蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『サエズリ図書館のワルツさん(1)』/紅玉いづき ◎

<<   作成日時 : 2014/03/08 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ああ、私は本が、形のある本が好きなのだなぁ、とつくづく感じました。
電子データが当たり前で、紙が高価なものとなり、書籍が厳重に保管される未来の世界で、一般の人に紙の書籍を貸出しする私立図書館「サエズリ図書館」で起こる、さまざまな出来事を描いた『サエズリ図書館のワルツさん(1)』
ワルツさんはサエズリ図書館の代表で特別探索司書。それがどういうことなのか、よくわからないままに読み始めて、一気にその世界に惹き込まれました!
さすが、紅玉いづきさん。
「本」が好きな人なら、是非読んでほしい、とても心温まる物語でした。

今まで一度も「本」を読んだことのなかった上緒さん。学校の先生で、娘と離れて暮らしている古藤さん。祖父の形見の書籍をサエズリ図書館から取り戻したい森屋さん。サエズリ図書館から絵本を持ち出した犬塚さんと取り戻しに行ったワルツさん。
誰もが「紙の書籍」に深い思いを抱いていて(上緒さんは段々に抱くようになって)、そのどの思いにも共感できました。

父親から相続したサエズリ図書館と蔵書を心から愛し、また利用者へのレファレンスも完璧、心配りも細やかなワルツさん。「本」が貴重なものとなった時代に、これだけのものを一般公開及び貸出しているという事が、どれだけすごい事なのか、想像するだけで、眩暈がしそうでした。実際、そのことに関して何度もトラブルが起きるわけですが、ワルツさんは穏やかに、でも毅然として図書館と蔵書と利用者を守ります。
ワルツさんの、強い思いが、本と図書館と、そして利用者までもを守る。
何より愛した、父とのきずなだから。戦災孤児であった自分を、大切にしてくれた父の、願いだから。そして、自分も、本を愛しているから。
羨ましいほど、真っ直ぐで頑なで、それでいて優しくて美しい思い。
とても素晴らしかったです。

近年、紙の書籍より安かったり、手に入れやすかったり、所有が手軽だったりして、電子書籍が浸透してきました。
〜〜いつか本がなくなってしまうのではないか、と思い悩む病〜〜(あとがきより引用)を、著者の紅玉さんはずっと患っているそうです。私も、それを不安に思う一人だったりします。
同じ文章じゃないか、なら手軽な電子書籍でも変わりはないでしょ?と、言われるかもしれないんですが、何か違うんですよね。
電子データより紙の本の方が、しっくりくるというか、気持ちが添いやすい気がするのです。
子供の頃から、ずっと本を読んできました。泣いたり、笑い転げたり、切なくなったり、ほっとしたり。
これからも、そんな風に本と触れ合い続けてきたい、そう思える読書になりました。

既に続巻が出ているので、続きを早く読みたいです。自分の〈読みたい本リスト〉がなかなか進まなかったり、図書館の予約待ちが合ったりで、なかなかたどりつけませんが。
ワルツさんの肩書「特別探索司書」の真実や、サエズリ図書館の職員や利用者のいろいろなエピソード、そしてもちろん「本」への深い思いなど、もっともっと知りたいです。私も、本が好きだから。

ワルツさんが利用者と交わし合う、「よい読書を」という言葉が素敵ですね。
なかなか現実では使う機会がありませんが、この記事を読んでくださった皆様に、私からも贈りたい言葉です。
どうぞ、これからも、よい読書を。

(2014.03.05 読了)
水無月・Rの『サエズリ図書館のワルツさん』シリーズ記事
『サエズリ図書館のワルツさん(1)』 (本稿)
『サエズリ図書館のワルツさん(2)』


サエズリ図書館のワルツさん(1) [ 紅玉いづき ]
楽天ブックス
星海社FICTIONS 紅玉いづき sime 星海社 講談社発行年月:2012年08月17日 予約締


楽天市場 by サエズリ図書館のワルツさん(1) [ 紅玉いづき ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サエズリ図書館のワルツさん1 紅玉いづき
サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)著者:紅玉 いづき講談社(2012-08-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。本が ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/03/08 23:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
本当にこの作品は読んでいて幸せな気持ちになれました。本が好きな人全ての人に読んでほしいです。
電子書籍も便利だと思いますが私は重かろうがかさばろうが、本を読んでいきたいと改めて思いました。同じ気持ちで嬉しいです^^
水無月・Rさんもこれからも、良い読書を。
苗坊
2014/03/09 00:15
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
本好きには、ホントにたまらない作品ですよね。
本好きでよかった、あらためて思いました。
苗坊さんのブログで初めて紅玉さんの作品を知り、この『サエズリ図書館のワルツさん』まで読み進めることができて、ホントに嬉しいです。
苗坊さんも、よい読書を!
水無月・R
2014/03/11 16:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『サエズリ図書館のワルツさん(1)』/紅玉いづき ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる