『転生!太宰治 ~転生して、すみません~』/佐藤友哉 〇

なんで佐藤友哉さんが、太宰の転生モノを書いたんだろう・・・?という疑問から、この『転生!太宰治 ~転生して、すみません~』を読み始めたんですが、そんな疑問はどうでもいいぐらい、面白かったですね。
これは・・・分類的にはライトノベルなのかしら。表紙のイラストは明らかに、ラノベです。でもちゃんと、太宰の顔なんだよねぇ(笑)。
読んでみた結果、私の疑問の方は、全然解決しませんでした(笑)。

玉川上水で心中死したはずの太宰治が、何故か三鷹の街をさまよっているところから、物語は始まります。
とあるコンビニにずぶ濡れのまま迷い込んだ太宰は、現在が2017年だと新聞の日付から気づき、本能的に眠気に襲われ、その場に倒れる。

まあ、ここまではいいんですけどね、何故か次に彼が目覚めると、とある成金の家で、そこの家の下の娘・乃々夏(女子高生)が目の前に。
コンビニで倒れた時に隣にいた女(成金の家の長女)が、彼をこの家に連れてきたという。
いやいやいや、普通コンビニで隣で立ち読みしてた男が倒れたら、自分の家には連れてこないよね?店員に報告して、救急車呼んでもらうよね?
ここの家の長女、おとなしそうに見えてどっかズレてるようですよ・・・。
ズレついでに、太宰にそそのかされて心中未遂起こしちゃうし。
収監された病院から脱出した太宰は乃々夏に再会し、姉からの金だという50万も受け取り、更に乃々夏からカプセルホテルを紹介される。
カプセルホテル暮らしをしながら、彼の平成生活が始まるんだけど・・・、順応速いな、太宰!(笑)。

平成の世には、どうせもう自分の著作などないのだろうと本屋に行ったら、自分の作品がたくさんあることに大喜びしてたくさん買い集めたり、ラノベの〈転生モノ〉を読んで実録だと思い込んだり、メイドカフェに迷いこんで萌えに踊ったり、芥川賞のパーティーで騒ぎを起こしたり、乃々夏に再会してインターネットを教えられたり、乃々夏を教育して芥川賞目指したり。
アクティブだなぁ、太宰よ・・・!(笑)。

正直言って私、あの時代の文豪作品ってちょっと苦手でして(だって大概、主人公がメンドクサイ)、太宰作品もそんなに読んでないので、この作品の文章が太宰風なのかは、正直よく分かりません。ただ、文章から立ち上るメンドクサイ男感は、すごくソレらしい気がしました。かつて志賀直哉と揉めたことや、芥川賞を取り損ねたこと、師匠の井伏鱒二や佐藤春夫に脳病院送りにされたことなどを、恨んでグズグズ言ってる辺り、・・・恥と自己顕示欲と傲慢が入り乱れてて、すごく昭和文豪っぽい(笑)。
そうかと思えば、電気屋で「インターネット下さい」と言い放った末にパソコンを手に入れ、カプセルホテルで知り合った大工の手ほどきを受けてネットを使い始めるや否や、検索しまくりで色んな事を知ったり。ただし、知ったことを自分なりに解釈したりするので、だいぶズレた知識だったりもするんだけど(笑)。

でも、なんだかね、愛おしいんですよ、この太宰。典型的ダメ男なんですけど、基本、優しい。甘いとも言えるけど。
好きになって、一緒に心中したいかというと、たぶんならない(笑)けど、ダメ男のナイーブさはちょっと「よしよし」ってしてあげたくなるかもしれない・・・あらまあ、私もずいぶんオトナ(オバハン)になったものだわ。

まあ、ちょっとご都合な展開もあるし、50万でそんなに散財してるのに、いつまでもカプセルホテル生活ができるのか?という疑問もあったりするけど、まあその辺は〈転生〉というファンタジー世界なので、アリってことでいいかな・・・って気になって来ます。
成金家庭で息苦しく生きてた乃々夏をプロデュースして、エッセイ作家デビューさせ、いずれは芥川賞作家に・・・。
さてさて、太宰の野望は、実るのかしら。
しょっちゅう死にたがり、自殺未遂・心中未遂を繰り返し、転生してもさっそく心中未遂してた太宰だけど、この物語の最後を
~~死のうと思っていた。
  でも、私は、生きる。
  こんどの夏までは生きようと思った。~~(本文より引用)
と宣言して閉じています。なんだか、輝かしい感じがしてきて、楽しい終わり方じゃありませんか。
昭和の太宰より、平成の太宰(ただしもうすぐ平成も終わりますな)のほうが、パワーアップしてそうです。
ホントに、乃々夏を芥川作家にしてしまうかも(笑)。

(2019.01.14 読了)

転生! 太宰治 転生して、すみません (星海社FICTIONS) [ 佐藤 友哉 ]
楽天ブックス
星海社FICTIONS 佐藤 友哉 篠月 しのぶ 星海社テンセイ! ダザイオサム テンセイシテ、スミ


楽天市場




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック