蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レインツリーの国』/有川浩 ◎

<<   作成日時 : 2007/03/24 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

有川浩『図書館内乱』の作中作品、『レインツリーの国』です。
キタキター!有川さん一流の、「じれったい愛」ですよ!

まあ、この場合、女性側に聴覚障害があって、それにこだわるあまりのじれったさもあるワケですが。

簡単に言うと、健聴者の男性と聴覚障害の女性が、ネットの読書感想をきっかけに「青春菌」のラリーメールで盛り上がり、直接会ったら色々と問題が起き、悩んだ末にお互いを受け入れて、恋愛成立。・・・って言う、王道物語。

障害があって、それを隠したい女のコとそれを乗り越えて彼女に近づきたい男のコ(いや・・・「コ」って言う年でもないけど、2人とも。でもそんな雰囲気なんですよね〜。)
王道であるが故に、ハッピーエンドは確実なので、安心して読めました

二人の出会いがネットで、だからこそ二人とも「顔も知らない相手と自分をさらけ出して青春菌をラリーしあえ」て、でもヒロインひとみさんはネットだからこそ自分を「普通の女のコ」として演出できていた。
初めて会うときに「普通の女のコ」を、演じたかったひとみさんの気持ち、分からなくもないです。もちろんそれを「どうして教えてくれなかったとなじる」伸君の気持ちも分かる。
ただ、私は分かってるような気がするだけなのかな、という反省もしました。

障害という重いテーマながら、2人の恋愛を「じれったく」も爽やかに、描いてくれた有川浩さんに拍手!ですね。

有川さん特有の「怪獣」も「戦闘」もない(ご本人曰く「飛び道具なし」)ので、ヘンな違和感がありましたね(^_^;)。水無月・Rとしては、ヒロインが「はちきん的女性」でなかったのが、残念です。
(有川作品に偏って傾倒してるきらいがあるな、水無月・Rよ。)

あ、それと作中作「フェアリーゲーム」の原作?の『妖精作戦』のシリーズ、読んでみたかった・・・。M市図書館にも協力図書館にも所蔵がないようで、検索しても出ません。残念

(2007.3.23 読了)
レインツリーの国
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:203p発行年月:2006年09月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「レインツリーの国」を読む
本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんです... ...続きを見る
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
2007/03/24 23:51
レインツリーの国 World of delight 有川浩 新潮社
先日読んだ「図書館内乱」の中に、この物語が出てきてました。 クールな小牧さんと可憐な鞠江ちゃんのエピソードです。 鞠江ちゃんは、難聴者です。「突発性難聴」という病気のせいで 音が聞こえにくくなってしまった彼女を支え、愛していく小牧さんが 素敵で、とてもいい感じだったのですが、この「レインツリーの国」の ひとみと伸も、率直で真摯で、お互いをてさぐりしながら触れ合っていくその過程が くっきりと心に残る、いい物語でした。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2007/03/28 00:59
『レインツリーの国』 by 有川浩
前作『図書館内乱』に出てきた作中作?『レインツリーの国』が独立して帰ってきた! ・・・って、コッチが先なのか?あれ?まあそれはどちらでもいいけれど、歯がゆいくらいの純粋な恋愛青春小説。だけど面白い。 ...続きを見る
■空蝉草紙■
2007/04/07 10:48
レインツリーの国(有川浩)
私ってホントに涙もろいんだなぁ・・・。いつにもまして号泣。最近、読書中に泣いてばっかりでなんだか厭なんだけど。涙腺が緩すぎるのか、読む本が泣きのツボにハマリすぎるのか、どっちなんだろう。・・・どっちもなんだろうなぁ、たぶん。 ...続きを見る
Bookworm
2007/07/02 10:40
レインツリーの国
 有川浩 2006 新潮社 ……ずたぼろ……orz だめです。やられました。 一 ...続きを見る
香桑の読書室
2007/11/18 01:39
レインツリーの国<有川浩>−(本:2008年8冊目)−
レインツリーの国 出版社: 新潮社 (2006/9/28) ISBN-10: 4103018712 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/01/11 01:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは♪

 王道な恋愛小説でしたが、
 男女どちらの気持ちも
 しっかり細やかに描かれていて、
 すっごくよかったです。

 有川さん、私もずいぶんハマってきました^^
 http://blog.goo.ne.jp/miyukichi_special
miyukichi
2007/06/29 00:39
みゆきちさん、こんばんは(^^)。

王道な「じれったい愛」で、しち面倒くさい、歯がゆい物語。もうッ!有川さんたら!
自分にはもうムリですが、こういう爽やかな恋愛を読むのは、気持ちが華やぎますね。
水無月・R
2007/06/29 23:06
こんにちは。
ネットだからこその出会いと交流にドキドキ、ヤキモキの連続でした。
飛び道具無しの恋愛小説でしたが、有川さん、こういうのもOKっ!という感じでした(エラそう;;;)
すずな
2007/07/02 10:40
すずなさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます。
とにかく有川作品、いいですよね。ほんとに。
「じれったい愛」、ホントにタマランですよ。
水無月・R
2007/07/02 21:16
こんばんは。
遅ればせながら、読ませていただきました。
ちょっと甘さ抑え目の、少し深い言葉に感動しました。
思いやるって、なかなか難しいことですね!
じゅずじ
2008/08/29 22:51
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
怒涛のベタ甘ラブロマではないけれど、気持ちにじっくり伝わってくる、いいお話でしたよね。
お互いが思いやる気持ちを持って「人」の関係を築き上げる、その丁寧な物語運びに、ドキドキしました。
水無月・R
2008/08/30 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レインツリーの国』/有川浩 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる