三崎亜記「バスジャック」 ◎

三崎亜記『バスジャック』 

標題「バスジャック」は、バスジャックがイベント化し、形式美まで問われる日常。あるバスジャックに乗り合わせた面々がそれを形式にのっとって打ち破るが、実はそのまま本当の形式美も兼ね備えたバスジャック犯となり・・・という緻密なストーリー。

その他の物語も、ストーリー運びが非常にシッカリとして、読み応えのある短編集だった。
同じ著者で以前読んだ『となり町戦争』よりも面白かった。 『となり町戦争』は、どうも‘結局何が言いたかったんだろう‘と言う感想ばかりが先にたってしまったので・・・。

(2006.9.16 読了)
バスジャック
楽天ブックス
著者:三崎亜記出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:228p発行年月:2005年11月この著者の新着


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

miyukichi
2007年01月31日 22:10
 こんばんは♪
 ご訪問、どうもありがとうございました。
 よろしくお願いします。

 私も、「となり町戦争」よりこちらの作品のほうが
 よかったと思いました。
 設定のおもしろさが活きてきたように思えて。
2007年02月22日 20:16
こんにちは。随分前に『となり町戦争』を読んでガッカリしたのを覚えていますが・・・こちらは面白そうですね!水無月さんの感想に引かれて、もう一度チャレンジしてみます(笑)
たかこ
2009年12月30日 15:46
水無月・Rさん
こんにちは。
いまさらながらTBさせていただきました。
この次に「となり町戦争」を読もうと思ってます。
ちょっと覚悟しなくては…( ;^^)へ..
2009年12月30日 19:51
たかこさん、ありがとうございます(^^)。
不思議な物語でしたね。特に「バスジャック」あの様式美とどんでん返しは、なかなか思いつけるものじゃないですよね~。
あ、『となり町戦争』も、私に合わなかった、というだけですから・・・(^_^;)。

この記事へのトラックバック

  • バスジャック

    Excerpt:  三崎亜記:著 『バスジャック』    先日読んだ三崎さんの長編 『となり町戦争』 は、  私的に、いまひとつでした。  てことで、リベンジ。  こちらのほうは、7篇が収められた短編集です。  .. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-01-31 01:08
  • 『となり町戦争』 by三崎亜紀

    Excerpt: 少し前に『宇宙戦争』をみて、かなり落胆した私だがそれにも負けず劣らず落胆した。 期待が大きいと、観た時、読んだ時に期待はずれ=落胆のほども大きいということが身にしみる今日この頃だ。 発送も、話の運.. Weblog: ■空蝉草紙■ racked: 2007-02-22 20:10
  • バスジャック/三崎亜記

    Excerpt:  三崎亜記氏のバスジャックを購入しました。 Weblog: 永遠の夕暮れ racked: 2008-11-28 21:03
  • バスジャック / 三崎亜記

    Excerpt: 短編7話。 前回読んだ「廃墟建築士」があまりにも奇々怪々な設定だったので気になってしまった作家さん。 ちょっと「世にも奇妙な物語」風でシュールで黒いところもあれば、意外にしんみりと切ない系.. Weblog: たかこの記憶領域 racked: 2009-12-30 15:45