『キノの旅Ⅱ-the Beautiful World-』/時雨沢恵一 ○

喋るモトラド(自動二輪車)と旅を続ける、パースエイダー(銃器)の有段者・キノ。キノが訪れる様々な国(地域)の物語の、連作短編。
水無月・R、確実に「ラノベの罠」に嵌っております(笑)。

『キノの旅Ⅱ-the Beautiful World-』
口絵「狙撃兵の話」
キノの師匠らしい女性と新しい弟子。
プロローグ「砂漠の真ん中で・b」
大笑いしながら、雨に打たれるキノ。
第一話「人を喰った話」
雪にはまり込んだトラックの連中を救ったキノだが。
第二話「過保護」
体面と過保護が交錯する夫婦喧嘩。
第三話「魔法使いの国」
飛行機に乗って空を飛んだ女が、魔法使い扱いされる国。
第四話「自由報道の国」
まるでキノのような旅人が、事件を起こした国の新聞報道。
第五話「絵の話」
絵描きの意図と誤解される作品。
第六話「帰郷」
平凡な自分の国が嫌で出奔しした男が、故郷の良さを思い知り戻ってくるが。
第七話「本の国」
本を読んで批評し合う国民たち。彼らは生み出さない。
第八話「優しい国」
旅人に冷たいという評判の国。が、キノが訪れた時全く違う状況に。その国の優しさの真実とは。キノがパースエイダー「森の人」を手に入れた経緯。
エピローグ「砂漠の真ん中で・a」
プロローグの少し前。砂漠で干上がる寸前のキノ。
特別編「続・絵の話」
亡国の王子・シズと喋る犬・陸がキノの訪れた国を、知らず来訪する。

それぞれの国は、「ひと」の醜さや弱さや美しさや優しさを切り取って、強調して描かれている。誰もが持っている、その光と影、甘さと苦さ。時雨沢恵一さんは、あっさりとして読みやすい文章の中に、鋭い皮肉を仕込んでいる。ついつい普通に読み進めて、後になってそのあっさりとしたグロテスクさ(あ~、表現が矛盾してる…)に気付くのだ。気づいた時にはもう遅い。さらっと流せなくなっている。

表紙を開いて、口絵(今回は物語付き)があり、目次があり、そして前文。
~~何が正しいのか?誰が正しいのか?
   何か正しいのか?誰か正しいのか?~~
 (本文より引用)
まさにそう。時雨沢さんの描く世界を端的に表した言葉だ。
ちょっとハマりすぎかな、という気もするのだけど。

ラノベの罠だ~と言いつつ、これからも読み続ける予定です。
キノが旅する国やその国民たちを否定も肯定もせず、あるがままに受け入れていくのが、とてもよい感じです。これから、どんな国を旅するのか。どんな経験をするのか。
キノとエルメスの、軽妙洒脱な会話がとっても面白い。どちらも少々ひねくれてるのが、楽しい。

今回、特別編でシズと陸がまた出てきました。きっとあちこちで、キノとすれ違ってゆくのではないかと、期待しています。だって、陸が面白いんですもん!「シズ様」をたしなめるあの口調!素敵すぎです。
そして口絵の物語では、たぶんキノの師匠と思われる女性が出てきました。キノとエルメスの会話からして、相当インパクトの強い人物のようです。この人の物語も読んでみたいです。もちろんキノ達との出会いも。

(2008.07.17 読了)
キノの旅(2)
楽天ブックス
The beautiful world電撃文庫 著者:時雨沢恵一出版社:アスキー・メディアワークス/


楽天市場 by ウェブリブログ



"『キノの旅Ⅱ-the Beautiful World-』/時雨沢恵一 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント