水無月・R的・2016年読了作品 ベスト10!

今年読了できた作品は、64作品。
おお~、久しぶりに平均週1冊以上読めてる!嬉しいです~♪
もちろん、よその読書ブロガーさんのレベルには、全然届いてないんですけどね(^^;)。
作品数ももちろんのこと、内容レベルの低さはもう(笑)。
まあ、その辺は、致し方ありませぬ。
そして、相変わらず〈読みたい本リスト〉は長くなるばかりなんですよねぇ。

64作品、様々な作品・作家さんの描く世界を、楽しんできました。
ホントに、素晴らしいなぁ。読書、私の生活から外すことなんて、絶対にできませんねぇ♪

トラックバックやコメント、おすすめ作品の紹介を下さった皆様方、ありがとうございます!
皆様のおかげで、水無月・Rはより楽しい読書生活を送れています~

それでは、年末恒例の年間ベスト10発表をいたしま~す!

で・す・が、もちろんのこと♪
水無月・Rにとって、有川浩さんは絶対!絶対的な別格!なんで、有川作品はランキングには含んでおりませぬ♪
ランキングを超越した萌えの女神降臨ッ
誰にもツッコミは入れさせない!
そしてもう、誰もツッコむはずもない(真顔)!
有川作品につきましては、ご興味のある方は有川作品INDEXから各記事へどうぞ~♪
・・・ただし、ホントに萌えの無法地帯ですので、自己防衛の準備は万全にされてから、お進み下さいませね(^_-)-☆。


〈水無月・R的・2016年読了作品 ベスト10!〉
河童ネタに大爆笑!畳みかける笑い。しをんさん、大好きだ~!
2位 『ロバのサイン会』 吉野万里子
動物たちみんなが、健気で一途で。胸がいっぱいになりました。
いやいやいや・・・。歌野さん、さすが過ぎて、言葉がなかなか出ません!素晴らしい!
4位 『羊と鋼の森』  宮下奈都
ささやかな日常を、何か一つでいいから丁寧に大切に生きていきたいと思わせてくれた、本当に美しい作品。
ファンジャイなエリンギ部長の過去が、衝撃。気になることも増えたので、続編希望!です。
6位 『書楼弔堂 ~破曉~』 京極夏彦
京極作品は、相変わらず凶器レベルの製本(笑)。あちこちと繋がりそうで、読みたい本リストが長くなりました。
7位 『スティグマータ』 近藤史恵
陰謀と猜疑が渦巻く、ツール・ド・フランス。〈物語〉は、人を惹きつける。
8位 『空棺の烏』 阿部智里
あの可愛らしかった雪哉はどこに(笑)。大きく広がるシリーズの学園もの。
9位 『ラブレス』 桜木紫乃
それでも生きていく。〈忍耐〉と〈思い切り〉で、自分の人生を選択してきた女たちの物語。
香織と早苗の武士道は、ずっと続いていく。揺るぎなく。

今年も、迷いに迷ったベスト10です。
まず、10作品選ぶのが大変(笑)。そしてその中から順位をつけるのが、また大変。
メモ用紙にタイトルを並べ、ああでもないこうでもない、いやこっちがよかったか、でもあっちも・・・と呻吟すること数日。
自分のレビューを読み直しては、作品を思い出してニヤニヤしたり、ほっこりしたり、どきどきしたり。
今年読んだ作品を振り返って、ああ・・・今年も読書生活的に、よい年だったなぁと思いました。
様々な作品と巡り合い、物語の世界を堪能し、時に現実を反省したりもし。色々なことを考えるきっかけにもなりました。
やっぱり、読書が大好きだなぁ。

今年初めて読んだ作家さんで、好みのど真ん中に直球投げ入れてきたのが、山白朝子さん。
余韻の深い、儚き耽美な物語。生と死の影が付き纏う、仄暗い作品世界にすっかりはまりました!まだこの3作品しか単行本化してないようですが、もっと読みたいですねぇ。

昨年のベストコミックスに入れていた、西造さん&世叛さんの新作『遠くの日には青くⅡ』。 
美しく儚く、透明な青さを感じる短編集です。〈プリシリーズ〉は何度読んでも泣けます。3巻はいつ出るのかしら。もちろんタテ読み「comico」でも読み続けますけど♪

話題の作品をリアルタイムで読みたいと思うこともあるのですが、それをやってると経済的に成り立ちませぬ(笑)。〈読みたい本リスト〉もなかなか進んでませんしね(追加される書名の方が多い(^^;))。まあ、来年も自分のペースで、楽しく読書していきたいと思います。
願わくば、今年ぐらいのペースはキープしたいですねぇ。

この1年の、素晴らしい物語の数々と皆様に、感謝を込めて。
そして来年も、私と皆様に、素晴らしい物語との出会いがありますように。

来年も、是非に是非に宜しくお願い致します。
ではでは皆様、少々早いのですが、よいお年をお迎えくださいませ!
来年もまた、いろんな本のお話が出来たら、うれしいです♪
よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2016年12月30日 00:45
こんばんは^^私も今年のベスト10の記事をアップしましたので早速お邪魔しました~。
1,4,5,8,9位が既読でした。半分ですね^^どの作品も大好きです!!しをんさんの作品が1番でしたか!「細雪」のオマージュだと聞いていましたが、河童のくだりには私も笑いました。しをんさんならではでしたね~。そして山白朝子さんの作品も大好きです^^特にこのシリーズは大好きなのでまた出してほしいなと思います。
今年も色々な本のお話が出来て楽しかったです。来年もたくさんお話しできたらと思います^^よろしくお願いいたします!
latifa
2016年12月31日 13:46
こんにちは!
しをんさんのが1位でしたか^^
面白かったですもんね。
このランキングで、私が読んだことがあるのは、1,4、9だけなので、他の本も是非読んでみたいです。

それと、私も山白さんの小説好きです。
リンクで、『私のサイクロプス』が、なぜか私がやると、エラーになっちゃいます・・。

来年もよろしくお願いします(^o^)丿
2016年12月31日 20:47
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
ええ、しをんさんはもう、ホントたまりません(笑)。河童ネタは、思い出すたびにニヤニヤしてしまいます。
山白さんは3作品とも最初のランキングに入ってたので、「これは別扱いにしてもいいかな」という感じで取り上げました。
『エムブリヲ~』のシリーズ、また読みたいですね♪

こちらこそ、いろんな本のお話ができて、楽しかったです。ありがとうございます!
来年も、よろしくお願いします♪
2016年12月31日 22:43
lateifaさん、ありがとうございます(^^)。
私のベスト10、興味を持っていただけてうれしいです!
『ロバのサイン会』、すごくお勧めです~♪
連作短編なので、けっこうサクサク読めますよ!
『校閲ガール』シリーズも、ぶはぶは笑えちゃいますんで、いいですよ!

山白さんの作品、生と死の境が曖昧になる感じがすごくいいですねぇ。私、こういうの好きなんで、来年も山白作品が読みたいです!
リンクの件、こちらから確認してみますね。

来年も、本のお話をたくさんしたいです。
よろしくお願いします!
yori
2017年01月02日 15:45
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
6位の京極氏は新シリーズでしょうか。
元 京極フリークとしては、とても気になります 笑 
2017年01月02日 20:06
yoriさん、あけましておめでとうございます(^^)。
今年もよろしくお願いします♪

『書楼弔堂』は、たぶんシリーズですね~。
先日『書楼弔堂~炎昼~』という作品が出ましたね。リスト入りはしてるのですが、たどり着くのはだいぶ先になりそうです(笑)。
2017年01月10日 05:33
あけましておめでとうございます!
10冊のうち8冊が既読でした。結構、被っててなんだかとっても嬉しいです~♪
未読のうち2位の吉野作品はアンソロジーで読んで面白かったので読もうと思ってたのですが、そのままになってたことを思い出しました(^-^;今年、前半に読みたいです。

今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m
2017年01月10日 15:14
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
8冊も既読でしたか~!さすがですね♪
『ロバのサイン会』、泣けたりほっこりしたり、とっても良いです~。動物たちが健気で、たまりません!是非に♪

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック

  • 2016年読書記録と今年の反省

    Excerpt: 2016年ももうすぐ終わりますね。 毎年言ってますが1年早すぎ!今年は何だかいつも以上に早く感じたなー! 2016年だという自覚がないまま終えるような気がします^^; 昨年はV6の2 ... Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2016-12-30 00:42
  • 年末年始のご挨拶と、2016年おもしろかった本ベスト3

    Excerpt: 年末年始のご挨拶と、2016年おもしろかった本ベスト3 Weblog: ポコアポコヤ racked: 2016-12-31 13:41
  • 31冊の本と14本のライブ

    Excerpt: 毎年 歳の終わりに書いていることだが 年に12本のライブと50冊の本を読むことを 自らの趣味の課題としている ここ数年 毎年のことだが 音楽の方は少々オーバーワーク そして読 .... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2017-01-02 15:41
  • ◆2016年の読書まとめ

    Excerpt: あけましておめでとうございます。 今年こそは!最後まで息切れせずに記事UP出来るようにしたいと思っています。 本当にダメダメなブログ主ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 Weblog: Bookworm racked: 2017-01-09 12:48