『完全版 上杉鷹山』/童門冬二 〇

偉人伝ってなんだか小難しい感じがして、あまり読まないジャンルなんですが、この作品は読み易かった!
童門冬二さんの『完全版 上杉鷹山』
上杉鷹山による経済破綻した米沢藩の藩政改革を丁寧に描き、彼だけでなく彼と共に変革を行った近習たちの苦悩がつぶさに記され、それでいて堅苦しくないのが、とても良かったです。

本作は、1981年~82年の新聞連載小説である「小説 上杉鷹山」、1990年の評伝研究「上杉鷹山の経営学」、本作刊行時に追筆された「再考・上杉鷹山」の3部構成になっています。

「小説 上杉鷹山」
鷹山というのは後の号であって、改革当時は上杉治憲(はるのり)であり、小説では治憲の名で描かれて行きます。
若き養子藩主の改革に、大藩のプライドと凝り固まった価値観と自尊心で反抗する藩重役をはじめとする藩士たち。
読んでいると「なんなの、この見栄っ張りどもは」という怒りも覚えましたし、でも逆に「今まで通りでいたい気持ちも分からなくもない」という思いにもなりました。当時の常識は「民はゴマと同じで、絞れば絞れだけ取れる」であり、「士分を支えるためにそれ以下のものたちがいる」であり、治憲が言う「民を富ませてこそ、国が豊かになる、藩を富ませることが目的ではない」という発想が理解できない。
少しずつ、改革を浸透させる彼らの苦労を読んでいると、私までじれったくなってきてしまったのですが、たとえ進みが遅くても怒ったり強制したりしては意味がないのだ、と耐え偲ぶ治憲の誠実さや辛抱強さに、心を動かされました。
治憲の志の高さ、そして彼を取り巻く人々も同じく強く志をもって領民を富ませるために奔走する様子、現代日本もこうあったらいいのに・・・と思わずにはいられませんね。

「上杉鷹山の経営学」
小説を読み終えているので、同じようなことが書かれているといえばそうなんですが、それでも興味深かったですね。
小説ではあっさりと描かれた、先代(養父・重定)の実子治広への代替わり後のゴタゴタなども分かり、米沢藩の紆余曲折もきちんと理解できました。
常に領民を思い、藩や藩士のために領民があるのではなく、藩・藩主・藩政は領民たちのための「機関」であるとした治憲の治世は、当時としてどころか、現代においてもなかなかない誠実さだと思いました。

「再考・上杉鷹山」
作者・童門さんが「小説・上杉鷹山」を書くきっかけになった、内村鑑三著『代表的日本人』から、モチーフである「美しい日本人の心」というテーマを得た話から始まり、鷹山の人間愛を考察する文章。
鷹山(治憲)という傑出した人物が改革を断行したのではなく、誠実さと謙虚さと寛恕の心をもってひたむきに領民と共に在ろうとした、ひとりの「にんげん」がいたのだ、という事実に心打たれました。

600ページにも及ぶ超大作で、しかも物語だけではなく評伝などにも多くのページを割いていましたが、歴史に詳しくない私でもしっかりと読むことが出来ました。

(20202.04.01 読了)

"『完全版 上杉鷹山』/童門冬二 〇" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント