『魔王城でおやすみ(3)』/熊之股鍵次 ◎コミックス

人間界に帰る気全くナシのスヤリス姫、今日も元気に魔王城を徘徊中です。
いいのかそれで(笑)。いいんだよね、それで。だって、面白いんですもん。
熊之股鍵次さんの〈魔王城でおやすみ〉シリーズ第3巻、『魔王城でおやすみ(3)』ですよ。本作も全力で快眠を求める姫と、それに振り回される愉快でトホホな魔族たちが、面白すぎてニヤニヤしちゃいましたよ。

いやもう、どうして「ただひたすら快眠を求める」というネタでこんなのバリエーションが出てくるのか。作者さん、天才ですなぁ。
本作でも、「怠惰の魔具、コ・ターツ」(←人間界でも怠惰の魔具だよねぇ(笑))を復活させてしまったり、蘇生の時にネコスタンプ(魔族)と混じっちゃったり、ハーピィちゃんと一緒に寝てみたり、魔族の闇のミサ(クリスマス?)に潜り込んだり、寝正月で太っちゃったり、エリアボスである女性魔族・ネオ=アルラウネと関わったり・・・。
どのエピソードも、おもしろくって、たのしくって、にやにやが止まりません!!

だいたい、魔族の皆さん、姫大好き過ぎでしょ(笑)。姫の傍若無人な振る舞いに困らされても、乗り物代わりに乗り回されても、大事な武器や道具を取り上げられた上に魔改造されても、みんな姫のために我慢できちゃうというか、甘やかしちゃうというか。
さすが〈王族たる姫〉、なのかもしれませんなぁ。〈愛されスキル〉が全開なんですわ、きっと(笑)。

前作で「体だけを求められた」ハーピィちゃん、今作でも「雲のベット作成」のために、いいように利用されてます。姫も分かっててやってるんだから、ホント怖ろしい子!!でも、今回はちょっとは報われた?かな?ていうか、ちょろすぎるんだよねぇ、ハーピィちゃん(笑)。

さて、今作では『秘密の花園』のエリアボスである女性魔族・ネオ=アルラウネが、初登場。
ナイスバディな美人さんなんですが、「攫われてきた姫がかわいそうですわ!」を主張する彼女に魔王様たちが見せた映像は、「姫により、ネオ=アルラウネの兄がログベットにされるべく切り刻まれている」というもの。それでも〈かわいそう説〉を頑なに守ろうとすればするほど苦しくなり、現実から目を背ける羽目に。
やだもう、この人素敵(笑)。珍しく、女性のトホホに萌えましたわ、私!・・・また出てきてくれないかしら。

他にも、子供に何かと食べさせたがる〈おじいちゃんな悪魔修道士〉とか、脱皮を強要される火山ツチノコとか、なんかもうみんな可愛すぎるデスよ!
そして不憫of不憫、魔王様に至っては姫に「縛られたまま」寝かしつけされ、床に放置されるという・・・。

なんていうか、姫がどんなことをしても受け入れてしまう魔族の皆さんの懐の深さと優しさが、微笑ましすぎてたまりません。なんて素敵な奴らなんでしょう!今後も楽しみでなりません。

(2019.02.24 読了)

魔王城でおやすみ (少年サンデーコミックス) [ 熊之股 鍵次 ]
楽天ブックス
少年サンデーコミックス 熊之股 鍵次 小学館マオウジョウデオヤスミ クマノマタ カギジ 発行年月:2


楽天市場



水無月・Rの〈『魔王城でおやすみ』シリーズ〉記事
『魔王城でおやすみ(1)』
『魔王城でおやすみ(2)』
『魔王城でおやすみ(3)』 (本稿)
『魔王城でおやすみ(4)』
『魔王城でおやすみ(5)』
『魔王城でおやすみ(6)』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック