『三匹のおっさん』/有川浩 ◎

なんか久し振りに、有川浩さんの新作品を読む気がするんですよね~。去年は8月から12月にかけて、毎月「DVD図書館戦争付録」があって、毎月ぎゃーひー萌えのたうってたので、なんか有川さん不足だった最近の水無月・R。もはや中毒(笑)。
本作『三匹のおっさん』も、ベタ甘ラブロマ路線ではないものの、ノリノリで一気読みしてしまいました。
やっぱ有川さんて、萌えの女神降臨!だわ~。
あちこちで「かっこいい!」「そう来るか!」「にゃにぃ~!」と奇声をあげながら読んでました。
もちろん、子供二人が学校行ってる間にね(笑)。

実を言うと、今回はホンのちょびっとだけなんだけど、困ったな・・・と思ってたのである。
いや、なんせタイトルに「おっさん」が入ってるでしょ?アラ還(還暦年代=60歳前後)なこの男性陣が、活劇つってもな~と、ちょっとだけ思っちゃったのですよ。
いや、だけど読んで納得、「60歳超えたからってジジイの箱に蹴りまれるなんざ、ごめんこうむる」という彼らの発言は、確かにそうだもの。
それに萌えもあるよ?おっさん萌え(笑)。喧嘩屋中年・玄田隊長に萌えられる人なら、キヨ・シゲ・ノリの3人組のカッコ良さは分かる!しかも高校生たちの「じれったい甘ラブ」もちゃ~んとあるし。
てな訳で、全然心配要らなかった!
すみません有川さん!やっぱ一生ついて行きますデスよ!(←迷惑)

定年退職し、嘱託でアミューズメント施設の経理監査をしている、剣道元師範・キヨ。居酒屋の元亭主で柔道家・シゲ。工場経営、機械なら任せろの頭脳派・ノリ。
この3匹のおっさんが、ご町内限定「正義の味方」として、様々な事件をばったばったと解決してゆく。
巨悪と戦う訳じゃなく、自分の手の届く範囲の人を助けるという、その手堅さがカッコイイ。
この3人にキヨの孫・祐希とノリの娘・早苗(高校は違うけど同級生)が時々加わって、物語は展開してゆく。

どこにでも起きそうな、だけど悪意の強い事件。三匹が解決してゆく事件は、こういう事件てあるよね、だけどこうやって読むとホント嫌だなぁ、ああ自分の身の回りも、結構イヤな危険があるんだなぁ~なんて危機意識が高くなります。
警察は民事不介入と知ってても、実際それ以外の選択を思いつきそうにない自分、まだ甘いなと思いました。

しかし、無敵に強いな~三匹のおっさんたち。武闘派のキヨ&シゲはもちろん、というより頭脳派のノリの方がある意味オソロシイ・・・(笑)。祐希が「三匹の中で最も危ねぇおっさん」扱いするだけあって、死なない程度に計算して一晩気を失わされる強化スタンガンやら、盗聴調べる機械やら、職質されて所持品検査されたらまずい代物をわんさか持ち歩いてるんである。
でも、3人とも真っ直ぐな信念というか、人としての正しさを持ってるから、全然怖くはない。たぶん私の知り合いにこんなおっさんがいたら、自慢できる。甘ったれる気はないけど、頼りに思える。

その3人の薫陶よろしく、祐希と早苗も人として爽やかで清々しい。是非、ウチの息子たちにも、こんなまっすぐで優しい少年に育ってもらいたいものだ、と思います。確かに茶髪でウォレットチェーンじゃらじゃらいわしてる、今どきの少年・祐希なんだけど、日和らない、甘えない、自分で考えて相手のためを思って行動できる。

祐希と早苗の高校生らしい、微笑ましいお付き合いに、高校生ラブは初々しくていいな~とか思っちゃう水無月・R、すっかり近所のおばちゃんか親戚のおばちゃん状態(笑)。
シゲ夫妻の「あうんの呼吸で分かるだろ」にちょっとだけ物足りなくて、不安な気持ちになっちゃう話も分かる。
ちなみに、キヨの奥さん・芳江さんが「三匹」の活動を察してたあたりは、まだその境地に至ってないので憧れます!密かに芳江さんファンですよ~、私。

それとね~。イラストがイイです。連載時に有川さんが編集さんにお願いし、編集さんが特攻かまして、勝ち取った須藤真澄さんのイラスト。スンバラシイです。そのセンスたるや、もう笑いと涙なくしては語れない。もちろん有川さんの文章あってなんだけど、すごく生き生き描かれてて・・・素敵です。
一番ツボだったのは第3話の後の、ノリの「エレクトリカル・パレード発動1秒前」。確かにこれは危険なおっさんだ~!
あ、あとね~、著者紹介の有川さんのイラストが、第四話の後の早苗と同じ恰好してるのも、やるな須藤さん!て感じです。
いやいや、どのイラストも愛があって、ホントいいです!

あ~いかんな~、相変わらず有川作品になると、文章がどんどん長くなる(笑)。
でも主張したいことはまだ色々あるんだよぅ~!文章のテンポがいいとか、笑い満載なのに社会派とか!
でも水無月・Rが何かをグダグダ言うより、読んで頂いた方が、皆さんすっきりするはずです。
なので、毎度のことながら、大声でこれを主張して終わりにしようと思います。
「読んでください、『三匹のおっさん』!!」

(2009.04.13 読了)


三匹のおっさん
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:405p発行年月:2009年03月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ




"『三匹のおっさん』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント