『県庁おもてなし課』/有川浩 ◎

きゃ~!きゃ~!きゃ~~~!!!
やっぱり、有川浩さんは素晴らしい!
全編に散りばめられる土佐弁が、水無月・Rの萌え魂を揺さぶるのですよ!
しかと受け止めました、『県庁おもてなし課』の心意気!
水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!有川浩さん。
待っていました、大好きな有川さんの、高知を舞台にした物語!すっごく、すっごく、嬉しいです。
そしてなんと、本作の印税はすべて、東北地方太平洋沖地震の被災地へ寄付になります。なかなかできることじゃないと思います。
その件に関する経緯は、有川さんご本人が、ブログにつづられています。引用OKとのことですので、よろしければ下記のURLからご覧ください。

有川日記 

さて、それでは『県庁おもてなし課』の感想をば・・・。まあ、水無月・Rの事なんで、今回も激しく萌え語りですけど(笑)。
真っ当な紹介をお望みの方は、よその素晴らしい読書ブログ様の方へ、よろしくお願いします。
水無月・Rの、萌え萌え無法地帯大暴走状態にお付き合い頂ける、心の広~いお方のみ、続きをどうぞ~

――― ぎゃっひ~~ん!!
「じれったい愛ですよッ!
なんなのこの萌え萌え度たっぷりの展開!
あうあう、と身悶えのあまりソファから転げ落ちました、私(←実話。ホントに)。
主人公・おもてなし課職員(一番若手)の掛水とおもてなし課アルバイトの多紀ちゃんの、焦れ焦れべた甘ラブロマな恋愛模様が、もう~たまりません。さすがです、有川節。ぶんぶん回っています。
出会いがベタでも、思いになかなか気付かないうえ、両思いを確認するまでも長いし、お互い思い合ってるのが分かってても「カッコよくなるまで待ってて」とか「まだ、彼女じゃないですから部屋は別で」とか・・・!!!!
おもてなし課の県庁体質を指摘し、そこをつついてきた作家・吉門とその義理妹(血の繋がりなし)・佐和の後悔たっぷりで遠回りしてる臆病な愛も、焦れ焦れしながら一生懸命応援してしまう(吉門が案外に可愛いし)。

このふた組の恋模様が、おもてなし課の挑戦と相まって、物語をすごく盛り上げていっている。
掛水と多紀ちゃんの馬路村「おやすみの挨拶」のシーンは、ホントきゃ~きゃ~身悶えしたッ!
ベタだ・・・・ベタだ・・・!王道だ!王道ってスンバラシイ!!
ラストシーンの電話も、ほんと・・・・ああああ!!!もう言葉が出ないですっ!!
掛水と多紀ちゃんが可愛すぎて、思い出すだけでぎゃあぎゃあ騒ぎたくなります。

・・・じれったい愛について、一晩中語りあかせる自信があります、私(笑)。
でもでも!でもですね!この作品のツボは、他にも色々あるんですよ!
民間感覚が欠如してたおもてなし課の「県庁ルール」脱却への意識改革の過程とか、20年前に「パンダ誘致論」を説いて回ったおかげで閑職に回された末に県庁をやめた清遠の、あくなき高知県観光振興への意欲とか、実際の高知の観光資源とその活用論の確かさ及び素晴らしさ、「ないないづくし」をキャッチコピーにしたセンスのよさ・・・。

そして何より、私の心を捕らえたのが、土佐弁でございますよ。
VIVA土佐弁!「○○ぜよ」だけが、土佐弁じゃないんだぜ!って言うか、あんまり若い人は「ぜよ」って言わないんですよぅ。
土佐弁の特徴は「~~が(←鼻濁音。柔らかく、軽く伸ばてし〈がぁ〉と発音する)」とか「~~しゆう」なんですよ。
全編土佐弁全開なんで、私は嬉しくて嬉しくてたまらなかった。あの土佐弁のリズムはホント、心地よいです。
慣れない人には、読みにくかったかもしれないんですが・・・。でも、いい物語なんで、頑張って読んで頂きたい!是非に!

とにかく登場人物たちが、すごく頑張っている。高知県の観光をプロデュースし、観光客の皆さんをおもてなししよう!という意欲が、どんどん高まっていくのがいい。
お役所にありがちな、他部署との連携困難・前例なき案への尻ごみ・民間への上から目線・対外より対内へのメンツ云々、彼らの前に立ちはだかる壁は強固だし、彼ら自身だってなかなか変われない。
だけど、真摯に自分たちの県を思って、日和らず仕事を全うしていく。裏技や搦め手使っても、正直でまっすぐで、情熱的。
南国土佐の魂ここにあり
・・・ホント、理性失ってるなぁ、私(笑)。

登場する女性二人も、ホントに〈はちきん〉で、嬉しくて嬉しくてたまらない。
〔恒例すぎてしつこい解説:「はちきん」とは、男勝りでサッパリとした気性の、芯がシッカリしている女性をさす、土佐弁です。有川さんの描くはちきん女性は、水無月・Rの目指すところであります。〕
多紀ちゃんと佐和さん、対照的なんだけど、芯の強さは二人とも並々ならぬものがあるんだもの。意地っ張りだったり、気が強くて攻撃的になったり、泣いてるところを見られたくなくて、すごく歯を食いしばってるところなんて、本当に〈はちきん〉だなぁ!って思います。
高知の女の人のよさは、気が強くてアクがあるけど、だけどすっごく可愛いところだと思いますね。

この作品読んで、やっぱりまた高知に行きたいなぁ・・・って気持ちになりました。学生時代、龍河洞とか旅行したことあるけど。日曜市はあのカオス感が面白かったし、パンダ誘致し損ねた(笑)お城の動物園も行った。
今度は馬路村に。「おもてなしマインド」溢れる、あの素敵な村。ゆず酒も飲んでみたいし、自転車であちこち回ってみたい。
「馬路村フォント」の馬路村デザインは、ポン酢しょうゆ「ゆずの村」でもおなじみの、アレですね。最近、普通にスーパーで置いてあるようになって、すごくうれしい、ホントに美味しいポン酢ですよ。アレが村のあちこちで私たちを歓迎してくれるんだったら、やっぱり行かねば・・・いつか行くぞ、絶対に!
きっと、私以外にも「高知行ってみたい」って思った読者はいると思う。ホント、実在のおもてなし課は有川さんに「観光大使」を依頼してよかったですよ。有川さんは、高知が大好きで、高知の為に自分が出来ることを全力でやった。高知新聞での連載(県民の購読率がものすごく高い地方紙なのですよ)、そして天下の角川から単行本出版。そして、被災地への印税寄付。

出版直前の、大災害。毎日飛び込んでくる、心痛むニュースの数々。
でも、被災地じゃない地域は、頑張って、経済と社会を回していこう。元気にエンターテイメントを楽しんで、停滞や沈滞ムードを吹き飛ばして、日本全体を復興させなくっちゃね。
そんな勇気が、ぐんぐんとわいてくる、いい作品でした。
一生懸命頑張ってる登場人物たちに、そして高知という土地の底力に、すっごく元気をもらいました!
すみません、書きたいことは、ホントにまだまだ山のようにあるんだけど、何だか文章の流れで、胸がいっぱいになっちゃいました。あはは。


・・・しっかし、どんだけ私、高知のこと好きなんだろうねぇ(笑)。
もう30年近く前、たった3年半住んでただけなんだけど。
でも、多分高知は私の中でどっしりと根を張って、私を作り上げる大きな要素になってるんだと思う。
それを気づかせてくれた、有川さんが大好きです。ホントに、ありがとうございます。
これからもずっと、私は高知が好きなんだろうなと思う。
あの土地は、まだまだいろんなものを秘めてる。それを上手くアピールして、もっともっと素敵な県になっていってほしい。
だから、頑張ってくださいね、実在「おもてなし課」の皆さん!

(2011.04.03 読了)

水無月・Rの『「県庁おもてなし課』関連記事


県庁おもてなし課
楽天ブックス
有川浩 角川書店 角川グル-プパブリッ発行年月:2011年03月 ページ数:461p サイズ:単行本


楽天市場 by 県庁おもてなし課 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





"『県庁おもてなし課』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント