『あるかしら書店』/ヨシタケシンスケ ◎

ヨシタケシンスケさんの『あるかしら書店』を訪れる人達は、「こんな本はあるかしら?」と店主に尋ねます。そうすると店主のおじさんは店の中から何冊かの本を取り出し、紹介してくれるのです。さてさて、私だったらどんな本を「あるかしら?」と尋ねようかしらん(笑)。 しかしこの本屋さん、なかなかの品揃えですねぇ。そして、店主さんの知識もとんでもない…
コメント:0

続きを読むread more

『人ノ町』/詠坂雄二 〇

荒廃した世界に点在する町を、一人の旅人が巡る。詠坂雄二さんの『人ノ町』では、彼女のそんな淡々とした旅路が描かれて行きます。 何故、彼女は旅を続けていくのか。どこへ至ろうとしているのか。分からないながらも、それぞれの町で彼女が出会う人・出来事を共に経験していく、読者(私)。世界は、かつて繁栄していたものの、何かの事情があり衰退したようで…
コメント:0

続きを読むread more

『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』/乾緑郎 ◎

いやぁ、スチームパンクっていいですよねぇ!重厚な雰囲気があるのに、登場人物たちの動きは鮮やかな活劇で。乾緑郎さんの『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』も、とてもカッコよかった・・・!本作の物語は、前作『機巧のイヴ』 から約100年後の新世界大陸(アメリカを模しているらしい)の「万国博覧会」開催を巡って起こる様々な事態の中で、動かざる機巧人形…
コメント:2

続きを読むread more

『滅びの園』/恒川光太郎 ◎

ある日突然、地球上空に現れた<未知なるもの>。その中に存在が確認された男・鈴上誠一。恒川光太郎さんの描く、ささやかな理想郷と地上の悪夢、その中を生き続ける人々それぞれの戦いと信念、そして孤独。突然現代に異次元が滑り込んできたという設定で始まる『滅びの園』、展開が気になって、すごい勢いで読みふけりました! 何故、それは突然地…
コメント:4

続きを読むread more

『正しい女たち』/千早茜 〇

・・・すごく、ゾワゾワする6編。千早茜さんの作品って、どうしてこうも後ろ暗い心持ちを逆なでするのかしら(笑)。多分ねぇ・・・〈上っ面キレイに見せてても一皮むけば誰だってドロドロ、だなんて当たり前だよ〉と嘯いてるのが、それすら欺瞞だって気付かされるから。ああ、抉られる。本作のタイトル、『正しい女たち』の『正しい』って何なんでしょう。誰にと…
コメント:2

続きを読むread more

『定年オヤジ改造計画』/垣谷美雨 〇

男尊女卑甚だしい男が定年退職後、嘱託の仕事もなくなり家のことも一切せず、一日中家にいる。う~わ~、ちょっと想像しただけで、気が狂いそうになりますな。そりゃ、奥さんも夫源病になるわ~(-_-;)。垣谷美雨さんの『定年オヤジ改造計画』は、読んでてむかっ腹立ちまくりで、いやあ、疲れた疲れた(笑)。あ、読む方はサクサクと進みましたよ。このオヤジ…
コメント:2

続きを読むread more

『はなとゆめ』/冲方丁 〇

清少納言が『枕草子』を書くに至ったその背景と、彼女の宮廷出仕生活を中心に描いた、『はなとゆめ』。中宮定子の教養の高さや一族の反映を担う強さ、一条帝との深く温かい愛情、周囲の人々を盛り立て華やがせるその『はな』に惹かれ、中宮様の番人でありたいと願いながら仕えた清少納言の日々が、素晴らしかったです。あら、私冲方丁さん読むの、初めてだったわ(…
コメント:4

続きを読むread more

『氷獄』/海堂尊 ◎

あの【バチスタ・スキャンダル】の裁判を描く『氷獄』。・・・実をいうと、「え~、今更バチスタ・スキャンダル??」って一瞬思ってしまいました、ワタクシ。ホント、海堂尊さん、ごめんなさい!この物語は、〈桜宮サーガ〉には絶対必要なエピソードでした・・・! 表題「氷獄」(中編)と3つの短編からなる本作。今まで発表されてきた〈桜宮サーガ〉の物語の…
コメント:0

続きを読むread more

『ブルーマーダー』/誉田哲也 〇

誉田哲也さんの〈姫川玲子〉シリーズ6作目。『インビジブルレイン』の結果、警視庁捜査一課から所轄へ移動した姫川は、暴力団組長惨殺事件を捜査する。捜査線上に浮かびあがったのは、池袋の暴力組織の面々を次々と襲い、不活性化させる殺人鬼、『ブルーマーダー』であった・・・。 いやぁ・・・姫川シリーズってさぁ、殺人シーンが非常にえぐいんですよねぇ・…
コメント:0

続きを読むread more

『感染遊戯』/誉田哲也 ◎

誉田哲也さんの〈姫川玲子〉シリーズの、スピンオフである本作『感染遊戯』。とある会社員殺人事件の捜査本部に乗り込んだガンテツこと勝俣は、姫川の持つその資料を一見し、「15年もよく逃げ回ったものだ」と言い放つ。「(元)官僚傷害或いは殺人」という共通のキーワードを持った、彼の15年前の事件の回想と現在関わる捜査が交錯する。 短編3つと中編1…
コメント:0

続きを読むread more

『あなたのゼイ肉、落とします』/垣谷美雨 〇

垣谷美雨さんの『あなたのゼイ肉、落とします』・・・。タイトルが、スゴイですよね・・・。リアル本屋さんで買うのに、ちょっとためらうような、開き直っちゃいそうな(笑)。『あなたの人生、片づけます』の大庭十萬里の妹、小萬里が「ダイエット指南」をするという物語なんですが、いわゆるダイエットのハウツー本ではありません。『あなたの人生~』の「心に抱…
コメント:0

続きを読むread more

『妻のトリセツ』/黒川伊保子 〇(実用書)

黒川伊保子さんの『妻のトリセツ』。新聞の書籍広告か何かで、このタイトルを初めて見た時は、「なんて失礼なタイトルだ!しかも女の人が著者ですって~?!」と、内容を知らないくせにむかっ腹を立てたのですが、のちに『夫のトリセツ』が出た時は「私の夫源病発症を防ぐことが出来るかも・・・!」という期待でいっぱいになって購入に走ったのでした(←ご都合主…
コメント:0

続きを読むread more

『世界はハッピーエンドでできている(5)』/下西屋 ◎(コミックス)

〈『世界はハッピーエンドでできている』〉シリーズで、すべての登場人物(動物・モノなど人外も含む)がきちんとまっとうに幸せになれる物語を描き続けてくださっている下西屋さん。本作『世界はハッピーエンドでできている(5)』も、上っ面の幸せなんかじゃなくて、その人たちが真摯に生きることで周りも幸せにしていくような、前向きで優しくて、力強い世界が…
コメント:0

続きを読むread more

『あなたの人生、片づけます』/垣谷美雨 〇

垣谷美雨さんの『あなたの人生、片づけます』。〈片付け屋〉として人気で、TVに出たり本を出したりしてる大庭十萬里。見た目は、ぽっちゃり気味のフツーのオバサン。片付け度・重症な人々の家を訪問して、片付け指南をしていくうちに、その人たちの心のゴタゴタも解きほぐして、片付ける方法に気付かせていく。お家スッキリ、心もスッキリ、大事ですよねぇ。 …
コメント:0

続きを読むread more

『許されようとは思いません』/芦沢央 〇

・・・んんん?帯の惹句に「このどんでん返しがヤバい!!」ってあったんですけど、すみません、物足りません(笑)。京極さんとか真梨さんとか湊さんとかの、〈バリバリ嫌ミス〉に馴れちゃったダメダメ読者(笑)には、ちょっと・・・(^^;)。いや、芦沢央さんの『許されようとは思いません』の出来が悪いとか、そういうことじゃないんですけどね。本作、まだ…
コメント:0

続きを読むread more

『イマジン?』/有川ひろ ◎

毎度ながら、「やられたわ・・・」と白旗上げちゃいますよ、有川ひろさん!!映像制作会社の新人・イー君が縦横無尽に駆け回る『イマジン?』、すっごく面白かったです!!有川さんの作品って、キャ~ッ!てなる萌え要素、登場人物たちが真摯に取り組むお仕事小説要素、テンポよく進む会話と展開、色々てんこ盛りで、本当に気持ちが充実するんですよねぇ。大好きで…
コメント:6

続きを読むread more

『完全版 上杉鷹山』/童門冬二 〇

偉人伝ってなんだか小難しい感じがして、あまり読まないジャンルなんですが、この作品は読み易かった!童門冬二さんの『完全版 上杉鷹山』。上杉鷹山による経済破綻した米沢藩の藩政改革を丁寧に描き、彼だけでなく彼と共に変革を行った近習たちの苦悩がつぶさに記され、それでいて堅苦しくないのが、とても良かったです。 本作は、1981年~82年の新聞連…
コメント:3

続きを読むread more

『虚実妖怪百物語(急)』/京極夏彦 ◎

いやもう、なんていうかすごいですよ、京極夏彦さん・・・。先が気になって気になって、グイグイ読んじゃいました、『虚実妖怪百物語(急)』。そして、読みながらやっぱり気になったのは(京極さん、各方面に許可取ってるんだろうか・・・)でした(笑)。この作品、権利関係が難しすぎて、映像化できないでしょうねぇ・・・(^^;)。 魔人・加藤は富士の樹…
コメント:0

続きを読むread more

『虚実妖怪百物語(破)』/京極夏彦 ◎

『虚実妖怪百物語(序)』に引き続き、『虚実妖怪百物語(破)』でございますよ。妖怪馬鹿炸裂、事態はしっちゃかめっちゃかに混乱し、全く収拾が付かなくなってきてますよ、京極夏彦さん!!いやぁ、面白かったですね♪どんどん増える登場人物(しかも実在の人)に困惑しつつも、「この言動は、あの作家さんらしいわ…」「あの作家さんて、こんな人なのか…」と楽…
コメント:0

続きを読むread more

『虚実妖怪百物語(序)』/京極夏彦 ◎

私的には京極夏彦さんで〈百物語〉と来たら〈巷説百物語〉シリーズだったんですが、本作『虚実妖怪百物語(序)』は、そちらのシリーズとは別物。これ、『帝都物語』へのオマージュ・・・なのかしら?史実の人や実在の人物が物語に登場してくるあたり、そんな気も??な~んてことを言ってますが私、『帝都物語』は高校生ぐらいの頃読んでいたものの、今となっては…
コメント:0

続きを読むread more