像」が浮かび上がってくるんだから、面白いものである。
作中で守田氏の妹が言った、「これだけの人が文通にこたえてくれる」という守田氏の人徳のたまものであろう。

な〜〜んてねっ!いやいや、あれですよ。守田氏が愛すべきトホホだからですよ!
守田氏のトホホぶりは、ホントにトホホ萌え魂を揺さぶられますよ〜。
「おっぱい」に振り回され、脱却せんと「おっぱい」拡大映像観賞会の最中に、意中の人・妹・教え子にその姿を見られ、うろたえて逃亡。
伊吹さんに手紙を何度かいても、書き出しはまともで誠意ある好青年なのに、途中から脱線してしまって、とてもじゃないが投函出来ない代物になってしまう事。
大塚先輩に反撃しようとして、逆に3倍返しぐらいの返り討ちにあってしまうところ。

いやぁもう、トホホが輝きまくってしまって、いくらでも書けそうなんですが、いいかげんしまりがなくなってきたので、そろそろ〆の方向に(笑)。
圧巻はやはり「大文字山への招待状」である。恋文の技術は身に付かなかったかも知れないけど、守田氏の手紙力(てがみりょく)の本領発揮、素晴らしい招待状の数々。危うく騙されそうになりました。あまりにもそれぞれ、らしい文体なんですもん。

最後の「伊吹夏子さんへの手紙」で、物語は終わるんだけど、きっと守田氏の思いは届くと思いますよ。伊吹さんと守田氏は、何かお似合いな気がします。
ぜひ、関係者各位と大文字山から手紙を付けた赤い風船を飛ばして欲しいですね。とてもメルヘンチックで、素敵な光景になると思いますよ。もちろん守田氏主宰のイベント、なんかしらツッコミ処はあるに違いありませんが、それもご愛敬。
愛のあるトホホは、そんなことではくじけません。よしんばくじけたとしても、必ず最後には救いがあるハッピーエンド、ですよ。

モリミーの描く、そういう物語が大好きですよ。読んでてホント、ニヤニヤしながらほっこりします。
そうそう、作中の森見登美彦氏が『夜は短し歩けよ乙女』を出版してましたな。何といろんなネタを守田氏の手紙から使ってるそうな。
お?ということは守田氏は〈モリ〉つながりだけに、モリミーの分身?なんちゃって〜♪

(2009.04.12 読了)

恋文の技術
楽天ブックス
著者:森見登美彦出版社:ポプラ社サイズ:単行本ページ数:332p発行年月:2009年03月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「恋文の技術」 森見登美彦
恋文の技術森見 登美彦ポプラ社 2009-03売り上げランキング : 744Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 大学から遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が、無聊を慰めるべく、文通武者修行と称してかつての仲間たちに手紙を書きまくる。手紙のうえで友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ…。ほろにが可笑しい書簡体小説。 ...続きを見る
今日何読んだ?どうだった??
2009/04/16 22:24
恋文の技術 森見登見彦 ポプラ社
非常に忙しくて、なかなかレビューを書けません(汗) なんでこんなに忙しいんだか・・。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2009/04/21 02:04
恋文の技術(森見登美彦)
おぉぅ。オモチロイ、オモチロイ! ...続きを見る
Bookworm
2009/05/04 07:20
恋文の技術
 森見登美彦 2009 ポプラ社 書簡集という形式が苦手で、もちろん作者がヒント ...続きを見る
香桑の読書室
2009/05/19 13:02
恋文の技術 〔森見 登美彦〕
恋文の技術森見 登美彦ポプラ社 2009-03売り上げランキング : 5213おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。 無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙.... ...続きを見る
まったり読書日記
2009/05/24 20:09
「恋文の技術」 森見登美彦
この本を手にした時はまだ雪の季節だった。目に青葉、時すでに新緑の6月である。ぼやぼやしている間に来月初めには新刊の『宵山万華鏡』が出るようだ。ファンタジック京絵巻!、らしいので『きつねのはなし』みたいな妖しく幻想的な話だろうか。楽しみなお知らせではあるが、風がぴゅうぴゅうと身に沁みる頃には、毛玉たちの話の続きなんぞも読みたいと思うのだが森見さん、如何?最後に手紙を書いたのはいつだろう。誰に宛てて書いた手紙だったか。手紙を書くのは好きだった。夥しい数の手紙を書いた。一度に何枚も書いた。時に便箋も封... ...続きを見る
コンパス・ローズ  compass ro...
2009/06/07 20:34
vol.5「恋文の技術」森見 登美彦
恋文を書いたことがありますか?わたくし、実は、恥ずかしながらあるのです。&#8230; ... ...続きを見る
L4BOOKS - 書評イラストで素敵な...
2009/08/10 18:51
「恋文の技術」森見登美彦
恋文の技術クチコミを見る ...続きを見る
本のある生活
2009/10/12 21:36
恋文の技術 / 森見登美彦
あぁ〜、やっぱりこれが普通のモリミーか。 「『俺という大黒柱を失う京都が心配だ』と嘆いていたら『その前に自分の将来を心配しろ』という妹」。主人公の妄想ぶりもすごいが、本質をつきすぎる妹もまたおかし。最初の数ページでやられた!と思った。 ...続きを見る
たかこの記憶領域
2010/04/05 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
水無月・Rさんこんばんは^^
素敵にとほほなお話でしたよね。しかし守田くんは相当なヘナチョコだとわかっていながら、こんなにおもしろいお手紙書けるんならわたしにも一通シタタメテくれないかと思うほどでした。
圧巻のラストシーン、わたしもハッピーエンドであることを祈ります。
まみみ
2009/04/16 22:26
麻巳美さん、ありがとうございます(^^)。
守田氏のヘナチョコぶりたるや、トホホ萌えに直球を投げ込んで、悶え・のたうつほど(笑)。
守田氏からの手紙・・・欲しい!私も欲しいです!
水無月・R
2009/04/18 22:15
こんばんは♪モリミー、楽しかったですよね♪
愛すべきトホホ、っていうのは、ほんと、そのとおりですよね(*^m^*)
文通って、昔は流行ったもんですが、すっかりメールに取ってかわられちゃいました。でも、この楽しいモリミーの作品で、また、ブームに・・は無理かもしれませんけど、久し振りに、誰かに手紙を書いてみたくなりました。
ERI
2009/04/21 02:09
ERIさん、ありがとうございます(^^)。
モリミーはステキですよねぇ(笑)。
なんともまあ、愛あふるるトホホが(^_^;)。
書簡体がモリミーの妄想ワールドと融合して、非常に楽しい作品になってましたね♪
水無月・R
2009/04/21 23:04
面白かったですねーっ。中でも伊吹さんへの失敗書簡集には「どこまでいっちゃうのーっ!?」と、大爆笑させてもらいまいた。
守田氏、まさに「愛すべきトホホ」でしたね。
すずな
2009/05/04 07:25
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
いやぁ〜、今思い出しても「ぐふふ」と笑ってしまうほど(笑)。
失敗書簡が、どれだけスンバらしいことか!!守田氏、たまりません♪
トホホには愛がありますよね、やっぱり!
水無月・R
2009/05/04 22:31
水無月・Rさん、こんにちは。ようやく読み終えたのです。
ヘタレの王道をゆく主人公が愛しくてならなかったです。
伊吹さんなら、しっかりにっこりと船長のように先導してくれることでせふ。
なんだかんだと言いながら、あれだけの失敗所管を重ねているところが、また愛しくて、最後の手紙に成長を感じて暖かい目で見守りたくなりました。
香桑
2009/05/19 13:05
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
守田氏のトホホは、本当に愛が深い(笑)!!
次々としたためられる、伊吹さんへの手紙の失敗作。失敗しても、何度でもトライするその真摯な気持ち・・・なのになぜにこんなにトホホな風が吹くのでしょうか(笑)。素敵過ぎます。
楽しくて仕方なかったです♪
水無月・R
2009/05/19 22:55
手紙でこれだけ楽しめるとは!でした。
手紙の文面を読んでいるだけなのに、他のところで何が起こっているか分かる構成はさすが。練りに練られてましたね〜。
失敗書簡集の面白さは格別でしたが、失敗があればこその最後の手紙でしたね。
エビノート
2009/05/24 20:30
エビノートさん、ありがとうございます(^^)。
守田氏の人柄の良さあふるる、素晴らしい文章(笑)。
読者だけが知ってる失敗書簡集の妄想大暴走の突っ走り具合は・・・たまりませんよね♪
そして、最後の手紙の素晴らしさは、やはり失敗あっての賜物。
やっぱりモリミーはスンバラシイです。
水無月・R
2009/05/24 22:46
水無月・Rさん、こんばんは〜
トホホな守田くんに幸あれ!
モリミ〜また笑わせてくれました。
失敗書簡集がオモチロ過ぎて笑い過ぎた。
どうしてくれるぅ、モリミ〜(笑)
たまには手紙もいいもんですね。
雪芽
2009/06/07 21:11
雪芽さん、ありがとうございます(^^)。
モリミー大好きですよ、私は。
なんでこんなに「愛と笑いとツッコミ処が満載」でステキすぎる物語なのか・・・!
もうすぐ朝日新聞で連載がはじまるということで、購読してて良かった!と思う今日この頃でございます(笑)。
しかし、あの「失敗書簡集」はスンバラシイですね〜、脱帽(^_^;)。
水無月・R
2009/06/07 22:15
守田くんはトホホですけど、私もきっといい人だと思います。思わずあたたかく見守ってしまいましたもん。
とはいえ大塚さんとのバトルといい、失敗書簡集といい、おもしろかったですよね。特に失敗書簡集は、どれも最初はまともなのに、知らないうちにどんどん脱線していってしまうんですもん(*^_^*)
june
2009/10/12 21:44
juneさん、ありがとうございます(^^)。
守田氏のトホホは、愛すべきトホホ♪
トホホには、愛がありますから〜♪
失敗書簡集は、ホント素晴らしいです。
何故にどうして、ああなっちゃうの?!(笑)
ニヤニヤ、ぎゃはぎゃは笑いながら、読みました。
ホント、モリミー大好きです、私。
水無月・R
2009/10/12 22:11
いいですね〜、この情けなさ具合が!(笑)
どれだけ恋心あふれた話かと思いきや、阿呆があふれていましたね。
「大文字山への招待状」は本当に騙されそうになりました。本当にもっともらしくできあがってましたもんね。

守田氏の恋の成就を願ってやみません。
たかこ
2010/04/05 19:11
たかこさん、ありがとうございます(^^)。
なんでこんなにトホホなんだろう(笑)。
そして、どうしてこんなに愛にあふれているんだろう!(^^)!
守田氏はあまたの壁を乗り越えて、幸せになることでしょう!
じゃないと・・読者が納得しませんよね(笑)。
水無月・R
2010/04/08 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『恋文の技術』/森見登美彦 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる