『平台がおまちかね』/大崎梢 ◎

うきゃ~、恥ずかしい・・・ッ!
先日読んだ大崎梢さんの 『サイン会はいかが?』の時、本作『平台がおまちかね』〈成風堂シリーズ〉だと思い込んで、自分のブログはもちろん、よそ様でもそういう発言をしてました・・・(T_T)。
勘違いというか、思い込みってオソロシイ・・・。
「サイン会」の次は「平台」かぁ~、本屋さんだよねぇ♪とか思ってた自分を、穴掘って埋めたいです。
・・・どなたか良い埋め立て地をご存じありませんか(泣)。
いやホント、恥ずかしいよぅ~。「大崎さんだから書店シリーズ、平台だから本屋さん」と勝手に自己完結してた私、お先走りも甚だしいというヤツだ(-"-)。
本作は「成風堂書店シリーズ」ではなく、今度は出版社の営業青年・ひつじくんこと井辻智紀くんの物語ですよ。
井辻くん&大崎さん、ゴメンナサイ!

・・・さてと。よし、それではここからテンション変えていくぞ!
だって、すっごく面白かったんだもの。本好きにはたまらない、本にまつわる〈ほのぼの謎解き〉。
しかも、井辻くんが、いい味出してる(笑)。そう、私のだ~い好きなトホホの香り漂う好青年なんですよ、う~ふ~ふ~♪

中規模出版社・明林書房に入社して2年、一人で営業に回り始めて4カ月の井辻くん。ライバル出版社の営業さん達につつきまわされるいじられキャラですが、心の中では激しくツッコミを入れている・・・そう、心の中ではね(笑)。んもう、そういうところがトホホなのよ♪面と向かって抵抗できないところが、スンバラシく、トホホだ~(*^^)v。
ホント、トホホには愛があるわぁ~!

「平台がおまちかね」
自社の本を単独フェアしてくれる書店さんだが、訪ねて行ったら店長さんは不機嫌そう。何故?
「マドンナの憂鬱な朝」
各出版社営業たちのマドンナの書店員さんが、暗い顔。彼女の笑顔を取り戻そうと、「マドンナの笑顔を守る会」が奮闘。
「贈呈式で会いましょう」
新人作家さんが授賞式を目の前に失踪?器の小さい人の嫉妬って、いやらしい。
「絵本の神様」
地方書店は経営が厳しい。閉店してしまったその店の看板をめぐる謎。
「ときめきのポップスター」
正面平台占有権をかけ、各社が文庫のポップで売り上げを競うが、妙なイタズラが・・・。

「成風堂書店」のあの人も、アイデア提供者として名前があがってたりして、楽しい感じです。いいなぁ~、書店がらみのほのぼの事件って。
本屋さんのお仕事の一端は、それこそ「成風堂シリーズ」で垣間見ることが出来ましたが、今度は本を作っている出版社さんのお話。色々、なるほどなぁ~と思うことがたくさんありました。
編集のお仕事は、ときどき小説やその「あとがき」などで読んだこともあったんですが、出版社の営業さんて、どういう仕事かあまり考えたことなかったので、そういう意味でも純粋に面白かったです。

ひつじくんなんて呼ばれちゃう井辻くんもそうですが、各社の営業さん達のキャラが立ってるのが楽しい。書店員さんとのロマンスを夢見る真柴、マシュマロのようにふくよかな細川(太川?)、ギャングのボスのような顔立ちの岩淵、スキンヘッドの海坊主似の海道。書店員さんも、テンションの高い担当さん、笑顔の愛らしい女性担当さん、可愛らしいバイトさんや抜け目ないマネージャーさん、とりどりだし、出版社側も井辻くんの前担当者吉野、切れ者上司の秋沢さん、新人作家さんやその恩師など、個性的で魅力がある。
この人たちに共通するのは、本を愛する心・・・かな、カッコいい言い方をすると(笑)。
でも、本を大切に思って出版し、店頭で売る、そして読者が読む・・・その流れがきちんと伝わる、いい物語だったなぁと思います。

「絵本の神様」の地方書店の窮状、それにつながる物語は、切ないけれど温かい終わり方ですっごく良かったです。特色を持った書店って、最近少ないですもんねぇ。というか、小さい本屋さんはホントに大変だと思います。〈成風堂シリーズ〉を読んで、やっぱり本はネットじゃなくて本屋さんで買おう、って思っても、やっぱり品ぞろえのいい大きい本屋さんに行っちゃうんで・・・。近所の小さい本屋さんだと、欲しい本がすぐには手に入らないので、つい。
絵本にまつわる4匹の動物、そして5番目の動物を描いた絵本作家さん・・・。ユキムラ書店はなくなっても、きっと心は通じ合うと思います・・・。

井辻(ひつじ)くんも、シリーズ化しないかなぁ。
井辻くんの「編集になれない理由」が、「本に没頭してしまってあちこちに支障が出る」ということなんですが、それを活かした謎解きとか、ね。今回は、それをカミングアウトしてるだけだったもの。
それに、井辻くんがいつまでも真柴たちにいじられるだけのキャラじゃなくて、時にはガツンと行っちゃっても面白いし、逆に真柴の野望(書店員さんとロマンス)はどうなるんだとか、出版社ならではの一般読者には知られざる事件、とかも読みたいですし。

あ、そうそう「ときめきのポップスター」で「影平先生」の著作が出て来て、おお!って思いました。そしたら案の定、バイトさんのお友達が「成風堂」でバイトしてるって話になり・・・。うふふふ~、ですね。
是非、井辻くんには「成風堂」に営業で行って欲しいです。そして成風堂とコラボ(笑)してくれないかなぁ~とかね。
井辻くんは結構、謎解き能力高いですよね。華々しく大活躍、とかはないけど。地道に頑張ってる感じが、とっても好感度高いです。
これからも頑張ってほしいなぁ。大崎さん、よろしくお願いします!

(2010.04.14 読了)

平台がおまちかね
楽天ブックス
商品副データ創元クライム・クラブ大崎梢東京創元社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年0


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"『平台がおまちかね』/大崎梢 ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント