山本一力『だいこん』 ○

確か、新聞の書評欄に「江戸時代のプロジェクトX」と評されていた小説である。

山本一力『だいこん』は、確かにプロジェクトXのようにすごかったと思う。せっかく軌道に乗った店が、川の氾濫に流されてしまったり、商売敵が現れたり、色々と山あり谷ありであった。つまりまあ、江戸時代に料理の才能と材料調達の才覚に秀で、店の切り盛りにも才能を開花させた少女が、料理屋をどのように経営していったか、という話だったわけだが。

主人公の才能と気風のよさ(私的には気風よすぎ)に、イマイチ共感が出来なかったので◎ではなく○をつけた次第。
無駄のないストーリー運びや、文章の面白さで言えば◎だが・・・才能のない水無月・Rのやっかみですかね・・・(^_^;)。

(2006.9.13読了)
だいこん
光文社
山本 一力

ユーザレビュー:
ご馳走ですが テンポ ...
江戸の世界に浸りまし ...
人が人を呼ぶ商売つば ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック