『ずうのめ人形』/澤村伊智 ◎

2年半前、『ぼぎわんが、来る』で私を恐怖のどん底にたたき落としてくれた澤村伊智さん。
本作『ずうのめ人形』も、最初はグロくはあるものの普通のホラーに見えていたのが、途中からとんでもない展開に。
「ホラー読むなら、夏だよな」と思って意気揚々と図書館から借りて来たんですが、背筋凍りましたわ~。

オカルト雑誌編集部でバイトをしている青年・藤間は、原稿が間に合わなかったライターの様子を見に行かされ、そのライターの変死体を見付けてしまう。
後日、一緒に様子を見に行った岩間から現場から盗み出した原稿のコピーを渡され読んでしまい、その物語に出てくる〈ずうのめ人形〉に追われることになる。
死んでしまったライターの代役・野崎とその婚約者・比嘉真琴が編集部に来た時、岩間から「今、怪異に襲われている」と助けを呼ぶ電話が入るが、彼を救出することは出来ず…。

4日かけてだんだん近づいてくる、顔を赤い糸でぐるぐる巻きにされた日本人形。その起源を描いた作中作『ずうのめ人形の思い出』。その原稿を読んだ人は、ずうのめ人形が見えるようになる。

人形がだんだん近づいてくるのも怖いし、4日後の死にざまの無惨さはかなりグロテスク。
それが怖い・・・ところまでは、普通のホラーどまりだったのですが。
原稿の中に「比嘉美晴(真琴の姉で能力者)」が出てきた辺りから、作中作がリアルさを帯びてくる。しかも、作り話のはずの「ずうのめ人形」が呪いを発動するようになったことが明らかになる。

いやあ、怖かったです。
人形が怖いという単純なものから、「ずうのめ人形」の物語を読ませて呪いをひとに擦り付けようとする人間の醜さ、「ずうのめ人形」の原稿を書き上げた人間の記憶のすり替え、心の闇が呼び寄せる悪意の総体である化け物・・・。
単純なホラーからだんだん「人間が一番怖い」「心の隙間から忍び込み増幅し、更に独り歩きする悪意」という、コントロール不能な怖さがなんともゾワゾワ。
後半はもう一気に読んでしまって、最後の最後で藤間はこれからどうするのか、と心配になりましたね。

編集長・戸波により「ずうのめ人形」の執筆者は呪いの巻き添えを食って一緒に死亡。
タワーマンションの上層階でこれやったら、あかん・・・。
どういう処理になったんだろう・・・。噂は書かれてたけど、現実の落とし前が描かれてないことが、結構怖いんですが・・・。
そして、最後に「理穂(作者)が死んだからもう呪いは発動しない」といいつつ、何か行動しそうな藤間。
するのかもしれないし、しないのかもしれない。でも・・・これは試しちゃダメな奴~~!!
フィクションであることは分かっててもゾワゾワして、そのまま投げっぱなしで終わってしまったことがもう、ホントに不安で不安でなりません。

『ぼぎわんが、来る』でぼぎわんと関わって戦った野崎と真琴が、また本作でも怪異と関わり・・・てことは、これからも彼らは〈人の心の闇が引き寄せる怪異〉と巡り合い、攻防戦を繰り返していくことになるのかしら。
今回は、野崎の知識は割と地味にしか展開してないし、真琴が人形(悪意)を防ぐための戦いは押され気味だったのですが、真っ当な人間が捩くれ増幅した悪意と戦うのは困難を極める、ってことなんだと思います。
ああ、人間がいちばん、怖ろしい・・・。

(2019.07.29 読了)


"『ずうのめ人形』/澤村伊智 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント