蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『少女』/湊かなえ ◎

<<   作成日時 : 2009/04/21 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

前作『告白』が、かなりインパクトのある物語で、本作『少女』はどうなんだろう・・・という期待と不安がありました。今度もM市図書館の予約待ち30人以上でした。やっと手元に回って来て、半日で読了しました。
・・・湊かなえさんは。怖ろしい作家さんです。

些細な悪意が重なって、自己中心の欲望が充満し、2人の女子高生・敦子と由紀は「死」に関わろうと行動する。彼女たちの行動は、時に優しさや思いやりなどを持ちつつも更なる悪意を産む。
それぞれの理由であきらめた剣道についても、相手に言っても分かるわけがないと、口には出さず一人で思い悩んだり妬んだりしている。

由紀が敦子のためだけに書いたはずの物語「ヨルの綱渡り」が、盗まれ、賞を取り、冒頭だけが敦子の目に触れ。由紀との間に目に見えないヒビが入ったのだが、全文に目を通した時、敦子は由紀の思いやりの心を知る。二人は、本当の友情を取り戻すのだが・・・。

最後の章に、何ともやりきれなさを感じます。せっかく由紀と敦子が再生したのに、その余波を喰らって、2人の友人・紫織が転落してゆく。もちろん、因果応報というか、仕方のない部分もあるのだけれど。そして、紫織の友人の自殺の理由も明らかになり、そこにあった悪意の結果がむき出しにされる。

・・・湊さん、恐すぎます。
誰もが持ちうる、ささやかな悪意や身勝手さ。もちろんその悪意を実行動に移すかどうかは別なのだけど、その悪意が悪意を呼び、結果、人を酷く傷つけたり、死に至らしめたりする。そこまでしようという意図は、全くなくても。
しかもその過程が、あまりにも現代にありふれている過程で。こんな事件は、どこかにある。もしかしたら、自分だってそれに関わってるのかもしれない。
コミュニケーションの不全、自己意識の肥大化、他者を認識する意識の欠落、現代社会に巣くう病魔を抜き出して描くその物語は、リアリティがありすぎて・・・。
『告白』の時にも書いたんですが、どこにでもいそうな登場人物たち、どこかにありそうな町の舞台設定、現実にも起こりそうな事件・・・というのが本当に、落ち着かない気持ちになりました。
そういう意味では、『告白』よりもさらに黒さの増す物語だったと思いますね。

ただねぇ〜。由紀と敦子2人が交互に語ってゆくのですが、途中でどっちがどっちか分からなくなって、ちょっと困りました。今どきの平凡な女子高生だから、似てるんですよね。
それと、2人が起こした行動が巡り廻ってあちこちでつながってゆくのは、なかなかに鮮やかな構成ではあるんですが、無理やり感がなくもない・・・。

(2009.09.20 読了)

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
早川書房
湊 かなえ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【少女】 湊かなえ 著
「僕はきみたちくらいの子が怖いんだよ。平気な顔をして嘘をつく。ムキになって嘘をつくうちに、だんだんとそれが本当のことのように思えてきて、逆恨みする。自分のことしか考えていない子たちのせいで、大切なものを失うのは、もう、こりごりなんだ…」  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2009/04/22 12:41
少女(湊かなえ)
またもや記事を溜めてしまった;;;10日以上も前に読んだ本の感想なんて、私には書けんわっ!と呟きつつ、自分で蒔いた種なので頑張って書いてみるー。でも、もう記憶が薄れて・・・;;;めっちゃ簡潔感想で乗り切ろう(笑) ...続きを見る
Bookworm
2009/04/24 05:20
「少女」湊かなえ
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)クチコミを見る ...続きを見る
本のある生活
2010/05/20 19:59
少女<湊かなえ>-本:2010-33-
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)クチコミを見る ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2010/09/01 22:36
ひと夏の経験 『少女』【小説】
少女&nbsp;湊かなえさんの作品&nbsp;高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられたふたりの胸に... ...続きを見る
やっほっほ〜
2010/09/02 08:59
少女 湊かなえ
少女 (双葉文庫) ...続きを見る
花ごよみ
2012/03/16 20:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
この内容って、特別なことじゃないですよね。
誰か特定の人を指してるわけでもなく、誰にでも潜むものと思います。
ただ、それに気付くかどうか。
気付いた時には事件になっている、、、
怖いです。
じゅずじ
2009/04/22 12:45
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
ちょっとした悪意が、どんどん悪い方へ転がる。
そして、その悪意は誰にでもある。
非常にリアルで、恐い話でしたね。
水無月・R
2009/04/22 21:51
前作「告白」に引き続きスゴイ作品でしたねぇ。リアル過ぎて恐かった。
ただ、私も二人の少女の区別がつき難かったり、そこはあまりにもご都合主義では;;;と思えた部分があって、そこはちょっと残念でした。
すずな
2009/04/24 05:26
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
『告白』以上に、起こってしまいそうな、小さな悪意で・・・。
私も、どこかで、やってしまうかもしれない、やってしまってるかも知れない・・・それが恐ろしかったです。
水無月・R
2009/04/24 21:41
こういうネガティブな感情は誰でも持っているものだし、それがこんな風に連鎖して、因果応報ってことになったら・・。私もどこかでやっってしまう、あるいはしてるのかも・・恐ろしくなりました。

少女二人の語りは私も、あれどっちだっけ?と思うことがしばしばありました。
june
2010/05/20 19:59
juneさん、ありがとうございます(^^)。
本当に、どこにでもありそうな、誰でも抱いてしまいそうな、小さな悪意や自己擁護が、どんどん連鎖していく・・・。
こういう物語を構成できる、湊さんてすごいですよね〜。
恐いなぁ・・恐いなぁ・・と思いながらも、ついつい惹きこまれてしまいました。
水無月・R
2010/05/20 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
『少女』/湊かなえ ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる