蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『蝦蟇倉市事件〈2〉』/アンソロジー ○

<<   作成日時 : 2011/03/17 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

風光明美な蝦蟇倉市の名物は、「不可能犯罪」
平均年間15件も発生するため、市民はもう慣れっこになっているようだ。
市内のありとあらゆる場所で奇妙な犯罪が発生し、老若男女を問わず被害者となり加害者となり、そしてにわか探偵になる。とうとう、伝説の暗殺者まで移住してきてしまったんだから、たまったものじゃない。
 『蝦蟇倉市事件〈1〉』の時より一層、不可思議な事件が起こっている『蝦蟇倉市事件〈2〉』
さてさて、どんな事件が起こったのでしょうか?!

「さくら炎上」秋月涼介
春休みの女子高生が、次々と殺人を犯す。第一発見者が隠したはずの死体が、後になって目立つ位置に戻される訳は。
「毒入りローストビーフ事件」北山猛那
殺された男を目の前に、3人の友人たちがお互いの殺害動機や方法を論じ合う。
「密室の本―真知博士五十番目の事件」越谷オサム
真知博士に傾倒する若い男女。彼らの出会った密室殺人の、本当の理由とは。
「観客からの眺め」桜坂洋
人気のあった顧問が殺された。十王還命会に入信した少年の内心。
「消えた左腕事件」村崎友
美術館で殺された男の、切断された左腕はどこに?真知博士と中国茶店の店主や客が推理合戦をする。
「ナイフを失われた思い出の中に」米澤穂信
幼い姪を殺した少年の手記。女性ルポライターと外国人男性が、その足跡を追う。

ううむ〜。ちょっと真知博士に頼り過ぎだと思うんですが・・・。いくらなんでも、蝦蟇倉警察から依頼されている「不可能犯罪係」だからって、登場しすぎじゃないかしら。 逆に他のキャラは、あんまり物語間での関わりがないし。
それと、アレですね、蝦蟇倉市民の皆さんは、殺人事件に遭遇したら、にわか探偵になるんじゃなくてちゃんと現場保存して、警察に連絡しましょうよ・・・(笑)。市民の義務だったはずですよ、ソレ。
しっかし絶対、私は蝦蟇倉市に住めないなぁ・・・。面白そうとかソレ以前に、モタモタしてるうちに即、不可能犯罪の被害者か容疑者になっちゃいそうな気がするもの(^_^;)。

十王還命会の怪しげさも更に増し、ちょっとだけ内情も分かったし、直接事件との関わりも出てきましたね〜。存在自体が不可解な新興宗教団体って、ホント物語を膨らませるのにもってこいなんですねぇ。
面白いな、と思ったのは「消えた左腕事件」「毒入りローストビーフ事件」
「毒入り〜」は、それぞれが自分が犯人だ、いやお前が犯人だろう、といい合ってるけど、結果は物語の外、ってのが消化不良ではありつつも、「密室が解消しない限り、殺人は起こっていない」という「シュレーディンガーの猫」に似せた理屈をこじつけるところが、ビックリ。
「消えた左腕事件」の方は、へぇ〜、そういうオチがつくんだ!って言うか大丈夫か蝦蟇倉市!(笑)危険だ、危険すぎる!・・・あ、でもね、被害者の左腕消失の件は、謎解きされる前に見当つきました(エッヘン!)。
物語そのものとしては良かったんだけど、設定説明がかなり不足してるなぁ、と思ったのが「ナイフを失われた思い出の中に」だったんですが、調べたら他の作品の登場人物だったんですねぇ。そちらは読んだことなかったんで、ナルホドでした。

しかしですねぇ。
作中、何人かの登場人物たちが「蝦蟇倉市には不可能犯罪を引き起こすような磁場がある」って言ってるんですが、みんな影響受け過ぎですって、ホント。6編中4編もが学生による殺人事件(ただし1件は正確には違うんけど)だし、しかもその動機というのが、あまりにも・・・え?それで殺しちゃうの?!って言いたくなるのが多くて。
怨恨殺人だって、死体の処理方法が猟奇殺人を装ってたりするし・・・。
蝦蟇倉市民は、もうちょっと事態を怖れた方がいいと思いますよ(^_^;)。
このままだと、市の人口が減り続けてしまいかねませんよ?
まあ、被害者には市外の人もたくさんいるんでしょうけど・・・。

(2011.03.16 読了)

蝦蟇倉市事件(2)
楽天ブックス
東京創元社・ミステリ・フロンティア 秋月涼介 北山猛邦 東京創元社発行年月:2010年02月 ページ


楽天市場 by 蝦蟇倉市事件(2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
蝦蟇倉市事件2
蝦蟇倉市事件2 (ミステリ・フロンティア)クチコミを見る 「さくら炎上」北山猛邦 私は人見知りで、唯一の友達は陽子だけだった。陽子を街中で見つけ、声をかけようとしたが、同じ ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2011/03/17 23:53
蝦蟇倉市事件2(アンソロジー)
蝦蟇倉市を舞台にした競作アンソロジー集第2弾。北山猛邦・桜坂洋・村崎友・越谷オサム・秋月涼介・米澤穂信の6名の作家さんで構成。 ...続きを見る
Bookworm
2011/03/18 12:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
本当に、こんな都市があったら人口があっというまに減りますよね^^;不可能犯罪を受け入れすぎと言うのもわかります・・・
それぞれの事件については面白かったのですが、1よりも他の作品同士のリンクが少なかったのが残念だったかなと思いました。
苗坊
2011/03/17 23:57
1の方が面白かったな〜という印象しか残ってなかったのですが、水無月・Rさんのレビューを読んでなんとなーく思い出しました^^;;;
せっかくの企画なのに、物語同士のリンクが少なかったこと、真知博士ばかりが出ずっぱりだったことが残念でした。
すずな
2011/03/18 12:38
>苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
どんどん人は死んじゃうのに、市民はあんまり動揺しないどころかお祭り気分という、とんでもない市ですよねぇ(笑)。
せっかく同じ市で、不可解な事件が続いてるんだから、色んな登場人物がからんで欲しいかな〜、やっぱり。

>すずなさん、ありがとうございます(^^)。
『1』の方が面白かったですね、確かに。
真知博士は、使い勝手がいい存在だから仕方ないんでしょうけど・・・。『1』の高校生格闘家とか、浜田青年とか、意外なところで出てきてくれたら、面白いのになぁ・・・。
水無月・R
2011/03/18 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
『蝦蟇倉市事件〈2〉』/アンソロジー ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる