『ブラックペアン1988』/海堂尊 ◎

あの【バチスタ・スキャンダル】から遡ること約20年・・・。
1988年、バブル景気に日本中が踊らされていたころ。東城大学医学部付属病院に、嵐のきっかけとなる講師が赴任してきた。小天狗とも阿修羅とも呼ばれ、高い外科技術を持つその男・後の院長となる高階である。これは、高階を指導医(オーベン)とする1年目研修医(ネーベン)・世良の経験した、東城大付属病院に吹き荒れた嵐の物語。
現在の医療界の問題の萌芽は、すでに、この頃から見られていたという・・・。

『チーム・バチスタの栄光』を始めとする東城大学医学部付属病院および白鳥&田口シリーズの、海堂尊さんの描く、過去の物語です。バチスタシリーズでは老獪だった高階院長が、結構熱血です。黒崎教授がまだ助教授で、藤原看護師が手術室の婦長で、千里眼眠り猫・猫田が主任で、ハヤブサ・花房が新人看護師。うぉぉ~。そりゃ~そうだ、約20年前だもの。しかも、期待は外すことなく、速水&島津&田口のトリオは研修中の学部生としてちょっとだけですが、出てきますよ。残念だったのは白鳥が出てこなかったことですが、ここで白鳥が出てきたら、出来過ぎだもんね。あ、でもナイチンゲール・水落冴子の歌がちょっとだけ出てきましたね、「ラプソディ」。

バチスタシリーズでは結構笑い処があったのですが、今回はシリアスですな~。視点が新人医師の世良だからでしょうか、それとも舞台が生死に常に直面する外科だからでしょうか。すごく手術シーンが多く、がん細胞摘出とか血液噴出とか新兵器「スナイプAZ1988」とか、・・・とにかく「おお~、医療界小説だ!」って感じです。手術器具の名前もいっぱい出てきましたねぇ。ペアンとか把針器とか。どっちも知らなかったですよ。でも、素人でも分かる(分かった気になれる?)手術描写で、全然OKでしたね。

タイトルの『ブラックペアン1988』は、佐伯外科教室のトップ・佐伯教授の特注医療器具・ブラックペアンから来ています。なぜ、佐伯教授はブラックペアンを使うのか。闇を吸い込むかのような、ひっそりとした黒さを放ち、物語の中心部にたたずむ、ブラックペアン。

緊急性の高い修羅場に手腕を発揮する、天才的技術を持つ医師・渡海。スナイプと高い技術で次々と手術をこなしていく、高階。二人の間で揺れながら、新人医師のホープとして成長してゆく、世良。佐伯の院長選出馬。他大学との意地や体面の張り合い。渡海の父と佐伯の確執。17年ぶりに現れた、患者。ブラックペアン。様々な要素が絡み合い、緊張の度合いが高まる中、時期を得てその企みは発動した。
佐伯と渡海の父の事件の真実。隠蔽される事実と、患者の命を救うペアン。
すべては、保身ではなく、患者を救うために。

うう~、全然書けない。何と言ったらいいのか・・・。海堂さんの物語は、医療従事者としての苦悩を描き出していますよね、本当に。その問題の深さは、私なぞ到底関わりえない世界で、こうして物語として描かれてるからこそ、その存在に気が付く事が出来る。

渡海が、佐伯外科教室の獅子身中の虫となり、佐伯に牙を剥いたその時、真実が明らかになります。残されたぺアンの理由。佐伯が手術の最後に必ずブラックぺアンを使うわけ。そして、ブラックぺアンが内包する、佐伯の矜持と悔恨。医療への深い思いが、非常に強く迫ってきました。

出来れば、渡海の行方も知りたいし、今後の世良の成長、田口センセたち3人の新人時代も知りたい。海堂さん、書いてくれないかな~。

あ、そうそう。田口センセのトラウマ(?!)は、ここにあったんですねぇ(笑)。でも、そのお陰で愚痴外来担当になり、白鳥とともに八面六臂の大活躍、東城大付属病院に欠かせない存在になったのですから、素晴らしいことで・・・。いや、私だって噴出する血液を浴びたら、トラウマになるよ!その後の3人3様のレポート、笑わせていただきました。世良先生もアタマ抱えるわな・・・(^_^;)。

(2008.03.02 読了)

ブラックペアン1988
楽天ブックス
著者:海堂尊出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:317p発行年月:2007年09月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ



"『ブラックペアン1988』/海堂尊 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント