『海』/小川洋子 ◎

『夜明けの縁をさ迷う人々』を読んだ時に、【今日何読んだ?どうだった??】の麻巳美さんにお勧め頂いた、小川洋子さんの『海』
麻巳美さんのお勧めなら間違いなし~!と期待満々で読みました。
・・・おお~、素晴らしい!これはいいです、ホントに。

7篇の、ささやかながらも美しくまたたく、優しい物語たち。長さもテーマも全く違うのに共通しているのは、ちょっとだけ現実を踏み外したような、浮遊感。そして、暖かい優しさ。原初の海に抱かれるような、安らぎ。
現実とのブレが、優しく響く感じがして、とても心地よく読めました。

「海」
結婚の約束をした泉さんの実家を訪問した僕。現実と少しズレている、今はもう小さくない、「小さな弟」。彼の奏でる鳴鱗琴(めいりんきん)は、どんな音色なのだろうか。
「風薫るウィーンの旅六日間」
旅の同室の老婦人に付き合わされ、ウィーンの養老院を訪れた私。暖かな気持ちと、微笑ましいオチが、非常に快かった。
「バタフライ和文タイプ事務所」
・・・うぉ。直接的な表現はないのに、どうしてそんなに淫靡なんだろう。和文タイプのタイピストたちの蝶さながらの動きと、活字管理人の静かな存在感。新人タイピストと活字管理人のやりとりが官能的。
「銀色のかぎ針」
編み物をする老婦人から漂う、優しさと懐かしさ。
「缶入りドロップ」
バスを運転し続けてきた男の、幼稚園児たちへの優しいトリック。
「ひよこトラック」
口を利かない少女ともうすぐ定年を迎えるドアボーイの、無言の交流。縁日のカラーひよこを乗せたトラックと抜け殻蒐集。ただ一度聞いた少女の声は、本当のプレゼントになる。
「ガイド」
公認観光ガイドの息子が、母の仕事を助けて「題名屋」の老人と共に過ごした1日。その1日の思い出に付けられた題名は『思い出を持たない人間はいない』。母から報酬を得た少年は、以前母がなくしたガイド用の小旗を「シャツ屋」に依頼する。

どれも・・・美しくて暖かくて、心地よかった。
「海」の「小さい弟」が奏でる鳴鱗琴は、きっと高く澄んだ音を出すのだろう…いや深い海のようにひそやかな低音を響かせるのだろうか…それとも海を渡る風のように湿った歯切れのいい音なのだろうか・・・などと、とても想像力を刺激された。
幼稚園児をもつ母としては、「缶入りドロップ」の運転手さんのように、トリックなのだけれど優しさが漂う物語には共感と憧憬を感じる。
「風薫るウィーンの旅六日間」のオチには、苦笑しながらも気持のよい暖かさを感じたし、「バタフライ和文タイプ事務所」の淫靡なやりとり(というより新人タイピストの妄想がほとんど?)には赤面。

でも一番素晴らしかったと思うのは「ガイド」である。
母を思いやる、さりげなく優しい息子。息子を思う母(ちょっと過保護気味?)。少年を助ける母の友人「シャツ屋」(不完全なシャツを作って売っている)。プロの観光ガイドである母の熟練の技とその矜持をを踏襲しつつ、自分なりに「題名屋」をガイドすることで、一つの階段を上がった少年。「題名屋」からもらったその1日の記憶の題名。正当な報酬で、母のガイド用の小旗をシャツ屋に依頼する少年の心には、きっと母の凛としたガイド姿が、そしていつか自分もそうなりたいという思いが、輝いているにちばいない。
素直な少年がたった1日で清らかに成長するさまが、とても美しく描かれていて、気持ちが温まると同時に、物語の母が羨ましくて涙が出た。彼は、母の小旗のために、どんな生地を選ぶのだろうか。きっと、完ぺきにぴったりな布であるに違いない。

どの物語からも、優しい香りが漂ってくる気がしました。

(2008.10.22 読了)


新潮社
小川 洋子


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"『海』/小川洋子 ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント