『サイン会はいかが?』~成風堂書店事件メモ~/大崎梢 ◎

おお~、面白かった~!やっぱり大崎梢さんの〈成風堂シリーズ〉は、短編の方がいいなぁ~。
「本屋限定・名探偵」の杏子と多絵が、本屋の日常に持ち込まれる謎を解いていくこのシリーズの3冊目、『サイン会はいかが?』
今回も、本屋さんの色々なお仕事を垣間見ることができ、とっても面白かったです。

「取り寄せトラップ」
同じ本の取り寄せを依頼したはず4人は、覚えがないという。それが何回も続く。
「君と語る永遠」
社会見学で来た小学生が、『広辞苑』を取り出そうとして・・・。次々と出版されては消えていく本がある中、ずっとあり続ける本もある。
「バイト金森君の告白」
~~僕は、成風堂で、恋をしました。~~ (本文より引用)
衝撃(笑)の告白で始まる、金森君の恋の行方は?
「サイン会はいかが?」
とあるファンの正体を見抜いて欲しいという人気作家が、成風堂でサイン会を行う。ミステリー色の濃い、中編。
「ヤギさんの忘れもの」
大事な白い封筒は、どこに行ってしまったの?絵本を絡めた心温まるストーリー。

前作『晩夏に捧ぐ』では、信州に出張して殺人事件がらみ、という長編で「う~ん、ちょっとなぁ」と思ってたんですが、今回はほんわか・ほのぼの調の謎解で、大変読みやすかったです。あ、表題の「サイン会はいかが?」はちょっと怖い部分もありましたが。

「サイン会はいかが?」の作家の高校生時代の事件の再謎解き、へぇ~と思いました。さすが「本屋名探偵」の多絵ちゃん。
ちょっとした一言のつもりだった、おかしくて軽い出来事だと思ってたことが、実はとても深く人を傷つけてしまって、あんな事件に発展する、というのは怖かった。でも、そういうのって、絶対にある。傷つく方も、傷つける方にも、経験がある。傷つけようという悪意があったわけではなくても・・・。気をつけなくちゃいけないなぁ・・・と思いますね。普段から単細胞生物な私としては、多分いろいろやらかしてるだろうし・・・。

作中で取り上げられていた『フェリックスの手紙』というシリーズ絵本、そういえば本屋さんで平積みになってるのを見たことがあるような・・・。あんな素敵な仕掛けがあるんだったら、一度読んでみたいなぁ。先程、N市図書館のサイトで検索したら、書庫で所蔵してるようなので、今度図書館行った時、出してもらおうっと。多分、ウチの次男君がこういうの好きだと思う。

今回は、成風堂の店員仲間も結構活躍しています。小柄で口数は少ないけど頼りになる内藤、落ち着いていて包容力のある福沢もいい。そしてある意味、すちゃらかな店長ですらもいい味出している。まあ、こういう上司がいると、部下が苦労するんだけどね~(笑)。
パート&バイトの皆さんも、あちこちで個性を出してます。金森君はちょっとトホホ系なので(笑)、私は是非、彼の恋路を応援したいですな。
そのほか、取次店の調子のいい営業さんとか、常連さん、社会見学で訪れる小学生など、ほっこりしたり心温まるような登場人物が、たくさん出てくる。
こういうところも、このシリーズのいいところだと思うんですよね~。

毎作、本屋さんてすごいなぁ~頑張ってるなぁ~、って思うんですが、今回もホント、そう思いました。
最後の方に
~~好きでないと勤まらない、よくそう言われるが~(中略)~激務の割に低賃金でもある。~~ (本文より引用)
という、杏子の述懐がある。うん、ホント頭は使うし、体力も使う、接客業だから精神力も・・・と本屋さんは大変なんですね。
それでも、本を通して色々な出来事や人に出会う、そういう素敵なお仕事でもある、と杏子は分かってる。
こういう前向きな店員さんたちがいる本屋さん、素晴らしいです。

実を言うと私、本屋さんで働いてみたい、と思わなくもないのですが。体力はある方だと思うけど・・・私みたいなトロいヤツじゃ、使えないって思われちゃうんだろうな~。ははは(^_^;)。やる気と体力はあるんですが、いかがでしょうかね・・・。
・・・働くのは無理でも、買うのはネットじゃなくて書店でと思って先日、文庫本を2冊買いました。その程度じゃ、全然貢献できてないとは思うんですが・・・(^_^;)。

(2010.03.04 読了)

サイン会はいかが?
楽天ブックス
商品副データ成風堂書店事件メモ東京創元社・ミステリ・フロンティア大崎梢東京創元社この著者の新着メール


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

香桑
2010年03月05日 22:48
こんばんは☆
やっぱり、短編のほうがいいですよね♪
ものすごい美人やかっこいい人が出てくるわけではない。だけど、全体の雰囲気がよくて魅力的。

本屋さんに行くだけでも、「サクラ」になれます!
そこから釣られて本屋さんに入ってみたり、つい本を買ってみたり、うっかり通ってみたり、そういう波及効果もあるはず!!
苗坊
2010年03月06日 01:07
こんばんわ。カキコありがとうございました。
やっぱり短編の方が、大崎さんの良さが前面に出てくると思います。
面白かったですね~。私も大好きなシリーズです。

本屋へ行くと、買う予定じゃなかった本を買ってしまう傾向があります。
貢献しているって事で、前向きに考えます。
私は大学時代、「BOOKOFF」でバイトをしてました。本屋さんの天敵だと思いますが^^;
全然仕事内容は違うと思いますけど、本は重いから肉体労働なんですよね。
そして手は荒れます^^;
でも、本と関わっているって思うだけで、嬉しかったりします。
2010年03月06日 11:14
このシリーズのほんわか・ほのぼの調っていうのがいいですよね~。涙腺の弱い私は、すぐにグシグシと泣いてしまったりもするんですけどね^^;あ~「君と語る永遠」なんてグシグシどころじゃなかったりもしたんですけど;;;
続編を待ち望んでいるシリーズです。
june
2010年03月06日 13:32
これを読むと、大変なんだなと思いながらも本屋さんで働きたくなりますよね!
本は図書館で借りるばかりで、借りて読んで気に入ったものを買うというパターンになってますが、私もせめてサクラで本屋さんに立ち寄ろうかな・・。本屋さんに限らず、なぜか私が入ると混みだしたりするんです。本屋さんにはいつもの立ち読みの人って思われてしまうかもしれないけど^^;
2010年03月06日 22:44
>香桑さん。
サクラ効果!そうか、経済難でもそれなら出来ます!
あちこちの本屋さんに出没して、時々購入…なら、私にも可能かも♪
頑張って、本屋さん通いしまっす!

>苗坊さん。
短編で、シャキシャキと進む日常の謎の方が、楽しかったです。
「BOOKOFF」でアルバイトされてたんですか~!
本にかかわるお仕事って、いいですよねぇ!
新しいお仕事、頑張ってくださいね♪
2010年03月06日 23:09
>すずなさん。
「君と語る永遠」、涙腺緩みますよねぇ!
私もちょっと、うるっときました。(←あんまり泣かない人です)
次の『平台がお待ちかね』で、いったんシリーズ止まってるんですよね~。
私も続編希望です♪

>juneさん。
本屋さんでのお仕事に、憧れを抱いちゃいますよね~!
おお!juneさんは集客力のある方なんですねぇ!良いなぁ!
ERI
2010年03月08日 01:19
こんばんは♪このシリーズは、やっぱり短編がいいですよね。
本屋さんって、重労働ですよねえ。私は図書館で働いておりますが、腰を痛める人が多いです。本って、殺人的に重いんですよねえ・・。私も本が大好きなんで、その点では楽しい職場ですが。本屋さんで利益を出そうと思ったら、ほんとに大変だと思います。
私も、水無月・Rさんを見習って、なるべく近所の本屋さんで本を買うようにしたいと思います(>_<)
2010年03月08日 22:27
ERIさん、ありがとうございます(^^)。
かな~り昔に、雑誌配本のお手伝いをしたことあるんですが、確かにあれは想像以上でしたね(笑)。家庭画報は、ホント冗談じゃなく重い(^_^;)。
いや・・・基本図書館ヘビーユーザーです。読みたい本全部買ってたら、家計はソッコーで破たんしますから。
でも、買うときは、ネット本屋さんじゃなく、リアル本屋さんにしよう!と思っちゃいますね、成風堂シリーズ読んでると。
2010年03月13日 19:12
こんばんは^^
水無月・Rさんのブログ読んでたらまたこのシリーズ読み返したくなっちゃいました。

ほんと、本屋さんって大変そうですよね…でもいつかバイトでいいから働いてみたいところです。そんなこと言いつつ最近もっぱらネット本屋ばかり利用していて後ろめたいんですが^^;だ、だってコミックばっかり充実して、全然文芸書ないんだもの!!
でもこれからはどんどん店頭注文とかして、売上に貢献していきたいです♪…いや、かえって迷惑なのかしらん。どうでしょうねえ……
2010年03月13日 22:43
まみみさん、ありがとうございます(^^)。
あ~、私も「お取り寄せ注文って、手間かかるから逆に迷惑かな~」と、店頭にない分はネットで買ってます。どっちがいいのでしょうね(^_^;)。
次作『平台がお待ちかね』の次は、まだ出てないんですよね・・・。出るのかなぁ、出てほしいなぁ。

この記事へのトラックバック

  • サイン会はいかが?:成風堂書店事件メモ

    Excerpt:  大崎 梢 2007 東京創元社 書店限定名探偵のシリーズ3作目。2作目『晩夏に捧ぐ』は長編だったが、今度は短編集で、1作目の『配達あかずきん』の雰囲気が蘇る。この作者は、やっぱり本屋さんを描くところ.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2010-03-05 22:36
  • サイン会はいかが?―成風堂店事件メモ 大崎梢

    Excerpt: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。 「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きた.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-03-06 01:04
  • サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ(大崎梢)

    Excerpt: 成風堂書店シリーズ3作目。 前作の長編から短編集へ戻り、舞台も成風堂書店へ戻った。前作は、いまいち評判が宜しくなかったんだけど、私はそうでもなかったんだよね。でも、これを読んだら、「やっぱ成風堂書店.. Weblog: Bookworm racked: 2010-03-06 10:29
  • 「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 」大崎梢

    Excerpt: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ シリーズ3冊目は短編集です。長編もおもしろかったけれど短編の方がさらりとテンポもよくて好きです。 このシリーズを読んで思うのは、本屋さんの仕事って本当に.. Weblog: 本のある生活 racked: 2010-03-06 13:33
  • サイン会はいかが?(威風堂書店事件メモ) 大崎梢 東京創元社

    Excerpt: 人気シリーズになりましたね。 威風堂でも、この本は売れているのかしらん。 前回の長編から、一作目と同じ形式の短編に。このほうが、やっぱり 面白いですね。このミステリーの魅力の半分くらいは、本屋さ.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2010-03-08 01:13
  • 「サイン会はいかが?」 大崎梢

    Excerpt: サイン会はいかが?posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.26大崎 梢著東京創元社 (2007.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2010-03-13 19:25