『ピカルディの薔薇』/津原泰水 ○

妖物引き寄せ系な男・猿渡。『蘆屋家の崩壊』で三十路を過ぎても定職についていなかったこの男が、文筆業に職を定め、それでも怪しげな事態に巻き込まれる物語である。
しかし・・・津原泰水さんは、ゲテモノ喰いに絡むお話が好きなんでしょうかね・・・。
ちょっと・・・て言うか、かなり私は苦手です

猿渡に、とある男から手紙が来る。一人目の妻を餓死で亡くし、二人目の妻も縊死で亡くした。庭に咲き狂うおしろい花。男の狡さが2人の女を狂わせたのか、花が狂気を呼んだのか。2人目の妻はおしろい花の種から出る粉で「夕化粧」していた。「抜いても抜いてもまた出てくるから」(←怖いッ)
脳障害のある人形作家・星と知り合う猿渡。現実と微妙にずれている星。彼の現実世界との繋がりの拠り所は・・・。もしそれが、最初から誤りであったとしたら。表題作 『ピカルディの薔薇』
伯爵と招待された、南国のとある島。島には巨大な寄居虫(やどかり)が徘徊している。その島の伝説に執り付かれている女オーナー・白鳥。伝説の木の気根に囚われた白鳥の行く末は。「籠中花」
白鳥に饗応してもらった海亀の肉の思い出から、白鳥の食い道楽の話から、伯爵と彼女のゲテモノ食いについて話に花が咲く。その白鳥が「私にだってお料理できる」と言わしめた「フルーツ白玉」の微笑ましさとは対照的な、その内容。
平太郎という男の夢を、三十夜続けて見る、猿渡。平太郎の妹・月埜と猿渡は知り合いだったのだが。その「三十夜」が終わったとき・・・。
どうも猿渡は結婚したようである。執筆に疲れて骨董品屋へ現実逃避しに行くと、そこで出会ったのは幻のウクレレ。女房を質に入れてでも、手に入れたい・・・を実行した男とそのウクレレの物語は。「甘い風」
日本占領下の満州は新京で、オーケストラ指揮者・伯爵と邂逅を果たす猿渡。猿渡は新京滞在中に、奇妙な貴族の邸宅で夢うつつの体験をする。「新京異聞」

最後の「新京異聞」は、本編猿渡の過去の親族で現在への因縁話なのか?それとも・・・パラレルワールドなのか。どちらでもいいけれど、フワフワした夢幻と酒に走ってしまうあたり、やっぱり猿渡だな・・・なんでそんなに妖物引き寄せ系なんだろう(笑)。

しかしですね。
「フルーツ白玉」に出てくる「イヌイットの発酵食品キビャック」とか、「雀の丸焼き」とか、「ザリガニの共食い生き残りを食べる」話とか、「吸血蛭のソーセージ」とか・・・。ううむ~である。
前作『蘆屋家の崩壊』でも、虫とか蟹とか、グロイものがいっぱい出てきたんですけど、今回も・・・。しかもそれを食べるんですか・・・勘弁して下さい。
巨大ヤドカリが小型犬を襲った話とかさ、そんなのも怖いっちゅーの!
水無月・Rはとことん、小心者なんですよ!(←居直り)

物語の展開は、なかなかに幻想的だし、猿渡の経験も面白いのだけど。
ただ・・・残念ながら、グロさがちょっと・・・。なのでした。

(2008.09.21 読了)
ピカルディの薔薇
楽天ブックス
著者:津原泰水出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:245p発行年月:2006年11月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

june
2008年09月23日 11:45
こういう怪異と幻想と耽美の世界、好きなんです。猿渡くんで微妙にとぼけた味が加わってるのも絶妙で・・。でも食虫はグロかったですね。私もグロさの限界はこのあたりかなぁ・・。
2008年09月23日 21:38
juneさん、こんばんは(^^)。
私も耽美は好きなんですけどねぇ~。
何というか・・・グロイのはちょっと(-_-;)。
確かに猿渡の、とボケぶりで救われてる部分は大いにありますよね。
2008年11月05日 13:17
遅くなってすみません<(_ _)>
わたしもjuneさんと同じく、こういう世界好きなんです。って最近になって気づいたんです^^でもこのシリーズは確かにグロさがキツいかなぁ~~。ほかのはそうでもない気がするんですが。でもでもそんなふうに文句言いつつ、きっと3作目が出たら読んでしまうんだろうなって思う自分がいます。
2008年11月05日 22:35
麻巳美さん、こんばんは(^^)。
こういう世界がお好きなら、綾辻行人さんの『眼球綺譚』はいかがでしょうか。麻巳美さんなら、もうお読みなったかしらん。
先日読んで、「ホラーでシュールで美しいんだけど水無月・R的にはボーダーラインが・・・(T_T)」と思いました。
もしまだお読みになってなくて、よろしければ。
多分同じような系統の『深泥丘綺譚』もありますが、私はこちらは未読です。

この記事へのトラックバック

  • 「ピカルディの薔薇」津原泰水

    Excerpt: ピカルディの薔薇 「ブラバン」のような青春小説を読むことができたのもうれしかったのですが、津原さんだったらやっぱり「赤い竪琴」のような恋愛小説か、「蘆屋家の崩壊」のようなものをまた読みたいと思っ.. Weblog: 本のある生活 racked: 2008-09-23 11:37
  • 「ピカルディの薔薇」 津原泰水

    Excerpt: ピカルディの薔薇津原 泰水集英社 2006-11売り上げランキング : 258947Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 売れない作家・猿渡。書けない日々が続く中、鬱がピーク.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-11-05 13:16