『ケルベロスの肖像』/海堂尊 ◎

あの【バチスタ・スキャンダル】から約3年・・・。
海堂尊さんの描く、『バチスタシリーズ』の最終章となりました。最終章か~、結構残念だな~。
本作『ケルベロスの肖像』では、今までいくつもの作品に出てきた色々なキャラクターが、東城大学医学部付属病院に所属する「Aiセンター」グランドオープンを巡って、熾烈な戦いを繰り広げます。
勿論主人公は、我らがアンラッキー中年・田口センセ。しかし、田口センセも成長&出世したなぁ(笑)。
とはいえ、〈桜宮サーガ〉は、まだ終わってないですよね♪
まだまた、描かれていないエピソードもいっぱいあるし。楽しみにしてます♪

私が海堂作品で最初に読んだのが、『螺鈿迷宮』
あの作品で表出した桜宮家の怨念が、巡り巡って、まさかこのラストを迎えようとは…海堂さん、凄いです。
ていうか、桜宮市と東城大学医学部付属病院、因縁の伏線張り巡らされ過ぎ(笑)。過去から現在、未来へ、こんだけ伏線張られてたら、ちょっと誰かが想定外の動きをした途端、ブチブチと糸が千切れ、歴史は反転しちゃうんじゃないかしらん(^_^;)。

さて、前作『アリアドネの弾丸』でAiセンター長に祭り上げられてしまった田口センセ、本作でも、新登場の濃~いキャラ・東堂に振り回され、高階院長に嵌められ、散々っぱら大変な目に遭いまくりです。まあ、アンラッキー中年の本領発揮、と言ったところでしょうか。田口センセってホントに、危険察知能力が異常に高いのに、何故か回避できないどころか自ら巻き込まれ、翻弄され、毎回ひどい目に遭いますよね(笑)。それでも何故か事態は収束し、痛い目に遭った分出世したりするんですが。

今作でも、いろんなことが同時多発的に起こったので、全然ストーリーを追える気がしません(笑)。
なんせ、主要登場人物全員、キャラが立ちすぎ(^_^;)。全員が二つ名と、強烈な個性と常人には想像もできないような高い能力を持ち、割と〈フツウ〉な田口センセの鼻づらを引き回すんである。もちろん田口センセよりも〈フツウ人〉な私なんぞ、ついていくのも息絶え絶え(笑)。
なので、系統立てることすらできないまま、ずらずらと思いついたことを書いていこうと思います。

今作初登場の東堂教授。
…かなり昔のアメリカンコミックの日本訳ですか、このヒト(笑)。自分のことを「ミーは」っていう人、初めて見ましたわ~。しかも、女子高生とメル友になってたせいで、日本語がギャル語になる傾向アリ。だけど、世界的権威なんですよねぇ…。
それから、白鳥の新部下のアリジゴク・砂井戸には、驚いた。え?こんな仕事できない(やらない)人でも、公務員ならクビにならないんだ・・・!公務員試験に受かったら、後は何でもアリなんだ・・・。信じらんな~い。
だけど、そのあまりの仕事の出来なさで、最後の逆転が出来ちゃったんだから、凄いよね。いや、凄いのは砂井戸のキャラを考え付いて白鳥の部下に配置した、海堂さんだけど。
砂井戸が何とか書類を仕上げて、白鳥が万歳三唱せんばかりに送り出して・・・・ってとこで私は思いましたよ、「白鳥!最後の詰めが甘いッ!書類が最終点を通るまで何が起こるか分からんのに!」って。
で、実際起こったがな(笑)。起こって良かったんだけどさ~。砂井戸が書類を通しきれない、この点に関してだけは、私の読みは白鳥を上回った!な~んてね(笑)。

廊下トンビ・兵藤も健在で、私は嬉しかったですよ。兵藤はトホホですからねぇ(笑)。全身のかゆみを訴えて不定異愁訴外来を訪れた患者・さんとその担当医の兵藤のシーンで、あっさり田口センセに騙されて「まずは味方から」とか言われちゃうところが、トホホだわ~。兵藤、そこそこ有能な医者のはずなんですけどねぇ(笑)。

高階院長の、2つの後悔『ブラックペアン 1988』の事件と、桜の若木を引き抜いた事件(多分『スリジエセンター 1991』>)。この二つの後悔は、〈桜宮サーガ〉の根幹をなす事件なわけですが、そうすると田口センセはこのシリーズの表主人公で、高階院長が裏主人公、っていう感がありますねぇ。私、ジェネラル・速水よりも腹黒ダヌキ・高階院長派なんで高階院長が暗躍(表立っても活躍するけど)する展開、大好きです。

ちなみに、田口センセが東堂の口車に乗って(嵌められて?)、マンモスMRI[リヴァイアサン]輸送の際に戦車に乗ることになってしまい、実際すっごく脚光を浴びながら戦車の上で敬礼する(一日入隊して階級までついてしまう)シーン、ニヤニヤ笑いが止まりませんでした。へぇ~、田口センセ、戦車好きだったんだ~。意外~。

しかし、Aiセンター炎上のシーンの終わりの方、煙が充満していてよくわからなかったですね。「逃がさないわよ、小百合」は、誰の声だったのか?天馬は何を見たのか?
碧翠院と同じ設計のAiセンター、設計したのはマリツィア。マリツィアの母の旧姓は城崎。過去炎上したでんでん虫と、今回崩壊した硝子のでんでん虫。因縁が深いなぁ。

最後に、病院長代行を引き受けた後、黒崎教授や看護師の藤原さんや兵藤が雪崩を打って部屋に乱入するところ、実に楽しかったです。そうなんですよねぇ~、表立っての仕事ややり取りだけじゃなく、裏の情報網って大事だし、黒崎教授みたいに実力者だけどアンチな人物だって協力してくれるんですから、田口センセって、人望あるんですよ。何となく、みんなが助けてあげたくなっちゃう。たぶんね、高階院長や速水みたいな切れ味鋭い異能の人物よりも、人の良さや誠実さを持ち周りの助力を得やすい田口センセのような人が、今後のこの病院に必要とされるってことでしょうね。
田口センセって、燦然と輝くカリスマはないけど(ごめんね田口センセ)、地味ながら真摯で誠実で、最終的にいろんな人のためを思って行動できる、優しさや強さがある。
田口センセが病院を再建する物語も、読みたいなぁ。この後『モルフェウスの領域』へつながるコールドスリープの業務委託をすればいいっていう提案が、白鳥から出ましたし。

あ~、やっぱり気になる!色々気になる!
〈東城大学医学部付属病院〉はいったん解体されることになるから、ここでシリーズ終了、でもいいんだけど、再生の物語は新シリーズでどうでしょう、海堂さん!『医学のたまご』で、田口センセは教授に、高階〈元?〉院長は学長に出世してるんで、その辺の経緯を是非・・・!

(2013.03.05 読了)

ケルベロスの肖像 [ 海堂尊 ]
楽天ブックス
海堂尊 宝島社発行年月:2012年07月 予約締切日:2012年07月04日 ページ数:375p サ


楽天市場 by ケルベロスの肖像 [ 海堂尊 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゅずじ
2013年03月07日 18:30
白鳥・田口のコンビがこれで読み収めなんでしょうかねぇ?
でもいろんな医療委員会に顔を出してるし、またきっとひょっこり出てくるんでしょうねぇ。
スペシャル的に(^^ゞ
2013年03月07日 22:03
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
田口&白鳥は読み納めなんでしょうか・・・?
田口センセが高階院長を上手く扱えるようになったから、白鳥から免許皆伝が出ちゃったのかもしれないですねぇ(笑)。
コンビは解消でも、時々遭遇してはいろいろやり取りしてくれたらいいなぁ、って思います。
2013年03月11日 12:44
辛口感想にTB&コメントありがとうござました。なんだか申し訳ないような^^;;;

で、辛口だったんですけど、水無月・Rさんのレビューを読んでたら、「たしかに登場人物みんなキャラが立ってたなぁ」とか「砂井戸、すごかったよなぁ」とか思い出されて、私ってば残念な読み方してたかも…と思ってしまいました;;;もうちょっと視点を変えれば楽しめたのかもしれませんね。そう思うと残念に思えてきてしまいました^^;
2013年03月12日 18:02
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
いやぁ、確かに「壮大な桜宮市の歴史&全国の医療問題」の物語になっちゃって、一見さんには優しくない作品群ですもんね、海堂作品(^_^;)。
どっちかというと私は、〈週刊誌でゴシップ記事を読む〉ような感覚(笑)で読んでます。
へぇ、あの人こんな裏側あったのね~、とか。
なんせ、みんなキャラが立ってますんでね♪

この記事へのトラックバック

  • 【ケルベロスの肖像】(海堂尊)を読了!

    Excerpt: 鮮烈デビューした、あのバチスタシリーズがついに完結編!  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】「八月、東城大学病院を潰す」―― 東城大学病院に送られてきた謎の脅迫状。高.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2013-03-07 18:28
  • 「ケルベロスの肖像」 海堂尊 著 レビュー

    Excerpt: 「ケルベロスの肖像」   海堂尊 著  内容 田口&白鳥シリーズ最終巻! 「東城大学病院とケルベロスの塔を破壊する」――東城大学病院に送られてきた脅迫状。高階病院長は、院内の厄介事を一手に引き受ける愚.. Weblog: 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! racked: 2013-03-09 22:06
  • ケルベロスの肖像(海堂尊)

    Excerpt: 「バチスタ・シリーズ」最終巻。 Weblog: Bookworm racked: 2013-03-11 12:32
  • 海堂尊の医療エンターテイメント

    Excerpt: 海堂尊は医師兼作家。桜宮市という仮想の都市を舞台とした医療ミステリー(本人によると医療エンターテイメント)『チーム・バチスタの栄光』『ジェネラル・ルージュの凱旋』は映画化、テレビドラマ化もなされた。小.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2013-11-26 07:24
  • 【桜宮サーガ大団円】ケルベロスの肖像

    Excerpt: 田口「この程度でギブアップか? お前の野望はそんなチャチなものだったのか」(347ページより) Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2013-12-08 18:34
  • 田口・白鳥もついに

    Excerpt: 小説「ケルベロスの肖像」を読みました。 著者は海堂 尊 田口・白鳥シリーズ6作目にして、最終章 ということになりますね 今回は謎がありつつも、前作ほどのミステリ感はなく 会議、討論がメインとなり.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-01-25 17:28
  • 「ケルベロスの肖像」海堂尊

    Excerpt: 20年前の事件が新たな事件引き起こす。 「チーム・バチスタの栄光」シリーズはまだ続いている。   碧翠院桜宮病院の焼失で生き残った人物がいる? 東城大学医学部に脅迫状が送られてきた。 高階の命令に.. Weblog: りゅうちゃん別館 racked: 2014-06-28 16:56
  • 海堂尊の医療エンターテイメント

    Excerpt: 海堂尊の医療エンターテイメント【更新】リンク更新 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2016-08-26 17:54
  • 海堂尊の医療エンターテイメント

    Excerpt: 海堂尊の医療エンターテイメント【更新】『カレイドスコープの箱庭』追記 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2017-01-16 18:54