蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『格闘する者に○』/三浦しをん ○

<<   作成日時 : 2010/04/22 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

三浦しをんさんの初期作品である。
就職活動をしてはいるけど、どうにも周り学生達のように無心に長いものに巻かれることが出来ない女子大生・可南子の奮闘物語。というとなんだかすごい「就職物語」のようだけど、家庭の複雑な事情とか、ちょっと特殊な恋愛とか、いろいろ面白いのが『格闘する者に○』である。

そう言えば、私が作家さんを〈名前呼び〉するのはしをんさんぐらいだなあ、と気付いた。あとは森見登美彦さんをモリミーというぐらいで・・・つまりはそれだけしをんさんの作品(及びエッセイなどから推測される妄想力とお人柄)が好きで親しみを持っているのだ。いっつも、「しをんさん、大好きだ〜!」とか叫んでるぐらいにね(笑)

漫画が大好きで、漫画雑誌の編集者を志望している可南子だが、出版社の就職試験の予想外な展開や、無難すぎたりひっかけあったりする学生達にイライラしている。そして夏になっても、就職は全く決まらない・・・。
実は可南子は、地元では絶大な支持を得ている代々の政治家・藤崎の娘である。父は婿養子で、正当な(?)藤崎の血が流れているのは可南子だけだが、もちろん後を継ぐ気などない。後妻の義母、優秀だけどやっぱり政治家になる気のない弟・旅人と3人、広い屋敷に暮らしている。
ある日、親族と後援会が「家族会議」を開き、跡継ぎ問題に絡んで危うく父の秘書(17歳年上・妻子持ち)と結婚させられそうになったり、その秘書の独断で就職にコネをかけられそうになったり、会議の余波で弟が家出を決行したり、と身の回り慌ただしい。

結局、可南子の就職活動は未だ内定なし。家出した弟は帰ってきたものの、跡継ぎ問題はうやむやのまま保留、相思相愛の恋人(可南子の脚を愛でる70歳の書道家)は中国に旅立ってしまう、と目覚ましくイイ事はないけど。
だけど、色んな事を経験して、なるようにするしかないなぁ・・って悟った感じがして、ほほえましい。
父が寄り付かない大きな屋敷の中で頑なに生きる義母とぎくしゃくしてきた可南子だったけど、家出から帰ってきた旅人の一連の騒動を通して、なんとなく関係改善したのも良かった。

まあ、初期作品なんで、いつもの転げ回って笑ってしまう妄想炸裂感は、やや控えめですね。それでもあちこちに散りばめられる、可南子の妄想やツッコミ(脳内ツッコミ及び友達や弟へのリアル突っ込み)には、ニヤリとしました。
しをんさんは、私より少々(?)お若いので、確実に物語内の就職活動は、私の時(一応バブル崩壊してたけど)より大変そうだ・・・。リアルで、色々あったんだろうなぁ(^_^;)。
あ、それと「林業青年」が出てきましたね。まだ読んでないんですが、『神去なあなあ日常』につながるというか原型なのかしら。ますます楽しみなんですが、なかなか読みたい本リストのそこまでたどり着けない・・・。

(2010.04.21 読了)

格闘する者に○
楽天ブックス
著者:三浦しをん出版社:草思社サイズ:単行本ページ数:237p発行年月:2000年04月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
格闘する者に○ 三浦しをん
格闘する者に○ オススメ! マイペースに過ごす女子大生の可南子に忍び寄る就職戦線。 漫画大好き→漫画雑誌の編集者になりたいと、活動を始めるも連戦連敗、内定ゼロ。 呑気な友人の仁木に砂子。ワケありの家族。 歳の離れた書道家との恋。 格闘する女子大生の青春の.... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2010/04/25 09:00
三浦しをん『格闘する者に○』
格闘する者に○ (新潮文庫)三浦 しをん新潮社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2010/05/01 13:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^TBさせていただきました。
だいぶ前に読んだのですが、しをんさんの今の作品を読んでいると、物足りないというか、炸裂していない気がしますよね^^;
いろんな変わった人間関係が登場したので^^;そこらへんはさすがしをんさんだなぁと思います。
そういえば、私も名前で呼ぶのはしをんさんくらいですね。
でも、今この作品の自分の記事を読み返したら、三浦さんって書いていました。
何だか違和感^^;
苗坊
2010/04/25 09:02
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
しをんさんの弾けっぷりは、親近感わきますよねぇ〜。妄想大暴走なところが、すっごく好きです(笑)。
初期作品は、まだ遠慮があったのかしらん♪
水無月・R
2010/04/26 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『格闘する者に○』/三浦しをん ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる