蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『学園キノ3』/時雨沢恵一 ◎

<<   作成日時 : 2010/08/20 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実家に帰省しておりまして、久しく更新を怠っておりました・・・。
今回、『学園キノ3』を行きの新幹線で読みました。
相変わらず、作者・時雨沢恵一さんによる本編の二次創作(?!)という、楽しい物語でございましたよ♪
はぁ〜、しっかし、N市は暑いなぁ。私の実家(東京)、長野の山小舎、と涼しいところを巡ってきたせいか、近畿圏N市の暴力的な暑さが身にしみます(笑)。しかも子供達はウロウロしてるし・・・。夏休み早く終わらないかなぁ・・・。

『学園キノ』シリーズももう3冊目ですねぇ(笑)。
新幹線の中で、ニヤニヤしながら、アヤシイ人全開で読んでました。だってさ〜、主要登場人物たち、皆相変わらずなんですもん。
木乃は大食らいで〈謎の美少女ガンファイターライダー・キノ〉だし、静先輩はカッコいいのにトホホで〈サモエド仮面〉(←変態)だし、犬山・ワンワン・陸太郎はそつのない美少年で〈ワンワン刑事〉だし、黒島茶子先生はお喋りハイテンションで〈ティー〉だし。今回、アメリカから大金持ち少女・イーニッドが短期留学して来たけど、私この名前には心当たりがなく、この原稿書くにあたって、ググってきました(笑)。あ〜〜!本編『キノの旅』で作家になった、海賊の試験に落ちちゃった子ね〜、はいはい。(・・・でもあんまりメインキャラじゃないですよね?)

今回、冒頭で〈内閣総理大臣・麻生タロー〉氏が出てきますが、時雨沢さんがこの作品書いたときはまだ、一応在任中だったのねぇ。今では、〈前総理大臣〉ですらなく〈元総理大臣〉になっちゃってますが。日本の政権&総理大臣の交代っぷり、ちょっと早すぎやしませんかね?!(^_^;)

さて。今作では、アメリカから日本のアニメが大好きなイーニッドが学園へやって来るところから、話が始まります。イーニッドは〈すぐやる部〉に入部、彼女の歓迎&観光のため、部員達は茶子先生の引率の元、鎌倉観光、湘南の海遊び、健康ランド、秋葉原、と精力的に出かけて行きます。
しかし、イーニッドを狙う組織の者が、学園に乗り込んで来たのです!しかも、魔物になっちゃったからさあ大変(笑)。学生たちの安全のため、やむなくイーニッドを守りつつ魔物と戦うキノたちなのであった。しかもイーニッドは『守られるだけなんていや、一緒に戦う』といい、キノから銃を借りて、戦います。お互いを〈信頼〉するという、強い絆で結ばれて、魔物を〈駆逐〉する・・・。
イーニッドは晴れて帰国。茶子先生の荒業で学校を飛び出したすぐやる部は、空港まで彼女の見送りに行くのであった。

日本アニメ大好きなイーニッドが、所々で口にするアニメのセリフが、場面にあってるようなあってないような・・・で楽しいです。元ネタを知ってるのもあれば、分からないのもあるけど(原典の年代・ジャンル共にかなり広いんだもの)、ホントに日本のアニメってバリエーションが豊かで、いろんな決めゼリフがあるもんですな。改めて、感心しますよ(笑)。

しっかし、相変わらずサモエド仮面は変態です(笑)。静先輩が素敵男子なので、そのギャップが笑いを誘いますよね。何で変身したら、あんなにキャラ変わっちゃうのかなぁ(*^^)v。そんなサモエド仮面の暴走を止めようと、直接攻撃を繰り返すワンワン刑事とキノだけど、彼らの放つ正確無比なはずの銃弾を全部刀ではじき返すって、どんだけすごいんだろう・・・。その能力を変態方面じゃなく、魔物に向けたら一撃で終わるんじゃないだろうかと思うんですがねぇ(笑)。
そんなに凄いサモエド仮面(静先輩)だけど、ティーが登場した途端ガクブル状態に。過去、何があったんでしょうねぇ・・・いつか明らかにされるのかしらん。

ハチャメチャで、楽しい物語です。ホント。本編『キノの旅』シリーズを読んでれば、更に笑えること間違いなし。
願わくば、次作では〈ヴァヴァア・ザ・スーパー〉なおばあちゃん(師匠)も、魔物退治に参戦して欲しいものです。

(2010.08.15 読了)

学園キノ(3)
楽天ブックス
商品副データ電撃文庫時雨沢恵一アスキー・メディアワークス/角川グループパブリッこの著者の新着メールを


楽天市場 by 学園キノ(3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『学園キノ3』/時雨沢恵一 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる